たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2011年03月15日

言葉がありません

 このたびの東北関東大震災にはとても心を痛めております。
不幸にもお亡くなりになった方に心からご冥福をお祈り申し上げます。
そして被災され今も大変辛い状況にいらっしゃる方、どうぞ希望をすてないで
再起してください。必ず出来ます。

 被災した東北は私が旅回りの時、お世話になった地区が多くあり
テレビに映し出される町のあまりの変りように唖然としているところです。

 八戸、宮古、釜石、石巻、仙台、浪江などなどで商売をさせて
いただき各地の皆様にはとてもお世話になったのです。
それだけに今の私の気持ちは複雑で言葉がございません。

 今日は福島の原発事故の報道で原発から15キロほどの
浪江の「サンプラザ」が心配です。
どうか皆さん、ご無事を祈っています。

              言葉がありません


*******************
読者の皆さん!

東北関東大震災で、私たちに出来ることをご一緒に考えてみませんか






言葉がありません  https://canpan.info/open/news/0000006465/news_detail.html






  • Posted by takachan  at 13:32 │Comments(12)

    この記事へのコメント
    はじめまして大好物さん。
    浪江のサンプラザでは地元の皆様にお世話になりました。
    それだけに原発地区のことを心配しておりました。

    サンプラザが他地域とはいえ営業できたことにホッとしています。
    貴重な情報ありがとうございました。
    Posted by takachantakachan at 2014年04月24日 15:00
    こんにちは。

    浪江町で営業していたサンプラザは,現在中通りの田村市船引町のふねひきパーク2階で移転営業していますよ。
    Posted by 大好物 at 2014年04月23日 19:16
    今回の震災は天災と人災の両方が起きて被災された多くの人たちがとても辛い日々と思います。
    大変とは思いますが「希望」を捨てないで!
    そうもうしあ゛げたいのです。

    私たちが出来ることは物心両面のサポートと思います。
    東京でもいろいろな場所で義捐金活動が行われてます。

    そして、これからの課題は原発のあり方でしょうね。
    Posted by takachantakachan at 2011年04月08日 06:13
    takachanさん
    別の記事へのコメントに書きましたが、あちらの漁師さんがブログで詳しい状況を伝えてくれています。

    起きてしまった事を、誰も元には戻せませんが、僕たちにも出来る事はありますし、それは残された被災者の方々の手助けをする事と、同じ失敗をしない事だと思います。

    彼らが幸せで平穏に暮らせる事を、亡くなられた方々も望んでいた筈ですから。
    Posted by 田原とんび at 2011年04月01日 23:52
    kantiさん、熱海は被害はありませんでしたか。
    海の側だけに心配していました。

    私はブログに書きましたように旅回りの時に今回被害になった多くの地の皆様にお世話になりました。
    テレビを見るのが怖いです。

    被災された方々の再起を祈るだけです。
    Posted by takachan at 2011年03月18日 09:41
    田原さん、こんにちは。
    やっと気持ちが落ち着いてまいりました。
    東北地方は私の故郷でもあります。小学時代は仙台でしたし親類も多いので今も心配しています。
    地震、津波、原発と今まで体験したことのない恐怖です。

    被害にあわれた皆様の再起を祈っています。
    田原さんの温かいお心、とっても嬉しくおもいます。

    ありがとうございます。
    Posted by takachan at 2011年03月18日 09:34
    今回の大地震は凄まじかったですね。

    被害に遭われた方々には、ただただご冥福を祈るだけです。

    少しでも早く復興出来る日がくればいいと願っています。


    この地震で普通に日々を過ごせることがどんなに

    幸せなことに気づかされました。
    Posted by kanti at 2011年03月18日 06:26
    takachanさんの仰る様に、今回の震災の惨状に、言葉が見つかりませんね。

    阪神淡路大震災の時には、知人が何人か亡くなりましたが、その時に諸行無常の言葉を感じましたね(汗)

    被災者の方々には、心よりのお見舞いを申し上げます。

    そして、残された僕たちは、反省し、学び、より強くなる様努めたいと思いました。

    志半ばで、無念のままに急逝された方々に報いる為にも。
    Posted by 田原とんび at 2011年03月17日 17:36
    三陸は入り江が入込んで山が追い、僅かな平地に暮らす人々が犠牲になりました。
    明治時代、私の祖母の親戚が三陸大津波で流されたことを子どものころ聞きました。恐ろしいです。

    koyuriさんの募金箱お人柄を感じます。
    Posted by takachan at 2011年03月16日 06:33
    大変なことがおきましたね。
    あまりのショックでブログ更新する気がしませんでした。

    私の知人も八戸、女川や南三陸町に在住していますが・・・。
    電話も途絶え知ることさえ怖いです。

    東京は少々パニックになっています。スーパーやコンビニ、スタンドなどなど
    皆で冷静にと思いました。

    鳥山さん、愛する家族と一緒にこの難局を乗り越えましょうね。
    Posted by takachan at 2011年03月16日 06:27
    金崋山に御参りに行く時の、バス道路がメチャメチャになっているのをTVで見て、驚いてます。

    我が家も、募金箱を置き、皆さんの気持ちにプラスアルファして、善意を届けるつもりです。
    Posted by koyuri at 2011年03月15日 22:22
    恐ろしいことになりました。takachanさん、ご無事で良かったです(>_<)
    奥様も怪我などはないですか? 私も女川にお世話になった方がおります。高齢で80才を超えており、海が目の前です…絶望的です(:_;)
    Posted by 鳥山鳥子 at 2011年03月15日 19:15
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    言葉がありません
      コメント(12)