たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2012年11月22日

就活 / 聞いてしまった企業の秘話と高度な接客術

 東京ローカルではタクシー会社に入社いたしますと旅客協会が開催いたします「新任教育」受講しませんと乗務できないのです。
私もこの教育で「タクシー運転手のあるべき姿」を学びました。その中で次のような実話を講師から聞かされ運転手として、
かなり難しい判断をしなければならないという事例なのです。
                                
 
 それは今から相当以前のことなのですが当時の政界、財界を巻き込みました航空機疑惑事件に関連したお話なのです。
ある有名な航空会社の社長がこの疑惑に関係したとしてマスコミや国会で問題になりました。
この社長の送迎を大手ハイヤー会社がしていたのです。航空会社の社内では連日幹部会議を開き
疑惑対策を練っていたのですが、この情報がいつの間にか外部に洩れはじめたのでした。
そこで社長は重要事項の連絡を唯一一人だけの場所ハイヤーの自動車電話を使うことにしたのです。
そしてある夜の帰りのハイヤーで信頼できる幹部にいろいろと電話で指示をしていました。
しばらくして社長はハイヤーの運転手に

  「君、僕さっき何を電話で話していたかね」

    「ハィ、先ほどはあれと、これとこれを申しておりました」

 その夜のことでした。ハイヤー営業所の所長へ社長の秘書からの電話でした。

  「もう、君のところの車は使わない。こんなことでは、それは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

                            
この講義を聞いたとき、私はどうしてだろうと不思議に思ったのです。さて、読者の皆様いったい何に原因があったのでしょうか。



「君、僕さっき何を電話で話していたかね」

社長からの問いに運転手はサービス心からでしょうか、その内容を答えました。
しかし社長は今回の事件の大きさや疑惑対策の情報が社外に流出するなどして極端に人間不信に陥っていたようです。
つまりハイヤーの運転手が電話の内容を知っていては、いつ誰かに伝わるとの不安があったのでしょう。

 そして「新任教育」の講師から次のような解答がありました。運転手の立場としてこの場合

    「ハイ、申し訳ございません。私、運転に集中しておりましたのでお話の内容は分かりません」

でした。でも、なかなか難しい答えだと思うのですが・・・・・。ハイヤーの場合タクシーとの違いは企業と専属契約をしています。
そして料金も高いのです。それだけに企業やお客様である幹部の方のさまざまな状況を把握しておく必要があるという例なのです。

参加しています
face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ


  


  • Posted by takachan  at 14:52Comments(4)