たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2011年08月21日

華の女子大生との思い出

 四月は年度替りなのでしょうか街にはフレッシュマンの姿が見うけられます。
そんな中で、先日はこんな事があったのです。
立川駅の乗り場に大きな荷物を両手に持った「ウイウイしい」お嬢さんが乗りました。
行き先は隣接する国立市です。
この日は近くの昭和記念公園の桜が満開で駅前がかなり混雑しておりました。  

「駅前抜けるのに少し時間がかかりますので」

    「東京は人も車も多いんですね」

その後の会話から彼女は地方から上京して国立市の著名な大学に入学したそうです。そんな話しをしていますと
     
「運転手さん、いま料金幾らぐらいですか」

この言葉で彼女は手持ちのお金の心配だなぁーと察したので
   
「クレジットカードでもいいんですよ」
      
「いえ、持ってません」

とても心配そうな返答でした。きっと始めての地で距離感が分からなかったのでしょう。
そこで色々考えてみたのです。もし不足が出た場合サービスするのは簡単です。
でも、それがはたして若い彼女に本当の親切はなんだろうか・・・。そこで
   
「不足のお金が出ましたら都合がついた時でいいですよ」

結局、到着時に千円ほど足りなかったのです。そこで私の預金通帳の番号を教えたのです。

次の明け番の日に郵便局にいったのです。
通帳にはちゃんと入金になっていたのでした。

                             華の女子大生との思い出 

              

         

参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ




  • Posted by takachan  at 10:05 │Comments(4)

    この記事へのコメント
    若い人って無限の可能性をもっていると思います。

    それだけに対応は気を使わなくちゃと考えたのです。
    預金通帳を見たときはなぜかジィーンと胸が熱くなったのを覚えています。
    Posted by takachan at 2011年08月23日 06:31
    世の中まだまだ捨てたものではないですね。

    うちにも女子大に通う娘がいますが
    そんなときはどうするのかな〜って思いました(^ー^;
    Posted by kanti at 2011年08月23日 06:22
    私も心温まる思い出としてとても印象に残ってました。
    この女子大生は来年は卒業でしょうね。
    Posted by takachan at 2011年08月22日 07:28
    この話はとても心温まる話だったので、良く覚えてます。

    女子大生も素敵だし、takachanさんの対応も素敵だと思ったので。
    Posted by koyuri at 2011年08月21日 23:00
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    華の女子大生との思い出
      コメント(4)