たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2018年11月02日

ある独身男性の嘆きとは・・・

みなさま、こんにちは。
ここのところ天気が安定していて秋らしい陽気になりましたね。
最近パソコンの調子が悪く、新しいものと交換することにしました。とはいっても中古品ですが・・。
近日中に届くので、このパソコンでの更新は今回までになります。数年間、故障もせず愛着も感じてます。

さて先ごろ、ある大手不動産会社「LP21」・がテーマです。社名はあえて略号にしました。
この会社に、最近とても重大な問題が発覚して、思い出したのがタクシー時代にお客様から聞いたある事実でした。
今回はその内容をご紹介いたします。そこにはチョツトHな話しも含みます。それは今後みなさまが、もしアパート、ハイツなどを借りる際の参考になることもあるかと思い発行いたしました。

それは、ある日、立川市の南地区の住宅街をタクシーで空車で走っていたときでした。無線配車が入り錦町の「LP21」へ指示されそこえ行きました。乗ってきたのは若い大学生らしき男性でした。

「運転手さん駅の近くの不動産会社までお願いします」

そこへ行く途中、若い男性が

「運転手さん、私まいっちゃつています。」

なんのことかと思い私は、
         「どうかされたんですか?」
「いゃー、このアパートの防音がまったくひどいんです。隣の部屋の音が、声が手にとるように聞こえるんです。どうも若い夫婦のようで夜な夜なですね夫婦の交わりの喘ぎ聞こえてたまりません。あのときの声って、とても気になりますよね。勉強も身がはいりませんので入居一ヶ月なんですけど引越そうと思って・・」
私はそれで不動産屋に行くことが分かりました。
さて、この若い男性の言った、防音問題が「LP21」の重大問題にのちに係わってくるのです。

そして何年かの歳月がながれこの度「LP21」社の開発、販売したアパートで防火不備や防音壁などの不備が建築基準法違反の疑いの物件が多数発覚して、大きな問題になっています。

その実態は隣部屋との仕切りに垂木に合板が両側に一枚づつ貼られているだけで本来は防火対策に不可欠な防火材や防音材は貼られてなかったのです。
また、天井部分も合板一枚の安易なもので、天井部分の隣部屋の仕切りも同様でなかには完全仕切りが法が求めているにも係わらず空間もあって、もし火災が起きた場合には防火材がなく、仕切り空間があり火災延焼の危険があることが調査で分かりました。




このことが発覚したのは「LP21」社に土地を賃貸している地主からでした。
同社は建築の際、自治体に設計確認申請書(設計図面)を提出し建築しますが
提出した設計図面から手を抜き違法建築を全国で約3万8千件が建築基準法違反の疑いがもたれています。

土地を提供した地主は
「一番大切にすべきは入居者への火災延焼防止で命と快適な部屋環境です。「LP21」社は利益追求ばかりで何を大事にすべきか分かっていない」
と同社の経営姿勢に怒りを感じています。そして施行した、すべての物件を建築基準法に適合するよう改善を求めています。



謝罪する経営者

☆参考までに「LP21」の評価
「周りの評判に屈せず「LP21」に住んでみた感想」
       https://findurbest.com/live-in-leopalace21


参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります


  


  • Posted by takachan  at 09:46Comments(2)