たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2011年07月17日

お葬式相談会

誰にでも訪れる人生の終着点。

私は父と母を送り出しいたしました。
父は末期癌でしたので時間的にも精神的にも少し考える
ゆとりがありましたので納得のいく葬儀が出来たと思っています。

 それから15年後、母の時でした。
買い物中に倒れ救急車で病院に運ばれました。
駆けつけた私は集中治療室のベットの無意識の母の姿でした。
医師の説明では脳溢血だそうで頭を開いて治療中とのこと・・・。
結果は一週間の闘病生活だったのです。

臨終を告げる医師

 そして母の遺体処置をしてくださる看護師さんたち。
この一週間懸命の看護には、ただただ頭が下がりました。

 やがて白い布をかぶせられた母の姿。
この時ほど母の死を自分が受け入れることが出来なかったのです。
看護師さんから

  「ご葬儀のことですが・・・・
         どちらかへお願いされてますか」

この時まで死を考えたくなかったので、その先など思っていませんでした。

       「まったく考えていませんでしたので・・・・・」

  「それでは病院の方でご紹介いたしましょうか」

私が頷くと、ものの三分もしないうちに花束を持ったダークスーツの
男性が現れました。
彼は型どうりの挨拶と花束を遺体の側にささげ手を合わせました。

「当社は病院待機の順番て゛伺いました。これも何かのご縁ですね。
まづご遺体を霊安室までお運びいたしますが通常では3万円なの
ですが、もし当社にお任せいただければ無料でご奉仕させて
いただきます。そして故人さまのお暮らしになったところを
移送寝台車でまわらしていただき、それから斎場へという
ことでいかがでしょうか」

                     

 とっても物腰の低いこの葬儀社の方のご案内で通夜、告別式と
進んでいくのですが母の親類の青森や岩手の方たちも通夜から
泊り込みで参列していたのです。その内の一人が津軽で
葬儀社をやっていて

   「いゃ~東京の葬儀は、まんずド派手でなっすなー」

 その意味が告別式の最後のお別れの時に分かりました。
場内にはどことなしに悲しそうな童謡が流れてきました。
司会者がナレーションのように死装束について参列者に歯が浮く
ような感じで説明をしてたのです。

 私はとても違和感を感じ葬儀社が母の死を過剰に演出している
ような気がしてなりませんでした。
私の考える死のイメージではありません。

 たしかに葬斎場の各設備も立派でしたし従業員さんの応対も
とても満足でした。

しかし、母の死がナレーションやBGMのような演出には
深い戸惑いを感じたのでした。
母は私をこの世に送り出してくれた只一人の母ですから・・・・。
その死は私にとっては厳粛であり深い悲しみの中から
旅た゛ってほしかったのでした。

そんな経験から次号でお話いたします

  「お葬式相談会」へと繋がってまいります。

                     


参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ


  


  • Posted by takachan  at 10:53Comments(6)