たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2018年12月06日

五日市線シカが、ぶつかり乗客が死骸手伝う

五日市線シカが、ぶつかり乗客が死骸手伝う
10月のことでした。五日市線の武蔵五日市―武蔵増戸の間で電車とシカがぶつかり死骸撤去作業に乗客五人が手伝いしました。
この線はとてもローカル色が強いので乗客の人たちは素朴で、車掌から云われきっと積極的に手伝ったのでしょう。
ここまで書きますと、一見美談に思いますが思わぬ危険があったそうです。



撤去作業には乗務員からゴム製の作業用手袋を渡されて作業をしていましたが、その後のJRの調べでパンダグラフを下ろさないまま線路上で作業をしていたのです。車両下にはさまざまな機械類がありましたが絶縁処置がされていて感電の恐れはなかったといってます。
このような場合は乗務員が輸送司令員に連絡して指示をあおぐと思うのですが、どうしたのでしょう。一般的にはJRの社員などが現場に来て処理をするのではと考えますが・・・。

そして、この事故で電車は一時間半も停車して乗客の中にはトイレに行きたくなった方もいたとおもいますが、どうしたのでしょうね。
線路の側は畑や林などがありますが男性の場合は乗務員室のドァーから降りててきとうな場所で用をたせますが、女性の方はそうもいきませんね。
一方、環境省によりますと野生動物の死骸撤去の際は長そでや長ズボン、ゴム手袋の着用が必要といっています。それは動物の血液にふれたり、体表にいるマダニに刺されたりして、ウイルス性の疾病に可能性があるそうです。





五日市線は熊川駅を過ぎ多摩川を渡りますと、風景が一変しのどかな場面になります。夏にはとうもろこし畑が広がったり・・。

私の孫は、この五日市線を利用して通学していて、この話をしましたら笑って聞いていました。


※中学3年生の方・高校受験頑張って下さい。合格を祈ってます。




参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!



☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります





  


  • Posted by takachan  at 14:47Comments(4)

    2018年12月01日

    駆け落ちしてもいいじゃない

    皆さまこんにちは。今年の冬は暖冬のようでたすかります。
    今回恋愛がテーマです。私の経験を交えてのお話です。
    今、私の青春時代を振り返って適齢期の男女が交際して好きになったら結婚するのは自然の成り行きと思います。

    私の次女は「出来ちゃった婚」で娘は彼を我が家に連れて来て紹介しました。話を聞きながら

    「娘が選んだ男性だからいいんじゃない」

    と云ったのです。そして結婚し孫が生まれたのです。そして月日が流れこの孫も成長し高校二年になりました。しかし、その間に離婚もあり今では母子家庭です。でも娘も孫も経済的には苦しくても(元夫からの養育費と娘のパート収入)日々充実した毎日を送っています。
    特に孫の印象では経済的理由で都立高校しか受験できません。その時には、もし受験に失敗したらと心配していましたが孫は頑張って都立高校に入学し今では部活の部長をつとめ弓道初段で後輩などの面倒をみて部をまとめています。 
    そして部活の費用はバイトですべて賄っている母親おもいの一面もあります。



    さて、ここで昨日、皇室の宮家の会見で結婚問題がマスコミで報道されました。
    そして父親の殿下のお気持ちがとてもよくわかりました。皇室という私たちとは違った特別な環境の中、内親王様のことをとても心配していらっしゃるお心です。

    恐れ多いことですが、それは若い時、妻に心底ほれて略奪的恋愛の末、結婚したからです。今は亡き妻の父母にはとても心配をかけたことです。

    恋愛は理屈では解決できません。

    皇室の内親王様の、これからのお幸せを心から祈るば゛かりでございます。



    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!



    ☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります





      


  • Posted by takachan  at 17:25Comments(2)

    2018年11月24日

    私のカルロスゴーン氏への直訴

    皆様こんにちは。秋も深まって紅葉が美しい季節ですね。
    さて、今回は話題の人、「カルロスゴーン氏」がテーマです。

    かって私の家の近くに日産村山工場がありました。ここでは日産の主力車種のスカイライン、グロリア、セドリックなどを約2800名の従業員が従事していました。
    私のガソリンスタンド経営時代、この工場内にあった社員寮には約200名ほどの人が居住していて、私のスタンドでは「日産特価」と名を打って日産社員の多くの方が給油にきていたのです。
    しかし日産がご存知のように経営不振に陥りゴーン氏が社長に就任し5工場の閉鎖売却を決めたのです。その一つが村山工場でした。2004年に完全閉鎖し約2800名の従業員の内、選考を得て1800名が他工場へ移り、残った人は労働争議を起こしました。

    この跡地に出来たのがイオンモールや武蔵村山病院や眞如苑の用地になりました。


    そして月日が流れ私は旅回りのため大き目のワゴン車を知人の中古店で探してもらい一年落ちの「日産キャラバンロング」走行7500キロのものを購入いたしました。この車はジーゼルで力もあり、車内も広く商売道具もらくらく積め、運転もしやすく気に入って地方を走っていたのですが・・・・。

    ここからが悲劇の始まりでした。購入後三か月ごろのことでした。秋田県内を走行中エアコンが効かなくなり東京に戻った時「東京日産立川店」に修理に行きました。やがて修理が出来たと電話があり
    「エアコンガスが漏れていたので補充しました。これで大丈夫です」
    安心して車を持ち帰ったのです。
    しかし2~3日すると又エアコンが効かなくなり再度日産に持っていったのです。そこで今度は
    「徹底的に調べて直してください」
    と強調してお願いしたのです。
    何日か後、工場から連絡があり
    「今度は完璧に点検修理をしました。コンデンサー(熱交換装置)を交換、リキッドタンク交換そしてエアコンガスの注入で完璧です」
    修理費用は約10万円弱でした。

    今度こそ安心して次のクルーに出発しました。しかし山形県内で再びエアコン不調。日産に怒りと不信感を込めて山形から「東京日産立川」の工場長へ
    「直したばかりのエアコンがまた不調です。山形まで修理に来てください」
    すると工場長は
    「山形までは無理です」
    そこで、今度帰京したら再度工場にいれます。これで三度目の修理です。

    あまりの治らないことに不満を持ち「日産自動車本社のお客様相談室」に今までの経緯を手紙で送りました。
    帰京後、工場に電話を入れ工場長自らの修理を指名したのです。
    さすがに気が引けたのか私の自宅までキャラバンを取りにきたのです。
    二日後、
    「サーモスタットが故障の原因でした。取り換えました。再度エアコンガスを入れ今度こそ完璧です。修理代はサービスして3万円でけっこうです」

    そして「お客様相談室」からの返信は弊社(日産)の製品は耐久性に優れ、このような故障は余り発生していませんとのこと。
    これに対し私の日産の工場での作業内容には大きな不満が渦巻いていました。
    十万円以上の修理費と何度も整備工場に行ったこと、さらにはお客様相談室の現場の調査なしでの返答には誠意もなく弁解ばかりで逆に怒りを覚え、ついに最高責任者への報告との思いからカルロスゴーン氏へ書簡を送ったのです。


    それから数日しお客様相談室の担当が変わり新任の担当から返答がきたのです。それは次のような内容でした。
    「弊社社長宛にお手紙を頂き秘書より弊社社長の意向を記した書類が回付され、東京日産立川店の修理の度重なる不手際のお詫びとお客様相談室前担当者の不適切な返答とで二重のことのお詫びが書かれていました。そのお詫びとして、この度の修理代金全額を返却させて頂きます。」



    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!



    ☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります




      


  • Posted by takachan  at 10:07Comments(2)