たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2018年05月22日

昭和の異色政治家・ハマコー元議員の秘話


浜田幸一氏(愛称ハマコー)の略歴から話をすすめてまいります。氏は昭和3年、千葉県の内房にある青掘という半農半漁の小さな町で生まれました。父の実家は大地主でしたが父の道楽でつぶれて子供のころは母親が野菜や鰹を売って歩く行商、新聞配達、アサリ堀りとで四人の子供を育てあげた苦労人でした。

浜田氏も学校に通うころ家計を助けるため新聞配達などをやりました。
やがて敗戦後は近くの木更津市にアメリカの進駐軍がきて婦女子などに暴行事件が起きたとき彼は消防団に入りグループをつくり木更津市に乗り込み事件が起きると自転車のチェーンを振り回し米兵を追っ払うなどの武勇伝がありました。そのようなことをしているうちに地元の人から正義感のある人と信頼されるようになり、やがて県会議員へと進んでいき、それを足場にのちに衆議員選挙に当選し国会議員として活躍するようになったのです。浜田氏は思想的には極右思想の持主で気性の激しい性格からいろいろなことが起きたのです。そのいくつかをご紹介いたします。当時社会党の女性問題を抱えた議員が与党を追及すると

「この強姦野郎、自分のスキャンダルを棚にあげてよく質問できるな」
また、与党ながらある大臣に

「大臣、あなたの愛人問題がもちあがっていますが二人もいるとは問題です」
すると大臣は

「浜田君、よく調べてから質問しなさい。愛人は2人でなく3人で、それぞれの女性を心から愛情をもってやってます」

今の時代なら大変な問題ですが当時の政治家は腹のすわった人が多かったようです。
ハマコーさんは私にとっても懐かしい人です。


次はハマコーさんのユニークな選挙運動です。
かって中選挙区時代のときには千葉4区(かっては金権選挙区などと云われことも)で妻の実家がそうでした。
妻からハマコーさんのさまざまなエピソードを聞いてました。
良くも悪しきも個性的な人で選挙区には人気があったようです。ハマコーさんの地区責任者が夜中にソオッと来て

「お宅は何人」
そしてあるものを渡していったようです。つまり実家も金権だったのかも・・・?
ハマコーさんの名刺はお札の大きさです。どうしてかといいますと裏に万札が貼ってあるのです。

選挙区を遊説していた時、田んぼで作業している女性をみつけると革靴を履いたまま田んぼに入り
「やぁーお母さん元気で精がでるねぇー、ハマコーよろしく!」
そして例の大きな名刺を渡します。このお母さん、水の溜まった田んぼに靴も脱がず、ズボンのすそも水につかり、づかづかと入ってきたハマコーさんに感動して、はい一票。
選挙カーの中には、農村地帯を回るときの為に革靴やズボンの替えを数個用意していたそうです。すごいパフォーマンスですね。
最後に最高のエピソードを

ある農村の部落に未亡人になった女性の情報を地区責任者から入りました。
彼はその未亡人宅に入って仏壇に線香をたて拝み女性に
「お母さん、ダンナなくして気の毒だねぇー。寂しいけどしっかりと生きていくんだよ。このハマコー親身になってなんでもやるから・・・」
この言葉に感動した未亡人、ハマコーさんに甘えるように寄り添ってきたのです。その先はご想像におまかせいたします。





参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります





  


  • Posted by takachan  at 09:31Comments(2)

    2018年05月18日

    冷たい給食弁当・心のこもった中学校給食を

    皆様こんにちは、ここ二、三日暑い日でクーラーを使いました。

    先日、立川市議会のネット中継を見ていました。

    上條彰一議員の質問でした。そのテーマは一日も早い中学校給食で上條議員は

    「中学生は体が大きく成長する時期だから、それに合った栄養バランスと温かくおいしい給食を提供するように」

    と市長に求めました。市の計画では市内の9校の中学校と小学校8校分の8500食をつくる大きな給食センターを考えているようです。
    そのため生徒へのアンケート調査で生徒から、さめた弁当ではなく温かいものを、そしてもっとおいしい給食をとの意見です。
    現在の中学校の給食はでは家でつくった弁当と予約して希望者のみが業者弁当を食べる併用外注方式の給食です。



    この話で2年前の孫の中学時代の給食を思い出しました。孫は給食弁当がおいしくないので、母親に弁当を作ってもらい持っていってました。
    母親は朝早く起きて息子の弁当を作るのに、いろいろ苦労していたのを思い出だしました。
    今の時代、主婦であってもパートやアルバイトに出ている家庭も多いと思います。給食がおいしくなれば弁当作りも解消します。
    話がそれましたが一箇所の大きな給食センターの場合、遠い中学への配達でさめてしまった給食になるので、上條議員は市内三ヵ所の給食センターで作れば給食が、さめる問題が解決できるとの提案を市長にしました。






    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

    ☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります



      


  • Posted by takachan  at 09:03Comments(2)

    2018年05月12日

    極悪非道・絶対許せない!

    連日マスコミ報道されている、とっても悲しく切ない新潟県の小学生殺害事件。
    こう書いているだけで被害者のご家族、親族の言葉は言い表せない無念の気持ちをかんがえますと余りにも悲惨で悲しく書くことが先に進みません。

    世の中にこんな人間がいることが、とても恐ろしいことです。
    事件の詳細はとてもつらく、ここに書くことはできません。この事件で周囲に与えた影響はとてつもなく大きいと思っています。
    この小学校に在校している児童の皆さんやそのご家族の皆さんです。事件発生以来、児童の小さな胸に突き刺さった恐怖と不安を持ちながら通学している現実。

    私はあまりにも悲しくて、もうこれ以上は書くことはできません。

    今、私に出来るのは被害者の大桃珠生さん(小2)にたいする、この世からのメッセージです。

    「珠生さん、怖かったでしょう、苦しかったでしょう、痛かったでしょう、でも  珠生さん、貴女は浄土の世に移り、貴女の大好きだったお花畑の中にいるとおもいます。このお花畑でゆっくりと過ごしてください。そこからはきっとお母さんやお父さん、そしてお友達とお話できるとおもいます。」

    そして私は遠いところに住んでいますので珠生さんの大好きだった綺麗なお花をささげます。ネットからでもきっと届くことを信じて。
    最後に貴女を殺めた犯人は警察が必ず見つけます。                           
                         合掌


      ☆お知らせ
    5月14日新潟県警によって容疑者が逮捕されました。でも失われた珠生さんの命は戻りません。ほんとうに無念であり残念です。 心から珠生さんのご冥福をお祈りいたします。                               


      


  • Posted by takachan  at 09:32Comments(2)