たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2019年01月10日

ルノータクシー初乗り60円

皆様こんにちは。あっという間のお正月でした。

今、話題の人「カルロスゴーン氏」はフランスの国策会社のようなルノーの最高責任者です。
そこでふと私の高校生の時(昭和33年ころ)を思い出したので皆さまにお伝えいたしましょう。
高校時代の部活は自動車部で部の所有していた車は1934制のダットサンロードスターという、とても古い車で練習していたのです。(下の写真参照)ですので車に関しては様々な関心をもっていたのです。
当時、私の家は池袋にありまして駅西口のタクシー乗り場で初めて見たのが小さなルノーというタクシーで初乗りが60円でした。フランス製のタクシールノーを初めて見てとても驚きでした。値段の安さと外車というのがとても新鮮にみえたのです。そのころ中型タクシー初乗りは80円でした。


ルノーは小型で3人乗りで今の軽自動車より少し小さかったような気がいたします。料金がやすかったので人気があったのを覚えています。
そのころの日本の乗用車の製造技術は第二次世界大戦のため先進国に比べ立ち遅れていました。そこでルノー生産技術を日野自動車が提携し製造を行っていたのです。

このルノーは性能がよくて小さなエンジンながら最高速度100㎞もでたのです。
さだかではありませんがこのスピードの出るルノーが「神風タクシー」だと云われたようです。

そして今、ルノーが日産自動車の43%の株式を持っています。大株主です。
このようにルノーと日本は遠い過去にこのような関係があったのです。

そこでフランスが「カルロスゴーン氏」問題でなんらかの反撃が出なければいいがとも思っています。



yotsuba部活で使用していた「ダットサンロードスター」
よく見ますとバンパーの中央に穴がありますね、ここえクランクを入れて回すとエンジンがかかるのです。





参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!



☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります



  • Posted by takachan  at 09:37Comments(2)

    2019年01月04日

    感動ありがとう!箱根駅伝

    あけましておめでとうございます!!
    私の家の正月は妻と箱根駅伝を見るのが恒例になっています。
    それは若い大学生が精一杯、力の限り力走する姿に感動いたします。
    各区間で追いつ抜かれながら走る走行に魅力も感じるのです。
    今回もいろんなハプニングや驚きもありました。ある選手はスタート直後に転んで足を痛め足を引きずりながらも21キロ先の中継点まで完走したのに涙が浮かびました。そしてまた、ある中継点では次を走る選手がスタンバイしていなくて走ってきた選手がタスキを渡す選手の姿がなく慌てた場面もありました。




    驚きの選手もおりました。「山登りの神様」と呼ばれる選手は、あの勾配のキツイ箱根の山で7人抜きの快挙を成し遂げ、まさに神様のような選手です。
    この「山登りの神様」は毎年どこかの大学にいて見ている人を驚かせてくれます。
    そして逆転優勝した東海大の監督さんは選手たちに
    「最後まで諦めずにチャレンジしていこう!」
    と伝えたといいます。
    いずれにいたしましても上位でゴールした選手も下位の選手も自分の持ってる力すべてを出し切っての駅伝でした。この一生懸命の姿が応援する人々や中継で見ている多くの人たちに感動を与えていると思います。

    そして駅伝選手は卒業して社会に出たら、キットこの「一生懸命」さで社会に貢献することでしょう。

    また私はこの若い選手のみなさんから素晴らしいパワーを頂き、中断していた散歩を始めました。

    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!



    ☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります





      


  • Posted by takachan  at 08:48Comments(2)