たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2017年01月28日

~私はできる~




今回は私ごとをお届けいたします。
私の只一人の孫は平成13年に生まれました。
私の兄弟には男子がいなくて、とても可愛い孫なのです。
きっとだれでも自分の孫は可愛いものです。
数年前、訳あって娘と夫は離婚し、それ以来母子家庭となりました。孫が小学生の時、母親が体調を悪くし長期入院したのです。

その間、私たち祖父母宅より約二年半の間、育児のため同居し、私と妻は分担し孫の遊び相手を私がし、勉強や宿題は大学を出た妻が担当して通学は二キロほど離れた小学校に私が車で送迎していました。

それでも孫は母親恋しかったのでしょう。時には寂しい気持ちも感じとれました。今では母親は健康になりパートの仕事をして母子二人で暮らしています。
             yotsuba

そして孫は早いもので今年は高校受験の年になりました。
中一の時、一時不登校のこともありましたが三年になると高校受験を意識したのでしょうか意欲的に勉強をしたのです。
その結果でしょうか二学期のテストで都立志望校の推薦をもらいました。
表題の「私はできる」は志望校のモットーです。
いずれにしても母子家庭で経済的余裕がなく、入学費用が少ない都立高校しかいけません。
今年の正月には孫を連れ毎年初詣に行っている小平神明宮様に
「都立必勝」を祈願してまいりました。
推薦試験日は26、27日の両日に行われました。
科目は学科はなく、「作文」「集団討論」「面接」の三項目です。今日高校から発表された倍率は男子3.79倍でした。
26日は「作文」と「集団討論」でした。
「集団討論」は受験生数人がグループになりテーマが与えられます。
司会の試験官からまとめ役と補佐役をグループに求めました。
孫は手をあげて補佐役になりまとめ役と協力して討論が進められました。テーマは「クラスの行事」でした。
はたして、このグループの評価はどのぐらいだったのでしょうか。三科目の結果は2月2日に分かります。
祖父の私としては
  「祈るっ・推薦合格!」      

 これが正直な気持ちです。  
           
                 
                         (在校生が受験者への応援メッセージ)


もし、推薦入試がダメでしたら一般入試を受験いたします。
  

参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります!

               
  


  • Posted by takachan  at 10:18Comments(2)

    2017年01月21日

    止まってくれた西武バス

    読者の皆様こんにちは。寒い日々ですがお元気ですか。
    今回は運転マナーがテーマです。どうぞお付き合いください。

    最近は車を運転するドライバーの方はマナーの良い人たちが多くとても好感をもっています。
    しかし一部の中には交通法規を守らないドライバーの存在が気になります。私の住まいの近くに立川通りがございます。
    路線バスや多くの車が走っている幹線道路です。
    問題はこの通りに信号機のない横断歩道があるのですが近くに病院や信用金庫などがあって、けっこうここを通る人が多いのです。私や妻もその一人です。
    ある晴れた風の冷たい日でした。私が横断歩道で待っていると反対から高齢の女性がショッピングカートを押しながら横断を始めたのです。そこへ小型トラックが来て、慌てて急ブレーキを踏み、ことなきでしたが私はヒャーとした瞬間

    「バカやろう!あぶねぇじゃねえか。このババー!」

    若い運転手が老人に罵声を浴びせたのです。
    このようにこの横断歩道は車が多く、なかなか渡るのが大変でして東西の離れたところにある信号機が赤になったのを見計らって車の来ないのを確認して渡るのが普通です。
    お年寄りの方は歩行も遅いので、一緒のときには、ハラハラすることもあるのです。
    でも中には人が横断歩道に人がいますと止まってくれる車もあります。















    その筆頭は路線バス、そして大型トラック、タクシーとつづきます。なかにはマイカーの心優しいドライバーの方もいらっしゃいます。
    車の運転はよく人柄を表わすといいますが、止まってくれた車に私は会釈で気持ちを伝えます。お互い気持ちよい気分になるものですね。

    そこで読者の皆様、下記の道路マークをご存知ですか。
    これを知っていれば安全運転に繋がるのですが・・・。





    ※答えは下のURLをクリックして下さい。
     過去に私のプログで発行したものです。
      「はて?この道路マークは・・」
    プログURL http://tachikawa.tamaliver.jp/e413782.html

    ☆(写真撮影余談)
      この横断歩道で、はたして止まってくれる車があるのか
      暫くカメラを構えていましたら、たまたま西武バスが止まってくれて横断できた瞬間を写しました。 



    横綱昇進おめでとう!稀勢の里




    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

    ☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます感謝しています。励みになります!












      


  • Posted by takachan  at 10:10Comments(2)

    2017年01月14日

    ご縁や方角そして神様の不思議

    タクシーをやっていますと、面白い事にその日にお客様をお乗せして行き先が同じ方角になることが多いのです。はじめの頃は、たまたま偶然でしょうと思っていたのですが気にかけていますと、どうも不思議に思うのです。 昔から方位、方角など占いで云われますが今日でも科学的に解明できないものもあるのかなぁーと思うのです。 数学者はたぶんこういった現象を「偶然の確率」とおっしやると思いますが・・・。 しかし私にはよく分かりませんが意識にない何かに操られているのかしらともかんがえるのです。そして又、同じお客様を何度もお乗せすることも多いのです。これも地域のタクシーですから当然でしょうが私は、これをご縁があるからと思うのです。 お正月には、お客様に五円玉が入った「開運福銭」を差し上げました。これも五円が、ご縁につながることと思います。 そしてこの、ご縁を大切にしていきたいご縁や方角の不思議と日ごろから思っているのです。
                 ?        

    かって四十代のころガソリンスタンドを経営していた時、金運の神様・鎌倉の洗ったお金が倍になる銭洗弁財天に参拝に何度かまいりました。不思議とお金が貯まったのです。
    そこで毎年参拝に行ったものでした。やがて銀行の通帳にお金が貯まってきたのです。
    ご利益があった方は何人もいらっしゃるそうで、「臨時収入があった」「宝くじが当たった」なんて人もいます。


    つい欲が出てきてしまいますが、純粋な気持ちで参拝するのがよさそうです。


    正式名は銭洗弁財天宇賀福神社。 源頼朝に、巳年の1185年(文治 1)、巳の月、巳の日の夜、「この福水で神仏を供養すれば天下泰平に治まる」という夢のお告げがあり創建されたと伝える。その後、北条時頼が霊水で金銭を洗い、一家繁栄を祈った。それが今日の銭洗信仰の始まりといわれていて人気のある「金運スポット」にかっています。


    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

    ☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます!


    ☆大相撲情報
    二横綱・二大関を破り健闘中の

       長野県出身の御嶽海関






      


  • Posted by takachan  at 10:18Comments(2)

    2017年01月07日

    セコイ・メガバンク「えっ!残高不足」


    私がタクシー勤務をしていた時の給料は銀行振り込みでした。
    その銀行は、かってのスリーダイヤのマークでおなじみの大手銀行の立川支店に振り込まれます。
    家の近くに信金やコンビニがあるのですが手数料を取られるので遠いのですが、貧乏な私はこのスリーダイヤの銀行に自転車に乗って降ろしにまいります。
    ところが先月、少し残高があったので引き出そうとしましたが「残高不足」で出ないのです。どうしたものかと心配になり通帳記入しましたところ毎月「口座維持手数料」の名で300円づつ引かれていたのです。この名目、よく分からないので混雑している窓口で暫く待って係りの方にたずねたのです。



      
    「お客様、月末の残高が10万円以上ありませんと当行では口座維持手数料を頂戴いたしております。ハイ。
    口座開設のときの説明書お読みになりませんでした、お客様!」 

    でも、このスリーダイヤさん、会社の指定銀行なので変更すること出来ないのです。
    結局、一年間で3600円お支払いして自分の口座を維持していただいたいると云うことになるのですが・・・。
    タクシー会社に3年半勤務していましたので総額12600円も取られていたわけです。これって大きいですよね。
    タクシー退職後は自宅近くにある信用金庫を利用していて個人ですとモバイルバンキングが無料でとても重宝しています。
    信用金庫の方が個人や個人事業者には向いています。
    やっぱりメガバンクは個人より大きな会社にメリットがあるようになっているのでしょうか・・・。

    そこで例えばタクシー料金と別に「安全輸送維持手数料」300円付けましたら皆様タクシーにお乗りいただけますでしょうか。

    ※この記事は2011.6に発行したものを一部修正したものです。
            
                  


    参加しています
    face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

      


  • Posted by takachan  at 09:55Comments(2)

    2017年01月02日

    原点に帰ろう!紅白歌合戦

    読者皆様!
    あけましておめでとうございます。
    どうぞ本年もよろしくお願いいたします。


    年末年始は東京では穏やかな天候に恵まれました。
    今回のテーマは「紅白歌合戦」制作費に億のお金をかけるほど
    NHKは最も力を入れている番組なのです。
    この番組は1951年に始まり、これまでの長い歴史の中で最も高い視聴率を記録したのが1963年の紅白で驚異の81.4%でした。
    今では考えられない数字です。
    ちなみに2016年の予想視聴率ですがネットでは歴代最低を記録したとか・・・。
    そこで私なりに、この番組を考えてみました。
    題名どおり「紅白歌合戦」まずこのタイトルを基本に考えよう。歌合戦だから紅白互いが歌唱力で勝負すべきところ、最近ではこれを越脱し人気度、話題性、衣装など脇の部分が強調され、レベルの下がった「バラエティー」番組になってしまった。それも学校の学芸会的なものになってしまったのはとても残念です。そして歌のジャンルも演歌、ニューミュジック系が番組内で無造作に組み入れられ、観ている人は歌に対する感動とか余韻すら与えなくなってしまった。そんな中、今回もっとも光ったのが大河ドラマ「真田丸」のテーマ曲のバイオリにスト三浦文彰さんの演奏こそ、歌番組の真髄でありました。過剰なライトを使った演出も見ている物には目ざわりだった。最後に出演者が楽しかったとの話はおかしいと思います。楽しむべきは視聴者の方では・・・

    1月3日発表の紅白視聴率は第1部が35.1% 第2部は40.2%で昨年を若干上回りました






    そして番組制作者はいろいろと努力検討して製作されるわけですが、それが視聴者にとって必ずしも満足とはいえないことを最近の、この番組を見て感じたことでした。





    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

    ☆いつもご協力ありがとうございます


    ☆勇気と希望と感動を与えてくれるTBSのスペシャルドラマ!



    “ロケット編” 2017年1月2日(月)午前9時~午後2時30分
    “ガウディ計画編” 1月3日(火)午前9時~2時30分






      


  • Posted by takachan  at 10:19Comments(2)