たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2009年03月01日

おくりびと

誰にでも訪れる死。
年を重ねるにつれ考える死。今日までの人生で祖父母、両親、そして少年時代は
複雑な家庭の中での義姉の自殺死などの別れは今でも鮮明な記憶として脳裏の
奥に残っています。
 どうも私は死をこれまで辛くそして、とっても悲しいことは事実にのですが、暗い
イメージとしてとらえてまいりました。

 四日前、妻と立川のシネマシティーに話題の「おくりびと」を見にいったのですが
満員でダメでした。昨日は予約をして見てきたのです。券売り場には長蛇の列なのです。そしてその大半の人々は、やがて「おくられびと」になるような年代の人だったのです。(私も含めて)

おくりびと

この映画では、さまざまな死のシーンを映しだし、納棺師役の山崎 努さんと本木雅弘さんが本職のような華麗な演技には圧倒されました。
本来ならば死と云う厳粛なものを明るく、そしてコミカルに描いた演出によって私 たちに死に対する考え方を変えさせてくれたような気持ちになりました。
あまり考えたくない死というテーマを、この映画は涙の中にも笑いを誘わさせるの
でした。

おくりびと


 




 








 ラスト近くの火葬場のシーンでは火夫が庄内弁で

   「俺はのー、この門(火葬場)から新たな旅立ちの手伝いをしてるだけじゃのー、
               
                                  じゃー、またのー」


++++++++++++++++++++++++++++++++

 ☆このたび、タクシーサイト社から
              ペンネーム: 青岩  隆

   「タクシーストリート」


   http://www.taxisite.com/clm/column/206.aspx
     

を月一話、全三話で発行させていただいております。
              皆様のお越しを心からお待ちいたしております。

   第一話  タクシー運転手の過去と生き様  http://www.taxisite.com/clm/column/206.aspx

   第二話  ちょつと気になるお客さま    http://www.taxisite.com/clm/column/207.aspx

   第三話  タクシー業界と行政       http://www.taxisite.com/clm/column/209.aspx



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

タクシー乗務員の正義の味方〃
          白熊大五郎さんがズバリ斬る〃


      タクシー噂の情報〃2009

                  http://geocities.yahoo.co.jp/gl/takachan1940/view/20090301


参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ






  • Posted by takachan  at 05:31 │Comments(10)

    この記事へのコメント
    8割が作り事!
    腐乱遺体を現場から引き取る?ありえません!
    棺  左から¥5万¥10万¥20万?ボッタクリ!
    ¥5万の棺!我が社では¥10万でんな~!!
    でも会員コースで¥0!てな感じ!
    10分で組み立て完了!¥980のカラーボックス以下の物!
    「おのれは作り過ぎや」 サボりタイム終わりやってなもん!
    感動は生き別れた父を送れたことやろな?
    本間は最後の葬儀屋!
    でもあれは絶対出さん!
    人前では特に!誰か解らんから!
    それが葬儀屋や!
    詳しくは、自分とこ書くは!!
    Posted by 七誌 at 2009年03月07日 05:11
    ぜひ、ご感想をお聞かせください。
    Posted by takachantakachan at 2009年03月06日 05:21
    明日?今日!観てきます!
    仕事中に!!
    Posted by 七誌 at 2009年03月06日 03:08
    いずれ私たちは、おくりびと、おくられびとになります。

    死はとっても厳粛なものですが日常的には余り意識したくないのも又、事実でしょうる。
    Posted by takachan at 2009年03月05日 10:36
    ワイも見たいんやけど!
    DVDになるよって言ってますが(^-^;
    そして言いたい感想を!
    「元、おくりびと」として!
    Posted by 七誌 at 2009年03月03日 23:46
    koyuriさんもご覧になったのですね。

    死というものをこのような形で表現したことに感動いたしました。
    さすがはアカデミー賞をとっただけの価値がありますよね。
    Posted by takachan at 2009年03月02日 17:09
    おくりびとまだ見てないです。
    Posted by きいろ at 2009年03月02日 10:47
    本当に素晴らしい映画でしたね。

    昨年見たので、ゆったりと見れました。個性的な役者さんが多くて、哀しさと楽しさの入り混じった愉快な映画になってましたね。

    今年も、コレを上回る様な映画に巡り合いたいです。
    Posted by koyuri at 2009年03月01日 18:50
    kantiさん、とっても良い映画でした。
    アカデミー賞受賞の価値ありと思いました。たしかDVDも出ていると思います。
    Posted by takachan at 2009年03月01日 12:09
    今日は一日ということで映画の日ですね。

    1000円で映画が見られるのはありがたいですね。(^-^)

    「おくりびと」は見たいのですが熱海近辺では上映がないんです・・・

    嫁さんはすぐにDVDになるよって言ってますが(^-^;

    これから近場の映画館に出かけるつもりです。
    Posted by kanti at 2009年03月01日 08:24
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    おくりびと
      コメント(10)