たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2009年11月30日

ギロチン水門

 八ツ場ダム建設の是非が問われている今
13年前、国の公共事業によって長崎県・諫早干潟のために水門を作り
そこで起こった漁業や自然破壊などさまざまな問題。

昨日、知人から誘われてアミューたちかわで

   LIVE〃憲法ミュウジカル2009
     ムツゴロウ ラプソディ


を鑑賞してまいりました。会場は1500席満席でした。
このミュージカルのテーマは有明の海が干潟により死の海に変わり果てた姿を
ミュージカル化したものでした。これに出演された人々は公募で集まった多摩地区
の素人の方々だったことを後に知りあまりの見事な演技だったので、プロの人と
の共演かと錯覚したぼどだったのです。

                         


この出演者は6月にオーディションを受け、7月から総勢100名ほど
幼児から高齢者までのまったくの素人集団がつくられたのです。
そして7月から猛稽古が始まり合宿までしてチームワークづくりをして
公演に向けての凄く厳しいレッスンだったようです。

 観客の多くは華麗で見事な舞台に大きな拍手や声援を送っている
うちに舞台、観客両者が一体感になって行くような気持ちになったのです。
商業演劇では味わえない凄い感動だったのです。
それは普通の市民の人達が共通したテーマをもってそれを表現しよ
うと練習を重ねて一生懸命演じたことと、そしてこの舞台をバックアップしたのが演出、音楽、照明、衣装、振付、合唱指導、大小道具、舞台監督などのプロ集団だったのです。
このミュージカルを見て、例え素人でもプロのレッスンでひたすら
に努力を重ねれば、こんなに人々に感動を与えることが出来るんだ〃
           そんなことを教えてくれたミュージカルだったのです。

そして最後に未だ昨日の感動の余韻が残っている今
出演された皆様そしてスタッフの皆様にこのブログを通して
改めて
                「とても素晴らしいミュージカル
                        ありがとう〃 ごくろうさま」


☆参加しています
立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ


*********
巡回ブログ
**********
☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

☆ タクシー運転手の日記 - Japanese Taxi Driver's Log -
   (関西郊外のドライバーさん)
http://cooldriver.blog.eonet.jp/taxi/

☆ 心身一如  http://come-together.sblo.jp/article/17661595.html?reload=            










  • Posted by takachan  at 10:21 │Comments(4)

    この記事へのコメント
    七誌さん、おはようございます。

    年のせいでしょうか日々、早起きになってきました。

    税金の公共事業への垂れ流し。
    これまでの自民党政権のワンパターンのやり方。

    国民もこれじゃ日本丸が沈没と思いの政権交代でしょうか・・・。
    現政権は連立でイデオロギーには幅が多きすぎるのが少し心配。

    「平成維新」
        「無血革命」
    Posted by takachan at 2009年12月07日 05:41
    立川さん! まいど!

    あの「映像」は、衝撃でしたね!
    八ツ場ダムの橋げたも!
    すべては自民党にまかっせっきりの国民の責任!
    いま民主党はその「膿」を洗ってまんのかな?
    「平成維新」?後にそう言われればいいけど!
    (総理が言う事やあらへん!ワイら国民が判断せにゃ!)
    Posted by 七誌 at 2009年12月07日 03:53
    >正しい公共事業の在り方を模索して欲しいものです。

    仕分け作業もその一つでしょうね。
    どうも今までの公共事業の多くは雇用、景気に重点が置かれて作ったそのものの必要性が薄いものもあったと思います。

    家の近くの基地跡地の国有地には人間科学研究所とか国語研究所の立派な建物が出来ました。所謂、ハコ物です。

    国民目線の税金の使われ方であってほしいものですね。
    Posted by takachantakachan at 2009年12月01日 10:00
    民主党のダムをなるべく作らないという施策によって、長野市の浅川に建設が予定されているダムが中止になるコトを祈ってます。

    ワザと、地盤が弱いくて土砂崩れが起きそうなトコに建設をするなどというのは、正気の沙汰とは思えません。

    全てのダムを中止すべきとまでは言いませんが、捏造されたデータを利用しダムの必要性を語り、危ない場所を安全と言う御用聞き学者を排除して、正しい公共事業の在り方を模索して欲しいものです。
    Posted by koyuri at 2009年11月30日 21:59
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    ギロチン水門
      コメント(4)