たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2008年08月03日

ナンバー1の裏技

 私たち東京ローカルのタクシーの場合は都内とは違いまして「流し営業」はありません。基本的には会社が定めたJRや私鉄の駅、大きな病院のタクシー乗り場、営業所、そして住宅街の待機場所など数カ所です。
ほとんどの運転手は自分の主な待機場所を決めているのです。その理由は他の持ち場を侵さないといった暗黙の配慮からなのです。
 しかし稼ぎ頭の手取り40万円以上を得るためには、そんなことはいっていられません。ナンバー1の裏技
彼は時間帯によって、どんどん場所を移動して行きます。まことに効率よく動きます。しかし、これはルール違反ではないのです。そして乗務時間も26時間ほどやるのです。最近では勤務時間は監督官庁が目を光らせていますが背に腹は変えられません。収入を得るにはそんな事を気にしていたら出来ません。
 でも彼が各待機場所に来ますと持ち場の運転手はあまりいい顔をいたしません。なかには、口の悪い人は
   「彼は節操のない奴だ」
などの陰口も囁かれてまいります。職場の良い人間関係をとるか、それとも40万円をとるか、それはその人の考え方なのですが・・・。



  • Posted by takachan  at 14:33 │Comments(6)

    この記事へのコメント
    koyuriさん、ほんとに暑いです。
    長野の夏はいかがでしょうか。

    私はビタミン剤を飲んで頑張っています。

    お金は多いにこしたことはありませんが仲間のことも考えるのも必要かと思うのです。
    何事も腹八分がよろしいようで。
    Posted by takachan at 2008年08月04日 10:37
    そうなんです black cabさん。

    一番大事なことは利用者のニーズなのです。
    長年、タクシーをやってますとこの事を忘れがちになります。
    皆がこのような気持ちになったならタクシーの社会的評価も上がると思います。
    暑さが続きますのでお体を気おつけてお仕事なさって下さい。
    Posted by takachan at 2008年08月04日 10:33
    こんにちは、 めたぼんさん。

    プロの道は厳しい。
    おっしゃる通りなのですが、これに人間関係が絡んでまいります。
    いろいろ難しいですよね。なんの仕事でも。
    Posted by takachan at 2008年08月04日 10:28
    そして、自分の健康を守るのか、それとも太く短く生きるのかという選択にもなりますね。

    どうしても40万円必要なら仕方ナイですが、無理すると必ずそのツケが回って来ますからね。
    Posted by seitaikoyuriseitaikoyuri at 2008年08月03日 22:35
    よくわかります。我々も関西の郊外で仕事をしているので、状況は似ていると思います。
    私はそのような「暗黙のルール」を破ることはありませんが、実際は職場の人間関係よりも、利用者のニーズのあるところに我々は臨機応変に動くべきだと思っています。
    現場にいたらこういうきれい事は中々通じませんけどね。
    Posted by black cab at 2008年08月03日 21:05
    プロの道は何でもいろんなものがありますね。 私のように駆け引きもなく、ただひたすら数字を書いているのとは違うみたいですね。
    やはり、プロになれなかった悲哀を感じることもあります。
    Posted by めたぼん at 2008年08月03日 16:55
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    ナンバー1の裏技
      コメント(6)