たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2017年10月25日

さっぱりわけが分からない最高裁裁判官・国民審査

みなさん、こんにちは。また急に寒くなった東京です。

私、気が早いので妻と一緒に12日、市役所の「期日前投票所」に行ってきました。
個人名投票、比例区投票を済ませ帰ろうとしましたら係りの人が

「最高裁裁判官・国民審査」をお願いします。」

そう云われ7人の名前が書かれた用紙を渡され何も記入しなければ信任、×を記入したら罷免との説明。
この7人の裁判官、名前も知らなければ、どのような事件の判決をしたのか、記載台の壁面に小さな資料がありましたがあまりに小さく判断も出来ません。
なにか形式的な審査に不満もありなにも書かずに投票箱に入れました。

帰り際、立会い人にこれは小さな資料しかなく判断もできませんよね。チョツトお役所的ですね。

数日後、自宅に選挙公報と一緒に裁判官の経歴などが書かれたものが届きました。
新聞に最高裁裁判官・国民審査のことが出ていました。
最高裁の裁判官は任命後最初の衆院選で審査を受け、その後10年を経た衆院選時に再審査を受けるそうです。
最高裁の裁判官は、大臣と同格で内閣(首相)の任命で、天皇が認証するそうです。




ちなみにこの審査は1949年の第一回からこれまで23回、延べ172人の最高裁裁判官が国民審査を受けましたが罷免された最高裁裁判官は0だったそうです。
これではなんのための審査なのでしょうね。税金と手間の無駄とも思いますが・・・・。
今回の最高裁裁判官・国民審査は罷免0でした。

 猫も一緒に考えてくれました。「無駄だニャーン」




☆好評だった「危ない関係」シリーズ総集編(下記のURLで何が飛び出すかお楽しみに)

http://tachikawa.tamaliver.jp/e175730.html
http://tachikawa.tamaliver.jp/e186594.html
http://tachikawa.tamaliver.jp/e193385.html
http://tachikawa.tamaliver.jp/e209645.html
http://tachikawa.tamaliver.jp/e313612.html





参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります

  


  • Posted by takachan  at 15:53Comments(2)