たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2016年11月19日

ついに立川でも高齢者が・・・!

皆様もご存知のように先日、立川の災害医療センターの敷地内で83歳の高齢女性ドライバーによる暴走事故でお二人の犠牲者が出たことに同じ高齢者の私は大きなショックをうけました。
特にこの病院にはここのところ何回か妻の精密検査のため行っています。今日も車で送迎したのです。
事故現場には、お花や飲み物が置かれていて事故の凄さ感じました。
私もこの病院の駐車場も利用したり、タクシー時代よくここで
客待ちをした経験もございます。
そこでこの事故の原因を私なりに考え事故防止になればと思うのです。運転していた高齢女性ドライバーは、この病院にご主人が入院していて事故前夜、危篤の状態で徹夜で付き添っていたようです。朝、一旦自宅に戻ろうと病院の駐車場の自動清算機で現金を投入しお釣りをとろうとした時、手が届かったため体を車外に乗り出し腕を伸ばしお金を受け取った瞬間、右足がアクセルに乗っかり暴走して出口のバーを壊し車道を突っ切り歩道にいた人をはねてしまったのです。そして植え込みのあるコンクリートでやっと停まったのです。それがこの事故の第一原因かとおもいます。特に高齢者や車を清算機から少し離して止めると手が届きにくくなったりして足に力が入るのです。このような時はサイドブレーキを引きギァーをP(パーキング)に入れ、しっかりと車を固定させる注意深さも大切です。



人をはねた歩道の手前はタクシーの客待ちのゾーンになっていますが運悪くこの日はタクシーが止まっていなくて歩行者をはねてしまったのです。
第二の原因は前夜の徹夜の付き添いの寝不足です。判断力や動作が緩慢になりとっさ時に的確に体が動きません。そして、ご主人の危篤状態の心配があったでしょう。また、このドライバーはご主人が入院するまではペーパードライバーでした。運転に慣れていなかったのです。
さらには高齢者夫婦同志の看病や介護の問題も考えさせられます。
このように、幾つかの要素が重なり合い大変な事故になってしまいました。歩道を歩いていて亡くなられたお二人に心からご冥福をお祈り申し上げます。 合掌

そして私たち高齢者も運転の基本を守り一にも二にも安全運転を心がけることに徹して運転することです。初心者以上に気を使い絶対事故を未然に防ぐことを私は心に叩き込みます。

そして最後に運転に自信がなくなったら免許の返納をいたしましょう。


参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます!

icon38
心の安らぎによろしかったらどうぞ
  


  • Posted by takachan  at 09:19Comments(2)