たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2016年05月04日

愛が壊れそう・・

皆様こんにちは。風薫る5月になりましたね。
先日から過去ログを整理していましたらタクシーにお乗りになったあるご夫婦のささやかな悩みに目がとまったのです。

と、申しますのも私どもは約50年も夫婦をやって今日まで至って
います。その間の人生はほんとに山あり谷ありでございました。
20代の後半にそれまで勤めていたデパートを退職し今でいうフランチャイズシステムのガソリンスタンド経営を始めました。
アメリカの巨大石油メジャーの傘下に入ったのです。
ここで経営の多くを学び成功へと導いていったのです。
二十数年の経営で多額の利益も蓄えそして他業種への起業をしたのですが・・・。
 その中でこの商売を倒産させた時のショックは今でも忘れることができません。
40代の時でした。絶好調から奈落の底に突き落とされ感覚でした。
当然、経済的にも大きな痛手でした。二人の娘が私立高校に通っていましたので何とかそれなりの収入を得なければなりません。
私たち夫婦の仲や子どもたちにも波風がたったのです。
それまでの人生の最大の危機でした。
冷え切っていく私たち・・・・・・。
私たちの心の灯火が消えかかったのでした。離婚も頭の中を
横切ったのです。



その時に二種免とってタクシー運転手になったのです。
お金のため、とにかく一生懸命やりました。朝は5時に家を出て三鷹のタクシー会社まで行き翌日は朝9時ごろまで27時間乗務をし、タクシーを終えたら体はフラフラ、顔は土色になってました。そのお陰で給料は当時で35万円ほと゛になり、また妻も園芸会社に勤め頑張ってくれたのです。
そうして何とか生活を維持することができたのです。


一生懸命に仕事をしていくうちに希望や意欲がわいてきたのです。人生、不思議なものでどこにご縁があるか分かりません。たまたまタクシーに乗ったお客様からの話でした。
このお客様との出会いが「旅回り」の仕事の原点に繋がったのでした。
そこで人の情けを知りました。

私たち夫婦の危機を救ったのは何だったのかを考えました。

それは互いを思いやる気持ちと支えあう心、そしてもう一つは「それ」です。
私の「それ」精神的な愛と体力的な愛だと今でも確信している
ところです。

※バックナンバーブログでは、あるご夫婦の微妙な悩みをテーマに

   「愛抱きしめて」http://tachikawa.tamaliver.jp/e181236.html

参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

☆いつもご協力ありがとうございます





  


  • Posted by takachan  at 11:08Comments(4)