たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2017年03月04日

だれも教えてくれない就活マナー

皆様こんにちは、いよいよ春が近いのを感じる季節になりましたね。私のように高齢になりますと寒さと気温の大きな格差が体調に大きく影響いたします。そして若い時はよかったと実感しています。
4月には多くの若者が社会にスタートいたします。大きな夢と希望をもって・・・。




しかしその前に就職試験がございます。私も若い時代、経験いたしました。そして就職試験には面接があります。私事ですが当時、銀座にあります婦人用品で人気の高い「san-ai」の就職試験をうけたのです。この会社は現(株)リコーの系列です。
そして、この会社は採用人員若干名に対し応募者、約900名でした。一次試験は教養の筆記試験、二次試験は面接で、ここまで来た人は150人にしぼられてました。その時に採用人員は5名と説明がありました。私は面接に自信がありました。それはその前年、日本放送のラジオで「素人劇場・あなたも名優」という公開録音番組に有楽町にあるビデオホールで開催されました。
プロの俳優さんと素人の人との台本演技でした。私の相手は演技派女優の加藤治子さんでした。私ははじめてのこと胸がドキドキして開演をまちました。





開演前、司会者の三和 完児さんが出演者を車座にして
   「皆さん緊張していると思いますが幕が開いて客席を見たら、お客様の頭をかぼちゃ畑のかぼちゃと思ってください。深呼吸して落ち着いて演技してくださいね。」


この言葉で少し気持ちが落ち着きました。なにせ私が一番手なので なおさらでした。でも失敗しても録音ですのでやり直しが出来ることも気を楽にしてくれました。お陰で加藤さんとの台本演技も上手くいき結果は「銅賞3位」で当時のお金で3000円の賞金をもらったのです。

どうして、これを書いたのかといいますと。一事で集約しますと度胸がついたということでした。
ですからこの経験から面接試験にいっても、あがらない気持ちになりました。
面接を簡潔にいいますと①身だしなみ  ②礼儀・作法  ③言葉づかいです。④情熱。もっと具体的には下のURLを参照してください。


☆テレビ朝日の「皆の就活塾」
http://www.tv-asahi.co.jp/shukatsukazoku/manners/

参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

☆いつもご協力ありがとうございます
  


  • Posted by takachan  at 09:51Comments(2)