たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2014年12月20日

事故を起こさない雪道運転の走り方

いよいよ雪の便りが聞かれる頃なりました。
年末年始で故郷やレジャーに出かける方も多いと思います。
なれない雪道での事故を防止するためのアドバイスです。
今回は雪国へドライブなさる方への雪道の走り方です。

 まずは私の雪道ので恐怖体験です。
旅回りのときでした。11月中旬、青森港からフェリーで北海道の
苫小牧に着き、ここから道央自動車道で旭川に向かったのです。
札幌を過ぎるまではとても良い天気だったのですが岩見沢を過ぎる
となんと雪が積もっていたのです。
しかもタイヤは夏タイヤ。やがて長い下り坂に来たときです。
私は無意識にギァーをシフトダーンしたそのときです。
車は大きく左に一回転しセンターのガードレール寸前で運よく
止まったのです。

 雪国の方はご存知でしょうが雪になれない方の参考にとおもいます。
私もかって本業で冬の東北地方を巡回してこのような怖さを何度も
体験いたしました。
そして、この地の雪国ドライバーの方から、いろいろと教えていただ
いたのでそれをご披露いたします。
雪道と云いましても圧雪路、シャーベット路、ミラーバーン、アイス
バーン、ブラックアイスバーンの路面の状態があります。
特に注意したいのがブラックアイスバーンなのです。
ブラックアイスは、1mm未満の厚さの氷膜が、舗装表面上にある
状態でドライバーから見て透明または黒く見えます。とても滑りや
すいのです。

また、橋の上やトンネルの出入り口も凍っている時もあるので注意が
必要です。


圧雪路やシャーベット路はタイヤチェーン(鉄・ゴム)でも雪にくいこ
むので走行出来ますがアイスバーンやミラーバーン等はチェーン
ではとても危険なのです。
それは鉄やゴムチェーンの鉄ピンが氷の上で滑るからです。
凍結路ではスタットレスタイヤが一番です。
それでも充分に速度を落として走行しませんと危険なのです。
雪国ではスタットレスタイヤが一番適していますが過信は禁物です。
雪路や凍結路とも急ブレーキや急ハンドルなど「急」のつく運転は
絶対禁物なのです。
それに急な下り坂の凍結路のミラーバーンはくれぐれも慎重な運転が
がとても大切なのです。
ギァーは2速ぐらいでエンジンブレーキを併用します。


又、雪国ではバッテリー、ワイパーゴム、ワイパー液の濃度
などの点検も行ってください。

①積雪

  ②アイスバーン(凍結路)   





            

   ③ミラーバーン









※この記事は2011年12月に発行したものを一部修正したものです

雪道情報の詳細は
※北の道ナビ  
  http://northern-road.jp/navi/index_guide.htm

まぐまぐメルマガ
  「タクシー運転手からの内緒話/番外編」
     まぐまぐ大賞受賞記念/いつも隣にNHK
http://archive.mag2.com/0000167798/index.html


※読者の皆様へ
  今年一年間のご愛読ありがとうございました。
  来年も皆様にとりまして良い年でありますように

           発行者/takachan  



参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ



  • Posted by takachan  at 10:59 │Comments(8)

    この記事へのコメント
    koyurさん、あけましておめでとうございます。
    こちらこそよろしくお願いいたします。
    お仕事の益々のご発展をお祈り申し上げます。
    Posted by takachantakachan at 2015年01月01日 16:42
    あけましておめでとうございます

    今年も宜しくお願い申し上げます。

    皆様の御健康と御多幸を心より御祈り申し上げます。

    本年も、仲良くして下さいませ。
    Posted by koyuri at 2015年01月01日 00:10
    こんにちは、nakoさん。
    nakoの地域も雪や凍結などでご苦労が多いんですね。
    私も旅回りの時代に東北地方を巡回販売して冬にはとても苦労いたしました。
    また東京のドライバーは雪になれてなくて雪国での事故の確率が多いようです。
    年末年始どうぞ気お付けて乗務なさってください。
    来年もnakoさんにとりまして良い年でありますように。
    Posted by takachantakachan at 2014年12月30日 11:03
    雪道走行に詳しいですね。当地では11月に冬タイヤに交換していますが朝のアイスバーンには毎日悩まされています。特にタクシーは後輪駆動なのでよくすべります。私が一番気をつけているのは上り坂で止まらないことです。坂の手前で停車、助走で勢いをつけて坂の頂きに辿り着くようにしています。

    それとお客さんは大雪の時ほど玄関先まで乗り付けてくれと要求しますがちょっとでも危ないと思ったらキッパリ「コレ以上はいけません」と断ることですね。今年2月の大雪では「大丈夫、行けるから」の言葉にだまされて2時間ほど雪かき、ジャッキアップのひどい目に合いました。
    Posted by nako at 2014年12月29日 21:29
    ロモラオ様
    じっくりと読まさせていただきました。
    Posted by takachantakachan at 2014年12月24日 10:33
    キレル、引き篭もり、登校拒否、家庭内暴力、親子不調和
      勉強しない、出来ない、入試、入学、卒業、男女交際、結婚
      発育不全、寝小便、言葉の遅れ、チック症、癲癇、子供特有の病気
      子供の難病、遺伝性疾患等ーーーーー
    *お答え= 人生、物事(運、病気、幸せ、お金、人間関係、仕事ーーー)には
    ↓  因、縁、果とあって、
     果ダケを現在起こっている問題に付いて色々やっても、答え出ません。
      因があって縁に触れて果が生まれるのです。
     縁とは環境とか周りの色々です。
        風水、家相、方位、色彩、化学、易学、地縛霊等ーーー
     因は過去世も含め(これが大きい)現世の過去等色々。
      人間は今、実証科学的にも輪廻転生しています、子供と貴方の過去世や、そう
    いった世界からの子供と貴方に関係のある波動が来ます。
       それらが最も問題になるのです。
      叉、この世の中の一切は波動で(量子力学)
      貴方や子供の思いも波動です。ここで言う貴方とは両親です。
      超マクロな世界から全ての波動を調整すれば、どんな事でも答出ます。
    *何れにしても  「この世の中は一切が、波動=粒子で」
      「それらは人間の意識=思いに反応し」
      「高度な意識を使えば、いかなる 波動関数も瞬時に崩壊する」
       これは最先端科学の結論=何千年のあらゆる宗教の結論
     従って、時空研では、一切のノイズ波動を浄化し、クリーンにして
     問題を超マクロに捉え、波動を調整することで軽快しているわけで、
       これはそれ程難しい事では無く、
         コツを憶えれば何方でも出来る訳です。
    一、子供の問題で最大の問題は、この子供に嫉み、怨念を持っているノイズが来
    ているか否かです。
       これはキレル、引き篭もり、登校拒否、家庭内暴力、その他結婚問題にま
    で関係します。
       このノイズは過去世、前世の問題であると同時に親の責任に類する問題で
    す。この辺りを探査し浄化しないと子供は浮かばれません。
       この問題は解決すると劇的な結果を見せてくれます。
    二、次が子供のトラウマです。
       生まれる瞬間の2時間が最も大切です。今まで母親と繋がっていた
      (宇宙と繋がって)安心感が、そこでブッツリと切れます。この時の心の傷
    が大きなトラウマを運でいます。
        このトラウマを浄化しないと子供は一人前になりません。
    三、それから「寂しさ」です。これは、脳の内側視索前野のEGを抜く
       事で比較的簡単に対応できます。
    四、その次に来るのが、能力アップです。
       これは、時空研流に右脳開発やら、集中力アップ法をやります。
    五、更に子供の持って生まれた、特性の発見と遠い過去世からの、良いカルマを
    引きだすことです。
    六、難病に附いて、遺伝子を操作したり、超マクロな世界から波動の操作する事
    で、(一)ーーー(五)の事柄と相まって答えが出てきます。
    実例
     一、親を殺すと息巻いていた5歳の幼稚園児ーー暴れん坊
       (一)の対応で、十日で幼稚園一の模範生 Aさん
     二、引き篭もり歴 十年 男性 躁鬱 20歳代 
        (一)(二)等の対応で、今優秀な青年。(Tさん)
     三、登校拒否は実例が多すぎて、直に反応して治る場合や少しテコズル
        場合も有りますが、全員軽快  
    Posted by ロモラオ at 2014年12月23日 16:18
    今年もあと僅かになりましたね。
    旅回りのころは雪や凍結そして吹雪など、さまざまな体験をしましたが幸いに事故はありませんでした。
    サイドブレーキも時には必要ですが体験的にはポンピングブレーキもスリップしない効果があります。

    いずれにいたしましても雪はいやです。年をとったんですね。

    koyuriさん、来年もよろしくお願いいたします。
    Posted by takachantakachan at 2014年12月21日 18:50
    エンジンブレーキを多用するのは、雪道の鉄則ですが、加えて知っておいて頂きたいのが、サイドブレーキ。

    時として、サイドブレーキを引くコトで、何とか衝突を食い止められるという場合もあるので、普段はホトンド使わないモノですが、一応頭の中に入れておくと、助かるコトもあるかもしれません。
    Posted by koyuri at 2014年12月20日 22:47
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    事故を起こさない雪道運転の走り方
      コメント(8)