たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2017年02月24日

ワンランク上の快適な移動空間へようこそ~

みなさまこんにちは。
ここのところ何かと問題が多いバス業界です。価格競争も激しくチャーター便も含めて格安バスが乱立状態です。
そんな中、発想を変えた豪華夜行高速バスが誕生しました。

以下はこのバスに試乗した人の感想記です。
いよいよドリームスリーパーとご対面です!
大阪を出発するドリームスリーパーは両備バスの門真車庫を出発してから、大阪ミナミの玄関口「OCAT」を経て東京(池袋)へ向かいます。靴を脱いで乗車します。
履き心地ふわふわのご機嫌なスリッパ。
振動の軽減にも一役買っているフロアのカーペット。
車内の通路はすべてカーペットが敷き詰められて、すでにこの時点で自分が高速バスの中にいることを忘れてしまっています。
さらに、車内に入って1番先に目に入った、いえ鼻に届いたのは自然の草木のようなアロマの香り。ドリームスリーパーでは「ウエルカムアロマ」と呼んでいて、日替わりで2種類の香りで乗客を迎えてくれます。
奥へつづく通路は扉が開いていないと座席はまったく見えない。気をとりなおして奥へ進むと、すべての座席が扉で仕切られていて、バスの中というよりもJR寝台列車の個室寝台車を思い起こします。


                                                                             
ゼログラビティシートが快適!ボタンを押すだけ!
まるで重役になったかのような気分でバス旅が楽しめそう。
居室に入ると、重厚なシートが迎えてくれます。
まるで飛行機のファーストクラスのシートのようで、いままでの夜行バスのシートとはイメージがまったく違って上質な雰囲気です。

ドリームスリーパーの1番のこだわりはこの座席。
昭和西川がNASAの理論に着想を得て浮遊感を感じながら深い眠りへと誘う「ムアツクッション」を採用しています。
枕・背中面・座面・フットレストに至るまで、このムアツクッションを採用していて、座席に腰を下ろした瞬間身体全体が包み込まれような感覚に包まれます。
コントロールパネルには「リクライニング」「チルト」「フットレスト」「全自動」の4つのボタンがあって、「全自動」以外はそれぞれの部位を調整できます。
快眠のポイントはこの「チルト」で、腰部分が沈むと同時に座面が腰に沿うように支えてくれます。このおかげで乗車中に座面からズレにくくなるので、座席とのフィット感がさらに増します。
また、コントロールパネルで入り口上部のフロントライト、リクライニングを倒した時の頭の真上にあるリアライトの明るさが調整できるので、灯りが欲しいと思った時に、わざわざシートを戻さなくていいのでとっても便利です。
こんな奥行きの長~いテーブルはなかなかお目にかかれません
パソコンで一仕事も余裕でできるスペース。
鑑のように磨かれて光沢のある折りたたみ式のテーブル。食事をするには余裕の広さです。


AC100VコンセントとUSB端子、ヘッドホンのボリュームも
そのままUSBがさせるのはうれしいACコンセントはパソコンなどの充電に対応していて、出力75Wは15インチクラスのちょっと大きなノートパソコンでも大丈夫。
USB端子も標準装備なので、スマートフォンの充電にACアダプターは必要ありません。コントロールパネルの奥にイオン発生器が備わっている。

バスが発車すると、乗務員がそれぞれの個室までミネラルウォーターとおしぼりを運んできてくれます。不明な点などがあれば個別に対応してくれます。
豪華だけではない安全面もサービスのひとつ。
運転席中央に「車両逸脱装置」「衝突軽減装置」が設置されていて、夜間運転をサポートします。
また、途中休憩では乗客の乗り降りはできませんが、2人体制の運転手が定期的に交代するシステムを導入しています。
豪華!完全個室!と話題のドリームスリーパーですが、乗り心地はこれまでに乗車した高速バスのなかでも文句なしの心地よさです。これらの装備やサービスもドリームスリーパーの魅力です。


☆ワンランク上の快適な移動空間へようこそ
  この豪華バスの詳細は下記へどうぞ。もっと驚きます。
http://dreamsleeper.jp/ds2/index.html


参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります!





  • Posted by takachan  at 10:37 │Comments(2)

    この記事へのコメント
    私も旅回りの時、時々夜行高速バスを利用しましたが、3列シートでゆったりした設備でよく眠れました。
    でも今こんな豪華なバスとは驚きです。
    一度は乗ってみたいですね。

    「まぐまぐ」に国有地売却、安倍スキャンダル?
    http://archives.mag2.com/0000167798/
    Posted by takachantakachan at 2017年02月24日 21:56
    夜行というのは、時間を有効に使いたい時には本当に便利です。

    でも、まずは安心安全が第一ですね。以前の様に、夜行列車が運転してナイので残念です。
    Posted by koyuri at 2017年02月24日 20:43
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    ワンランク上の快適な移動空間へようこそ~
      コメント(2)