たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2016年07月14日

勇気ある撤退!宇都宮けんじ氏出馬辞退

応援ボランティア活動中
             無念の出馬とりやめ

昨夜8時半、宇都宮けんじ氏出馬辞退を表明しました。
私は「希望のまち東京をつくる会」のボランティアとして宇都宮けんじさんの選挙のためのパンフレットのポスティングを一昨日まで一生懸命やっていました。

ただ今,ご覧のブログも公示日に合わせて作ったものです。そして投票に向けて多くの皆様に宇都宮けんじさんの政策をお届けしたいと考えていました。
                    ポスティング中の私
         
しかし宇都宮けんじさんは大局的見地の中で悩みに悩みぬいた末の決断だと思います。自己主張するだけの人ではなく他人の立場になって考えるのが宇都宮けんじさんの人生哲学と確信しこの2回の選挙のボランティアをしてまいりました。
応援してきた私は、この撤退を断腸の思いではありますが宇都宮けんじさんの勇気ある撤退!宇都宮けんじ氏出馬辞退を心の中で気持ちの整理をしているところです。

参考までに本日下記のブログを更新する予定でした。残念、無念です。

※出馬辞退の詳細はhttp://utsu-ken.seesaa.net/

(幻に終わった選挙)

宇都宮けんじさんダッシュ!


宇都宮けんじさんの公式サイトへどうぞ→http://utsunomiyakenji.com/#1


宇都宮けんじさんのプロヒィール
愛媛の漁村に生まれ、9歳の頃、開拓農家として大分県に移り住む。電気もない荒れた土地を必死で耕す親の姿を見て育ちました。
 親孝行したい一心で猛勉強し、東京大学に入学。

 「貧しい人の力になりたい」

「困った人を助けたい」

と弁護士になることを決意し、在学中に司法試験に合格。下積み生活の中でサラ金問題に出会います。とりたてに追われる人の苦 しみを目にして、 解決のために奔走。サラ金業者から、何があっても引き下がらない弁護士として知られる存在に。
    2006年、多くの仲間とともに国会に働きかけ、グレーゾーン金利を撤廃させる「貸金業法」の改正を実現。
貧困と格差が広がる昨今は、生活に苦しむ人びとの法律相談も多く引き受けています。

2010年、3万2000人の弁護士を束ねる日弁連の会長選挙に、完全無派閥で立候補し、当選を果たしました。
2012年と14年の二度の都知事選挙では、猪瀬氏、舛添氏を相手に

「人にやさしい東京」、「希望のまち東京」

を訴え、それぞれ約100万票の得票を得ています。


公職選挙法上の義務事項 発行者のメールアドレス yutopia2500@yahoo.co.jp


希望のまち東京をつくる会
「あなたの“困った”を都政に届けますプロジェクト」
 メール:tokyotogether@gmail.com

本ブログは(改正公職選挙法第142条の3第1項)を尊守し発行したものです。




参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ




  • Posted by takachan  at 10:08 │Comments(6)

    この記事へのコメント
    こんばんわ、 田原とんび さん。
    お久しぶりです。お元気の様子でなによりです。

    選挙の投票は有権者の権利であります。
    けっして特定の党や支持団体から強制するものではありません。
    有権者一人一人の自由な意志で投票するものですよね。

    まだまだ日本は民主国家になり切っていないところがありますね。

    田原さん、これから暑い季節に向かいますので、どうぞ体調管理なさってお仕事してください。
    Posted by takachantakachan at 2016年07月17日 21:51
    今回の件に限らず、
    選挙の目的が党の為、議席数確保の為になされている印象があります。

    全く国民の方を見ていない政治家が幾ら変わっても、
    国(の行く末)は変わらないと思うんですけどね(苦笑)

    お粗末な議員さん達は、志を何処に置いて来てしまったのでしょうかね❓
    そしてそんな我が身を省みることもなく、恥じることも出来ない人が国を良く出来る道理は無いのでしょうね。
    Posted by 田原とんび at 2016年07月17日 16:45
    こんばんわ、koyuriさん。
    昼からショックで寝てました。
    政治の世界の先は全く分からないですね。
    野党共闘も良しですが、地方選挙にこれが通用するかが問題です。
    なにしろ東京は浮動票の割合が高いですから・・・。

    私は宇都宮さんの次の機会まで応援をつづけます。

    こめんといつもありがとうございます。
    Posted by takachantakachan at 2016年07月14日 21:44
    こんばんわ、makkyさん。
    ほんとうに筋の通らぬ事ばかりでしたね。
    この野党共闘は民進党主導の候補者選びになっちゃいました。
    私が応援ボランティアの宇都宮さんは民進党の保守派から革新的な候補とのクレームがついたのが真相です。

    これからも私は宇都宮けんじさんを支持し何かの機会に政界進出してもらいたいと心の整理ができました。

    makkyさん、これからもどうぞ力になってください。
    Posted by takachantakachan at 2016年07月14日 21:35
    自伝を読んで、とても素晴らしい方だと思ってますが、野党が分裂しては絶対に勝てないというコトで、身を引かれたのでしょう。

    無念の辞退が報われると良いですね。
    Posted by koyuri at 2016年07月14日 21:02
    筋の通らぬ事ばかり。
    残念ですが・・・・、残念ですが、
    状況から察するに、しかたのないご決断なのでしょう。票の分散を回避して勝たなければ仕方がありません。 さすが、
    大人の対応と思いました。 人気投票的な要素も否定は出来ませんから・・・・
    筋の通らぬ事ばかり。
    Posted by makky at 2016年07月14日 16:39
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    <?=$this->translate->_('削除')?>
    勇気ある撤退!宇都宮けんじ氏出馬辞退
      コメント(6)