たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2017年02月11日

次は必ず花咲かせます!


 3日、孫の都立小平西高校の推薦入試の合格発表がありました。私はそれを見に行ってきました。
残念ながら不合格でした。肩を落として帰ろうとしたとき、この高校の先生からプリントを渡されたのです。帰りのバスの中でそれを読み胸がとても熱くなり希望も湧き出してきたのです。
なんと気持ちの温かい高校なのだろうか。孫が選んだこの都立
小平西高校に教育者としてまた人としての大きな魅力を感じたのです。
 渡されたプリントは小平西高校校長先生からのメッセージでした。



             (小平西高校の在校生の応援)

受験生の皆さんへ
皆さんの可能性はまだまだあります。
            春には花咲かせましょう!
 今回の推薦入試では、小平西高で高校生活を送ることを希望し、多くの皆さんが出願してくれたことを、とても嬉しく思っています。
 作文や集団討論、面接の場面からも、一人一人の良さや一生件命さが強く伝わってきました。そのようなな受験生の皆さんに優劣をつけることはとても難しく、できることならば志願者全員に、本校に入学してもらいたいと願うばかりです。
 しかし、都立高校の入試には定員があり、特に今回の推薦入試は大変高倍率のため全員の希望をかなえることができなかったのが実情です。
 そこで、今回希望が叶わなかった受験生の皆さんには

「小平西高を目指す」

という初心を最後まで貫いてもらい、ぜひ学力検査に再度チャレンジしてくれることを強く期待しています。(今回合格となった受験生との差は、わずかなものでした。また、例年、一般入試に再チャレンジして、現在小平西高になっている受験生は多くいます。)

受験生の皆さんが入試を無事に終えて、春には皆さんの可能性の花が開きふたたび笑顔でお会いできることを祈っています。

孫は昨日、受験願書を小平西高校に出し、ここを目指し深夜まで最後の追い込みを一生懸命、受験に向けて猛勉強中です。私の気持ちは
 
「祈る合格!」

参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります!  


  • Posted by takachan  at 09:27Comments(2)

    2017年02月04日

    【えぇ!】まさか、あのお方が・・~タクシー運転手が一番驚いた乗降客とは


    皆様こんにちは、寒い日が多いですね。
    さて、先日あるサイトで次のような感じで紹介されましたので改めて発行しました。

    「感動の一コマからちょっとHな話まで・・・タクシーの車内という密室空間で繰り広げられる人間ドラマを、メルマガという形でこっそり教えてくれるのが、タクシー運転手の発行者がお届けする『タクシー運転手からの内緒話/番外編』。まぐまぐ大賞2014の無料部門・日記・ノンジャンル大賞にも輝いた、このメルマガのバックナンバーから、今回はある日の深夜にお乗せしたという、超やんごとなき方とのエピソードをチラみせ!」

    タクシーをやっていると、まさかと思われるお客様をお乗せすることがございます。タクシー時代に一番印象に残っていることをお話いたしましょう。
    芸能人を筆頭に政治家やテレビなどに出る評論家そしてまれにヤクザの親分などなど、ヤクザでも親分は私たち一般人には
    普通に対応してくれます。へんなクレーマーなどに比べたら
    比較にならないほど教養や人情があります。

    そして話は変わります・・・。
    それは秋も深まった深夜2時ごろのことでした。この夜は幸運にも立川で終電客を東小金井まで送り、その帰路でした。会社に帰るには五日市街道が便利で走っておりました。
    小金井公園あたりだったでしょうか。左側の歩道を時々後ろを振り返りながら歩いているスーツ姿の男性が目に入ったのです。
    タクシーを探してるな」

    そう感じ徐行したら案の定、手を上げタクシーを止めたのです。帰り道だし今日はツイてるなと思いました。

    ドァーをあけ乗りますと

    「八王子までお願いいたしますがあの~一万円でまいりますか」

    八王子と申してもとても広いので

    「お客様、八王子のどの辺ですか」

    すると声が一段低くなり

    「多摩御陵までなのですが・・・なにしろ終電車が途中で終わりましたので」

    「そうでしたか、ハイ分かりました。中央線の高尾の手前です。料金はここからですと八千円程度だとおもいますよ」

    「わたくし、よく存知ないのですが・・どの位の時間で着きますか。明朝7時前には千代田区まで帰らなければなりませんので」

    どうも乗った時からどこかでお見受けしたお顔と思っておりましたが、まさか高貴な方がこの時間歩いたりタクシーに乗るはずがないし、たぶん似た人だろうと思っていましたが、ふと頭の中に

    「上品な言葉づかい」
    「多摩御陵」
    「タクシーなれしていない」
    「千代田区」
    「明朝7時」
    これらのキーワードでルームミラーでお客様を確認すると

    「えっー、まさか!!・・・・・・・」





    きっとこの方、何かとっても大きな悩みを抱え多摩御陵の祖父母である前天皇、皇后の墓参に人目を避けこんな深夜にきたのだろうか・・・・。私は心の中で今の状況をなぜか否定したかった。

    やがて甲州街道から右に入り御陵参道に入っていくと

    「こちらですね。御陵は・・ここでけっこうです。ありがとうございました。」

    御陵の周りは深い霧に包まれその方の姿は霧の中へと消えたのでした。

    ※この記事は2013・5に発行したものを修正したものです。




    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

    ☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります!
      


  • Posted by takachan  at 10:14Comments(2)

    2017年01月28日

    ~私はできる~




    今回は私ごとをお届けいたします。
    私の只一人の孫は平成13年に生まれました。
    私の兄弟には男子がいなくて、とても可愛い孫なのです。
    きっとだれでも自分の孫は可愛いものです。
    数年前、訳あって娘と夫は離婚し、それ以来母子家庭となりました。孫が小学生の時、母親が体調を悪くし長期入院したのです。

    その間、私たち祖父母宅より約二年半の間、育児のため同居し、私と妻は分担し孫の遊び相手を私がし、勉強や宿題は大学を出た妻が担当して通学は二キロほど離れた小学校に私が車で送迎していました。

    それでも孫は母親恋しかったのでしょう。時には寂しい気持ちも感じとれました。今では母親は健康になりパートの仕事をして母子二人で暮らしています。
                 yotsuba

    そして孫は早いもので今年は高校受験の年になりました。
    中一の時、一時不登校のこともありましたが三年になると高校受験を意識したのでしょうか意欲的に勉強をしたのです。
    その結果でしょうか二学期のテストで都立志望校の推薦をもらいました。
    表題の「私はできる」は志望校のモットーです。
    いずれにしても母子家庭で経済的余裕がなく、入学費用が少ない都立高校しかいけません。
    今年の正月には孫を連れ毎年初詣に行っている小平神明宮様に
    「都立必勝」を祈願してまいりました。
    推薦試験日は26、27日の両日に行われました。
    科目は学科はなく、「作文」「集団討論」「面接」の三項目です。今日高校から発表された倍率は男子3.79倍でした。
    26日は「作文」と「集団討論」でした。
    「集団討論」は受験生数人がグループになりテーマが与えられます。
    司会の試験官からまとめ役と補佐役をグループに求めました。
    孫は手をあげて補佐役になりまとめ役と協力して討論が進められました。テーマは「クラスの行事」でした。
    はたして、このグループの評価はどのぐらいだったのでしょうか。三科目の結果は2月2日に分かります。
    祖父の私としては
      「祈るっ・推薦合格!」      

     これが正直な気持ちです。  
               
                     
                             (在校生が受験者への応援メッセージ)


    もし、推薦入試がダメでしたら一般入試を受験いたします。
      

    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

    ☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります!

                   
      


  • Posted by takachan  at 10:18Comments(2)