たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2012年07月04日

恐怖の六時間 (復刻版)

 連休最後の日の朝でした。立川駅からタクシーに乗ってきたのはYシャツにボサボサ頭と不精ヒゲの若い男の人でした。
持っているものは小さなコンビニ袋とペットボトルだけ。

   「センダイに行ってください」
  
      「えっ、センダイって東北の仙台ですか」

 なんとはなしに雰囲気から不安を感じたので近くにいた同僚に相談した。彼が男の様子をうかがうと
 
「ちょつと変だよねー。本社に無線いれたら」

 すると本社からすぐに無線で指示が入った。遠距離なので料金の確認と二人乗務でとのこと。
お客に了解をとり乗務員を迎えに車庫へと向かった。
  
    「女性の運転手はいませんか」

 この言葉にさらに妙な不安を感じたのです。車庫近くの公園の前で 

   「止めてください。ヒゲをそりますから」

 そういって袋からカミソリとカッターナイフを取り出し降りていったのです。
この刃物をみて気味が悪くなりました。まもなく戻った顔を見ると口のまわりに血がにじんでいるのです。
なにか異様です。車庫に着くと操車主任が駆け寄ってきたので

 「なにか変です。お客を見て下さい」

主任はドァーを開けて客席をのぞき

     「相当長距離なので料金のご用意ありますか」 

  「あります」

低い声で言った。車庫待機の運転手が心配そうにみていて
 
   「金、大丈夫かなー」 
          
          「おかしいよ覚せい剤でも・・・」

 主任が

「万が一なにかあったら警察に飛び込んで下さい。充分きおつけて〃」

この判断で山川乗務員とのツーマンで不安を抱きながらも仙台へ向けてスタートしたのです。

       
  ツーマン乗務で幾分緊張がすくなったのですが車内は無言で張り詰めた雰囲気だった。
ときおり客席からカチャ、カチャと刃物の音が無気味に聞こえた。
こんな状態を少しでも変えようと山川乗務員と意識的に会話を交わしたのです。
突然男が云った。

「石巻まで云ってください」  

 石巻といえば仙台からさらに北上します。すかさず山川さんが相当な金額になるので内金お願いしますと云った。  
大泉IC近くになった。コンビニに寄りたいとのことでそこで止め、ここまでの料金、約一万円を支払ったので少し安心した。
高速に入り東北道を進む。

            

途中PAで運転交代を言うと、そのまま走れという。そして刃物のカチャ、カチャガ聞こえた。
しかし郡山を過ぎたあたりで車両点検を理由に強引に安達太良PAに入る。
その後、宮城県に入り管生SAで交代、料金は九万円ほどになつた。
車はさらに北上し仙台南から三陸道に入る。ここから五十Kほどで石巻だ。
この東北地方はかって旅回りの仕事でよく走っていたので地理には詳しい。
やがて「石巻IC」「石巻港IC」の標識がみえた。

  「どちらのICでおりますか」

返事がない。車内が凍りつく雰囲気だ。しばらくすると

  「港に行ってください」

石巻港ICを出ると東埠頭、中央埠頭の看板が目にはいった。

   「どちらの港へ」

 しかし返事がない。そのうち郊外へ行け、マンガ館だ、食堂だとくるくるとかわる。
いよいよ最悪のケースかと心臓が高ぶる。知らない町をぐるぐる走る.
食堂を探し石巻の町中を走りつづけるしかし男は無言。
なかなか食べ物屋が見つからない。すると、そば屋があつた。


   「お客さん、そば屋ですよ」  

      「ここで降ります」

男はコンビニ袋から、シワシワの封筒を出し料金128130円を払いだまって降りたのです。
なんともあっけない幕切れでした。
午後4時を少し過ぎたころでした。しかし帰りの東北道ではドット疲れを感じたのでした。

                                   -終わりー

      ※この記事は2009年アップしたものを修正したものです。

    




参加しています
face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ



**********                    
巡回ブログ
**********
☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

☆ タクシー運転手の日記 - Japanese Taxi Driver's Log -
   (関西郊外のドライバーさん) 
              http://cooldriver-in-kansai.blogspot.com




  • Posted by takachan  at 15:08 │Comments(4)

    この記事へのコメント
    まさやん、こんにちは。
    伊丹でしたか!ちょつともったいなかったように思いますがこの距離でしたら当然ツーマンですよね。
    ホントに世の中には「タクシー好き」の人もいるようで・・・。
    遅くなりましたが先日はメッセージありがとうございました。
    ご協力とても嬉しいです。
    凄い話があるんですね。
    「告白シリーズ」で是非やらさせてください。
    文面などの都合で若干アレンジしてもよろしいでしょうか。

    どうぞ宜しくお願いいたします。
    Posted by takachan at 2012年07月05日 08:15
    こんにちは、koyuriさん。
    怖さと長距離とが混合した思い出として復刻版にいたしました。
    ほんとにタクシーなどはお金を持参しているかどうか分からないだけに不安もあります。例えば身なりがしっかりしているとか人相が良いとかだと安心できるのですが・・・・。
    Posted by takachan at 2012年07月05日 08:02
    おはようございます。

    私もつい先日ですが朝出庫してすぐにお乗せしたお客様が「いたみ」と言ってきました。
    「いたみ???」
    まだ出庫したばかりで私の頭が暖機運転状態(笑)
    数秒考えてしまいましたが・・・

    「お客様、いたみって大阪の伊丹?」

    「そうだ!」

    「あの~~~
    タクシーで伊丹まで行ったら時間もかかるし料金もかかりますよ」

    「俺はタクシーで行きたいんだ」

    「それでは支払い方法はチケットですか?
    クレジットですか?」

    そしたら分厚い財布を出しました。
    中身がチラッと見えて札が沢山・・・
    半分信用して

    「お客様、長距離の場合会社に一報入れないといけません。
    そしてドライバーも二人必要になります。
    一旦会社に戻りますが・・・」

    そしたらお客の顔が真っ赤になって怒りだし
    「もういい!!!!」
    自分でドアを開け降りて行きました。
    今考えても不可解なお客様でした。
    本当にいろんなお客様がいますよね。

    数日前、「オーナーへメッセージ」に直接メール送りました。
    「シリーズ」ご協力しますよ^^
    Posted by まさやん at 2012年07月05日 05:50
    タクシーというのは、前払いが許されないので辛いトコがありますよね。

    最近、倒産されて売掛金が取れない会社とかの話を聞くと、何時もニコニコ現金払いか、回数券で前払いという仕事の有難さを痛感してます。
    Posted by koyuri at 2012年07月04日 23:04
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


    削除
    恐怖の六時間 (復刻版)
      コメント(4)