たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2010年03月15日

タクシーと行政 (その1)

 タクシーは道路運送法、運輸規則、道路運送車両法、道路交通法、計量法、遺失物法などの適用を受けております。これらのことは公共交通機関としての使命が課せられていると解釈しているところであります。
 以前にも若干触れましたようにタクシー業界は、かって様々な問題を発生させたことにより行政の監視、監督、指導体制が強化されてきたのは当然の結果であります。

 それはタクシー事業は国の事業許可が必要からなのです。そして国は事業者に対して
「利用者が誰でも、いつでも、何処でも安心して乗れるというサービスの質を一定水準に維持する社会的責任がある」
と求めているのです。
 しかし、タクシー事業者が、この国の指針に対して日常的に企業努力をしているかと申しますと私はNOと答えます。体験的に云うならば事業者の中には乗務員に少しでも多くの営業収入を求めます。これは営利事業では当然のことでありますが大切な事は法令の遵守であります。営利優先、遵法後回しでは困ります。
簡潔に申すならば営業収入と法令とは車の両輪であるべきと痛感いたします。なぜならばそれが公共交通機関の使命なのです。現実的にはこれらの事が欠如している事業者も存在しているのも事実なのです。私たちタクシーに係わる全体がこれら法律、規則等を誠心誠意をもって実行することが大切と思うのです。具体的には申しませんが間違っても法のすきまをぬうような行為はあってはならないのです。

                             

                                    国土交通省

 それは昨年に起きました東京大手タクシー会社「Km」マークの国際自動車が国交省関東運輸局から事業免許取り消しの行政処分を受けたことは、まさに業界の裏側を物語っていると感じたのです。

                                          つづく


      ***********************
       海を愉しみ、山に親しむ。
          言葉にできない、感動がある〃

    日本海の魚貝類が旨い〃
       新潟県・府屋の 通年民宿:長平さん  
                     http://cyoubei.yu-yake.com/



**********
巡回ブログ
**********
☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

☆ タクシー運転手の日記 - Japanese Taxi Driver's Log -
   (関西郊外のドライバーさん)
http://cooldriver.blog.eonet.jp/taxi/
  


  • Posted by takachan  at 08:56Comments(4)