たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2015年03月06日

七十歳死亡法案可決

七十歳死亡法案可決


今回はチョッと趣きを変えて強烈なタイトルをテーマにしました。
ある日の新聞を読んでいたら「七十歳死亡法案可決」の文字が目に入りドキッとしました。
これは幻冬舎文庫が出版したものでフェクションとわかり安心したのです。
それにしても凄いタイトルの本だと思い購入して読んだのです。

七十歳死亡法案可決


筋書きは次のようなものです。
2020年、高齢者が国民の3割を超え、社会保障費は過去最高を更新。
1000兆円を越す国の借金、破綻寸前の日本政府は「七十歳死亡法」を与党だけで強行採決する。
この法案は七十歳になった老人を国家が安楽死によって生命を絶つというものです。
しかし国家に1000万円を納入しますとこの法から逃れることが出来るのです。
結局、貧乏老人は社会保障費がかかるので処分するものです。
私もその一人です。

今の社会のさまざまな問題点を随所に入れた社会派のホームドラマの
ような感じがしストーリーの深さも同時に思えたのです。
 物語は宝田家を中心にさまざまな悩みを抱えた人たちが登場します。
ひきこもりの長男、格差社会の底辺の友人、ブラック企業で
過酷労働に耐える若者、就活しても職が見つからない人、
そして老人介護ホームでの生々しい実態などなど・・・

            coution
              
 物語はここから始まります。
2年後に施行を控え、宝田東洋子(55)は「やっと自由になれる」と喜び感じながらも、
自らの人生の残り時間に焦燥感を隠せないでいた。
わがまま放題の義母(84)の介護に追われた十五年間、懸命に家族に尽くしてきた。
なのに妻任せの能天気な夫(58)、働かない引きこもりの息子(29)、実家に寄りつかない娘(31)は、みな勝手ばかり。

「家族なんてろくなもんじゃない」

東洋子の心に黒いさざ波が立ち始めて……。

誰より分かって欲しい家族なのに、
どうしてこの痛みを分かってくれないんだろう。
そんな悩みの中、夫が会社を退職し退職金で三ヶ月もの海外旅行に
出る。そして彼女は決断した。家を出て自活して行きよう!
はたしてその結果は・・・・。

七十歳死亡法案可決











幻冬舎文庫 600円




☆参加しています
立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ




  • Posted by takachan  at 10:33 │Comments(4)

    この記事へのコメント
    koyuriさん、面白い本です。
    新聞広告は読売、朝日、産経にはタイトルが反社会的とのことで
    断られたそうです。
    Posted by takachantakachan at 2015年03月07日 09:05
    はじめましてジェットセットさん。
    私も強烈なタイトルにひかれ購入いたしました。
    一つの考え方としてこういう方法もあるのかなぁーと思いましたが
    財政再建のためとはいえ人の命と引き換えとはどうでしょうか。
    Posted by takachantakachan at 2015年03月07日 09:02
    是非とも、読んでみたい一冊です。
    Posted by koyuri at 2015年03月06日 23:25
    すごいタイトルの本ですが
    笑って見過ごすには
    切実なところがありますね。
    今回も面白い投稿をありがとう
    ございました。
    Posted by ジェットセット ジェットセット at 2015年03月06日 16:12
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    七十歳死亡法案可決
      コメント(4)