たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2008年11月25日

じょつぱり

 「じょつぱり」というこの言葉は青森県の津軽地方でよく使われるようで、強情とか意志が強いとかの意味のようです。

 無線配車でお迎えに行った先が立川北口にあります「じょつぱり」という小料理屋さんでした。きっとここの女将は津軽の出身の人かもしれません。このお店からお乗りになりましたのが少々くたびれた感じの中年後期のご婦人お二人でした。お二人ともお酒を召し上がって、とても上機嫌でそれぞれのお宅までお送りするのでございます。

 車内は程よいほどのヒーターが効いています。お酒の臭いもただよっていました。

  「あんたさ、さっきの命くれない、すごくよかったわよ。熱がこもってさ」

     「うん、あの唄、私大好きなのよね」      

  「実感たっぷりよ」

     「そぉー、それじゃーもう一回唄おうか」

 まぁーお二人とも陽気に一人が唄い、もう一人が手拍子で車内は盛り上がったのでした。やがて、お一方のお家の前で一人が降りました。一人だけになったご婦人に私はなんとなく間がもてなくなってよせばいいのに

    「お客さん、なかなかお唄お上手ですね」

      「あらいやだ、聞いてたの。でも嬉しいわ。せっかく誉めてくれたんだから、

      ほらもう一回唄うわよ。運転手さん手拍子お願いね」

    「はぁー、でもハンドル握ってますので・・・。掛け声でどうでしょう」

       ♪♪「生まれる前からー結ばれていたー」    

    「はぁー、よいよいっと」

 なぜか一章節で止りました。

      「運転手さん、民謡じゃないんだからさー、よいよいじゃーなんだかおかしいよ」

     「はーそうですか、はーそうですよね。お客さんすみません」

 さぁー、どういう掛け声が良いのか考えましたがなかなか思いつきません。そして考えているうちにお家の前に到着したのでございます。あぁーよかった。たすかった。 
  


  • Posted by takachan  at 10:35Comments(12)