たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2017年03月16日

あきらめない気持ち・やっと花が咲きました

この手記は孫が書いたものです。すべて現実のものです。

僕は小学生までは勉強好きでした。
しかし中学になると勉強が急に難しくなり、勉強が苦手になり
その結果、学校に行くのが嫌になり中一の三学期はほとんど不登校になりました。でもそれではいけないと思い二年生からは
学校には行くようになりましたが勉強は分からず授業中は居眠りすることもありました。テストの結果は悪く僕自身も悩んだのです。そして3年生になりクラスの環境も高校受験の雰囲気なり勉強が出来ない僕は高校に行きたくて勉強をはじめましたがなかなかうまくいかなかったのです。そして悩みました。
そんな時、僕は高校受験に向けて塾に通うようになり二学期のテストは中学に入って自分にとってはよい点数評価になり嬉しくなり自信も出てきました。そして受験の時、学校から推薦をもらい僕の希望の高校である小平西校にしました。しかし塾長から君の成績では無理だと云われましたが推薦をもらえたことに自信を持ち塾長の意見を無視し推薦入試、一般入試とも不合格でした。
その時すごく心が落ち込みました。

塾長の意見を無視した自分が受験を甘くみていたと思いました。反省もしました。
そこで今はもう一度、勉強が分からなかった時にもどり、基礎から勉強をしょうと決め都立秋留台高校の二次試験を受験して自分自身を立て直し少しでも立派な高校生になろうとおもっています。



そして今月の10日、11日の二日にわたり二次試験をうけました。もう後がないので僕は必死やりました。この試験の倍率は2.11と高く不安もありました。自分の気持ちに充分出来たと言い聞かせつづけ今日、合格発表でした。胸をドキドキさせながら母と一緒に発表をみました。私の受験番号がありました。
嬉しくて母と抱き合いました。



☆みやび個別指導学院砂川校
http://www.miyabi-kobetsu.jp/schools/kantou/tokyo/tachikawa_sunagawa.shtml



参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります!


  


  • Posted by takachan  at 20:04Comments(4)

    2017年03月10日

    原発イジメ/つらくとも「自殺考えたらダメ!」


    今、僕は楽しく生きています。
    一日一日前向きにいれば何とかなります。
    だから、つらいことがあっても自殺を考えないで下さい。
    もし自殺したら何があったかほかの人に伝える事も出来ない。
    それに今は学校に行きたくないから、僕みたいにフリースクールみたいな場所もあるから、そこに行って勉強するのもいいです。環境になれなくてもゆっくり自分のペースでなれればいいです。だから自殺は考えたらダメ。




    この手記は横浜市の中学校で起きた「原発イジメ」の生徒が書いたものです。
    私は「イジメ」について学校と家庭も、そして教育委員会も、もっと真剣に取り組むべきと思い、先般Change.orgというキャンペーンサイトの「横浜市教育委員会に申す」のキャンペーンに参加し5万人以上の署名が横浜市教育委員会に届けられ、その結果「イジメ」が認定されたのです。
    これらの問題で教育の一環として「人に優しい心」を育てる必要性を強く感じます。



    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

    ☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります!
      


  • Posted by takachan  at 09:59Comments(2)

    2017年03月04日

    だれも教えてくれない就活マナー

    皆様こんにちは、いよいよ春が近いのを感じる季節になりましたね。私のように高齢になりますと寒さと気温の大きな格差が体調に大きく影響いたします。そして若い時はよかったと実感しています。
    4月には多くの若者が社会にスタートいたします。大きな夢と希望をもって・・・。




    しかしその前に就職試験がございます。私も若い時代、経験いたしました。そして就職試験には面接があります。私事ですが当時、銀座にあります婦人用品で人気の高い「san-ai」の就職試験をうけたのです。この会社は現(株)リコーの系列です。
    そして、この会社は採用人員若干名に対し応募者、約900名でした。一次試験は教養の筆記試験、二次試験は面接で、ここまで来た人は150人にしぼられてました。その時に採用人員は5名と説明がありました。私は面接に自信がありました。それはその前年、日本放送のラジオで「素人劇場・あなたも名優」という公開録音番組に有楽町にあるビデオホールで開催されました。
    プロの俳優さんと素人の人との台本演技でした。私の相手は演技派女優の加藤治子さんでした。私ははじめてのこと胸がドキドキして開演をまちました。





    開演前、司会者の三和 完児さんが出演者を車座にして
       「皆さん緊張していると思いますが幕が開いて客席を見たら、お客様の頭をかぼちゃ畑のかぼちゃと思ってください。深呼吸して落ち着いて演技してくださいね。」


    この言葉で少し気持ちが落ち着きました。なにせ私が一番手なので なおさらでした。でも失敗しても録音ですのでやり直しが出来ることも気を楽にしてくれました。お陰で加藤さんとの台本演技も上手くいき結果は「銅賞3位」で当時のお金で3000円の賞金をもらったのです。

    どうして、これを書いたのかといいますと。一事で集約しますと度胸がついたということでした。
    ですからこの経験から面接試験にいっても、あがらない気持ちになりました。
    面接を簡潔にいいますと①身だしなみ  ②礼儀・作法  ③言葉づかいです。④情熱。もっと具体的には下のURLを参照してください。


    ☆テレビ朝日の「皆の就活塾」
    http://www.tv-asahi.co.jp/shukatsukazoku/manners/

    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

    ☆いつもご協力ありがとうございます
      


  • Posted by takachan  at 09:51Comments(2)