たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2011年05月12日

番外編/ギャラは一週間で120万円 (その2)

 横浜そごうの オープニングセールは毎日が戦場のような忙しさでした。
それに加えて九州の明太子会社の社長が「横浜そごう」の
開店祝いに、ご祝儀を持って駆けつけてくれたのです。
私の立場はこの会社の下請けのようなものですから遠路来て
くれました社長さん達を夜のご接待をいたしました。
この時社長が

  「とにかく凄い売上げですね〃
    これからも会社を挙げてバックアップいたしますから
    貴方の事業を発展させて下さい」

 このような激励を頂戴したのです。

                              

 昼も夜も忙しく、この一週間の間に飲み会を三回もこなし
毎晩ビジネスホテルに宿泊するしまつでした。
 結局、一週間の売上げが731万円の記録が出たのです。

 しかしなんです。オープニングセールということで販売
価格を極端に低くしたのと、工場から応援に来てくれた人たちの
人件費や新幹線代、飲み代、宿泊費などの諸経費が大幅に増えたので、
このセールの純利益はタッタの14万円ほどにしかなりませんでした。

                                           (横浜そごう)
     
 今までの販売からいたしますと余りにも少なく終わったあとには
ガックリときて、どっと疲れが出てまいりました。




 やがて気を取り直し

  「ヨシ、次の仕事の東急東横のれん街で
                     頑張るぞ〃」
 
 ここは、いつも安定した売上げで一週間で250万円の売上げ
純利益で100万円は固いのです。

私がやっています小売部門もこれまでの取引デパート
に加え、その系列の支店やローカルデパートなどが入り販路が
拡大していき販売スケジュールは立て込んできたのです。


 しかし売上げで考えますと「東急東横のれん街」「横浜そご
う」「八王子そごう」以外は苦戦だったのでした。
でも、この三店のドル箱店があったからこそその後も安定した
商売の継続が出来たのです。

 そんな時、ふと思ったのです。
過去に私は多額な資金を投入して輸入菓子の会社を起こし
失敗した経験から、今のこの仕事に対しお金を使わずこの様な
販売方法もあるのだなぁーと、しみじみと思ったものでした。

 そして何年か後にやってきたバブル崩壊、これを境にデパート
催事の売り上げが急速に落ち込んでいったのです。
これがきっかけで低価格商材の

   「大判焼き」

へと移行していって地方のスーパーへの巡回販売となり
今に繋がっています。

                -おわりー


           参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ



   


  • Posted by takachan  at 10:21Comments(11)