たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2016年02月26日

緊張の軍事境界線に行く(No.2)

翌日、緊張感と不安ほ胸にいだいて出発場所のロッテホテルへ行きました。そこには韓国国営の観光バスが待っていて、パスポートとツァーチケットを出してバスに乗り込みました。


定刻の8時半に出発したバスは北の方角に向けて走り車内はホボ満席に近く、私たち日本人の他にアメリカ、台湾の人たちも一緒でした。しかし車内には女性は一人もおりませんでした。
驚いたことに中年のバスガイドは日本語をはじめ英語、台湾語三ヶ国語を順次使い板門店のことや北朝鮮の内情を説明してくれたのです。


小一時間ほど走ると車窓からはソウルの町並みとはちがって農村らしい風景に変わり、しばらくすると大きな川ぞいを走っていて、よく見るとこの道わきで何人の老夫人たちが川の向こうに向けて手を合わせて祈っている姿が目に入ったのです。するとガイドが

「あの人々は戦争で肉親が南と北とに離れ離れになり、会うことも出来ず韓国の人が行ける一番北側はこの川の手前までなのです。少しでも北の肉親に近いこの場所から無事を祈っているのです。皆さん、戦争ってとてもむごいものですね」

その説明に胸があつくなりました。かって肉親と一緒だった幸せに暮らしていた遠い昔。むごい朝鮮戦争によって引き離された家族の人々・・・。
やがてバスは、この川の橋の手前で停車したのです。するとバスの
入り口から小銃を肩にかけた迷彩服を着たMPが乗り込み英語で話したのです。そのあとガイドが通訳してくれ

「今から渡します書類は英語で書かれていますので各国語で
 説明します。これから行きます板門店及び非武装地帯で北朝鮮兵士から危害を受け死亡する場合がありますが国連軍及び韓国政府は訪問者の安全と責任は負えません」

この書類は宣言書で納得したらサインしてください。提出場所は次に行く国連軍の駐屯基地です。
そして厳重注意としてガイドから再び

「板門店の南北境界線では絶対に北側に越えないで下さい。
 そしてまた、北朝鮮兵士から話かけられても絶対に会話しないで下さい。もしこれらの行為をしますと即処刑される場合がありますので、くれぐれも注意して行動してください」


 この二つの説明を聞き急に恐ろしい感じになりました。MPの小銃に板門店の危険な様子も想像して緊張したのですが、せっかくここまで来たのだからと覚悟を決めてサインをすることにしたのです。
               (次号につづく)

************************
(ご案内)
軍事境界線は3部で発行いたしております。次回No3はいよいよ軍事境界線の板門店へ。
そこで見たのは銃を向けた北朝鮮兵士が・・・・。

そして番外編として「ソウルの夜の裏話」を付け加えました。
当時、日本人に人気のたかかったキーセンパーティーとは・・・・
さらに北朝鮮の美人女性を使った肉弾外交のHな話などなど、どうぞご期待ください。



参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

☆ご協力ありがとうございます
  


  • Posted by takachan  at 10:17Comments(2)

    2016年02月16日

    緊張の軍事境界線に行く(No.1)

    北朝鮮のミサイル発射によって揺れる国際社会と朝鮮半島。

     何年か前、手軽に行ける韓国に興味をもち何度かソウルを訪れました。飛行機で2時間ちょつとの隣国です。
    何度も行っているうちに観光やショッピングにも飽き、明洞という繁華街を歩いていると「軍事境界線、板門店見学ツァー」の看板が目に入りました。そこで店内で説明を聞くと、あの38゜線上にある板門店に行けるという。但し行けるのは外国人だけで韓国の人は行けないと云いました。ただこの場所は現在でも南北の緊張がつづき実戦兵士がいるので参加者の命の保障は出来ないそうだ。
    大げさにいいますと命がけのツァーだ。それでも現実に生きた軍事境界線を見る機会のない日本人の私は好奇心を抱き、その場で申し込みをしたのです。



    この軍事境界線、板門店は1953年朝鮮戦争停戦のために北朝鮮と国連軍との間で結ばれた停戦協定された場所が38゜線上にある板門店です。ここを境に北側が北朝鮮、南側が韓国とし朝鮮半島を二分した重要な場所で今でも南北のそれぞれの兵士や国連軍が警戒に当たっています。そしてここでは
    「境界線を越えた物、相手兵士と会話を交わした者は即処刑される」
    となっているとても危険な場所ともいえます。
    そんな場所でも私は興味と興奮を感じて翌日のツァーを待った
    のです。
    この危険ともいえるツァー今も南北朝鮮の緊張の中、軍事地帯に参加し、普段の日本での日常では絶対起こりえないその詳細を三回に分けて皆様にお伝えいたします。               
                            (以下次号)







    ソウルの繁華街明洞


    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

    ☆ご協力ありがとうございます





      


  • Posted by takachan  at 10:56Comments(2)

    2016年02月08日

    スキーバス会社の許可取り消し


    先般の軽井沢のスキーバス転落事故て゛15名が死亡したバスの運行会社東京・羽村市の「イーエスピー」に対して貸切バス事業免許の取り消し処分を決めました。国土交通省の事故後の監査では運転手に詳細な行程を示す「運行指示書」を作成せず、また国に届け出た基準運賃を下回る安値でツアー会社との契約が複数あったことも判明。さらに点呼記録の虚偽記載などもあり「道路運送法」に違反する行為が相次いで分かりました。





    国土交通省はその後、違反の悪質性から「イーエスピー」に追加の立ち入り監査を実施した結果、道路運送法違反による行政処分は違反点数の累積が多く、行政処分としては最も重い許可取り消し処分となりました。

    通常、「道路運送法」ではバス会社では出発前に
    ※車両の始業点検として
      エンジンの具合、タイヤの点検とナットの緩みやヒビ、各オイル類の点検、ブレーキ、各照明系統の点灯点検、非常ドアの開閉点検そして車内設備(消火器・車止めなど)の点検など

    ※点呼
      乗務員のアルコール検査、健康状態の確認、運行上の注意点など

    ※運行指示書の運行管理者との確認などが行われるのが通常なのです。

    ところで過去に事業許可の取り消し処分を受けたのは2009年東京のタクシー業界最大手の「国際自動車」一般的にはKmで知られたタクシーです。
    この時の違反内容は乗務員の「道路運送法」で定められた乗務時間の超過勤務がたびたび行政指導を受けたにもかかわらず累積違反点数が取り消し処分の基準に達したものでした。
    参考までに過去ログにて公開したキッーいお咎め2009年7月をご参考になってください。

    また、バス会社「イーエスピー」のホームページにアクセスしましたら下記のメッセージのみが表示されました。






    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

    ☆ご協力ありがとうございます  


  • Posted by takachan  at 11:09Comments(2)

    2016年02月03日

    NHKの歌謡コンがカラオケで?

    皆様こんにちは。寒い日がつづいておりますがお元気ですか。

    今回はNHKがテーマのお話です。よかったらお付き合いください。
    私は演歌が大好きで毎週火曜日のNHK歌謡コンサートを見ています。
    さすがNHKだけあって音楽番組は音声がとてもよくて気に入っています。ところがです、1月19日(火)の放送は島津亜矢さんにはじまってステージのバックは白いしゃれた建物がセットでバンドの姿がありません。4曲ほどおわっても同様のステージでバンドが映らないのは今回はカラオケかと少々残念に思い、NHKの視聴者センターに電話で尋ねました。







     「今日の歌謡コンの演奏はカラオケですか」

       「いえ、生放送です」

     「あの~演奏がカラオケですかと聞いているんですが・・・・・」

       「少々お待ちください。番組担当と変わりますから・・・・」

    しばらく待つと番組担当者が出て

       「お待たせしました」

    テレビを見ていると今度のステージはシルキーな幕の前で7人目の
    福田こうへいさんが「おんな船頭唄を歌いはじめたのです。
    すると番組担当者が

       「いつものように生バンドでやってますよ。
         まもなく幕が上がってみえますから!」


    ちょうどそのときでした。幕があがりステージ左右にいつもの
    三原綱木とザ・ニューブリードと左手に東京放送管弦楽団が映り

    「今、映りました。やはり生バンドはいいですね。失礼しました」

    私の感覚では歌番組は歌手とバンドがセットで映らないと何か
    迫力に欠けるような気がするのですが・・・・・・。


    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

    ☆ご協力ありがとうございます



      


  • Posted by takachan  at 16:46Comments(2)