2009年11月25日

沈まぬ太陽

 山崎豊子さんの小説「沈まぬ太陽」全五巻を読みまして
とにかく凄い作品と思っておりました。
そして、この小説を映画化されると知って、はたしてこれだけの
スケールの大きな原作をどれだけ映像化出来るだろうかと
思いながら先日、映画「沈まぬ太陽」を観てまいりました。

                    

 国民航空という巨大組織の労組委員長、恩地 元を中心に
労組問題、社員の出世欲や経営陣それを取り巻く政治の世界や監督官庁など
など表には表れない凄いドロドロとした人間関係を原作同様に
表現していたのは見事でした。
 そして御巣鷹山の墜落事故のシーンにはとても心が痛みました。
航空会社の利益優先より安全最優先であったならばと残念な
気持ちでいっぱいだったのです。

 その後、年月が経過し現在、国民航空じゃなくって日本航空は
経営危機に陥っております。先月には社長自らが有楽町の街頭に
ハッピ姿で営業パンフレットを配布している姿には哀れみと同情を感じたのです。


                   
                       (営業活動中の日本航空社長さん)

政府は日本航空に対して再建のための資金の提供を
いたします。

やっぱり、この航空会社は「沈まぬ太陽」なのでしょうか・・・

この映画のランディングに

  この映画があらゆる交通機関の
    「安全・安心」促進の一助になることを願います。
                       
                        沈まぬ太陽・製作委員会



Posted by takachan  at 16:32 │Comments(4)

この記事へのコメント
再建出来るかどうか難しいですよね。

法的整理の上、アメリカの航空会社の子会社化されてしまうかもしれませんし。

「平家物語」ではありませんが、諸行無常を感じます。
Posted by koyuri at 2009年11月25日 22:48
立川さん! まいど!
ワイも三巻だけやけどよみました!
涙、止まらへんかった!
怒りも覚えました!
「死ぬ時は、死ぬが良き候
是、災難を免れる妙法にて候」  by??
製作委員会の言葉!虚しいね!
繰り返してるやん!JR!
Posted by 七誌 at 2009年11月26日 04:44
東京では気温の寒暖の差が大きい日が続いています。
長野の山々は雪帽子でしょうか・・・。

JALの今まで体質はかっての国鉄同様に親方日の丸的のような感じがいたします。それだけに経営再建は厳しいとおもいます。
JALの全ての人々の意識改革が必要だと思います。
Posted by takachan at 2009年11月26日 05:43
七誌さん、こんにちは。
この映画を見て国民航空の労組潰しにも怒りを覚えました。
それは組合幹部の同士を経営陣に売っちゃいました。
出世のためなら何でもあり・・・。

製作委員会のメッセージは私も同様に感じましたし、タクシー業界にも当てはまることなのです。
Posted by takachan at 2009年11月26日 05:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。