たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2016年01月15日

スキーバス転落事故を考える

先日は小金井市で京王バスがアパートに突っ込むという
事故があり、さいわいなことに回送中と歩行者がなくて
けが人がなくてすみました。
しかし運転手は事故当時の記憶がないと言い謎につつまれた
状態です。




そして今度は次のような事故が起きちゃいました。
15日午前2時ごろ、長野県軽井沢町のバイパスでスキー客
を乗せたバスが道路から転落し、警察によりますと、
バスに乗っていた41人のうち乗客12人と乗員2人の合
わせて14人の死亡が確認されました。
このほか27人が病院に搬送されて手当てを受けていて、
この中には意識がない人もいるということです。
警察は15日にも過失運転致死傷の疑いで東京羽村の
バス運行会社を捜索する方針です。
このバスは14日夜、東京を出発して長野県飯山市の
斑尾高原に向かっていたということです。



 このバスを運転していたのは死亡したツーマンドライバー
の一人の65才の運転手とみられ乗客の証言からかなりの
スピードで走行していたということです。
その当時の路面状態は積雪や凍結はなかったそうです。
事故原因はこれから分かってくるでしょうが考えられるのは
運行管理の甘さです。スキーシーズンはバスの需要が
多く乗務員の勤務ローテーションがきつく過労運転に
成り易くなり加えて深夜便になりますので過労による
居眠りなどの危険がはらんでまいります。

特に考えさせられるのは事故を起こし死亡した乗務員は
このバス会社に昨年12月に契約社員として入り繁忙期だけ
の乗務をしていたようでバスの深夜運転の経験が少なかった
のではとの指摘もあります。
また、この乗務員は昨年までダンプの運転をしていたそうで
バスとダンプとの違いを理解していなかったのかもしれません。

スキーバスの運転をやったことのある私の知人は

「スキーバスの三連続勤は相当に体にキツイですよ。
 夜間発で現地は朝着、そして現地で乗客を乗せて
 東京着は夕方、洗車して家に帰るのは夜間ですから・・
そして又翌日の午後には出社して準備し出発指定場所へと
これを3回もやったらもうバテて心も体もフラフラですよ。

でも、この時期だから会社も無理を承知で
                   乗務させるのです。
     なにしろ稼ぎ時ですから・・・・」

今回の事故でこの言葉を思い出しました。
 


バスの場合、多数の乗客が乗るだけに、しっかり
とした運行管理計画を立てないといけないのです。
ちなみに今回の羽村のバス運行会社は過去に
国土交通省から乗務員の健康管理に問題があった
との指摘を受け改善を求められバス1台の20日間の
使用禁止の処分をうけていました。
さらには事故を起こす前の出発時の点呼も行われて
なかったようでバス会社の安全意識の欠如も問われ
そうです。

乗客の命を預かるすべての交通関係者は、たびたび
起こる悲惨な事故にたいして徹底した安全意識を
あらためて持つ必要があります。
安全こそが使命であり第一なのです。

お亡くなりになった方々のご冥福を心からお祈りいたします。


参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

☆ご協力ありがとうございます





  • Posted by takachan  at 18:22 │Comments(2)

    この記事へのコメント
    koyuriおっしゃるように「安い」を売り物では困ります。
    特に交通関係は人命がかかっていることを事業者も乗務員もそして利用者も忘れてはいけません。
    特に貸切バス業界は規制緩和以後さまざまな問題を起こしていますね。
    Posted by takachantakachan at 2016年01月16日 11:14
    何事も、値は値の通りという部分もあります。

    世の中には、安くても良いモノもありますが、普通はそうではナイという事を忘れて、今の時代は他に対する要求水準が上がり過ぎでしょう。

    バス会社に第一の問題はあると思いますが、類似の事故が起こる土壌を我々も反省すべきだと思います。
    Posted by koyuri at 2016年01月15日 23:05
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    スキーバス転落事故を考える
      コメント(2)