たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2015年08月28日

怪談・不気味な話


皆様こんにちは。 
今回のテーマは怪談話なので夏の暑いときにとおもって
いましたら急に涼しくなってしまいましたが、どうぞ
お付き合いください。

 初秋の雨がしとしと降っている深夜のことでした。
空車で昭和記念公園のそばを走っていると無線配車に
なり災害医療センターに向かいました。
深夜ですので北側の急患入り口に着けました。
病院から出てきたのは目と鼻と口だけが出ていて頭
全体に包帯をぐるぐる巻きした男性でした。見るからに
不気味な感じで

「東大和の湖畔まで」

と低い声で云ったのです。こういった姿のお客様を
乗せたのは初めてだったので走行中も無言でとても不気味
に感じて車内がなんとはなしにイャーな雰囲気だったのです。
やがて湖畔に入ってきましたので
   
 「どの辺にとめましょうか・・・」

「貯水池の外周道路の林のところ」

タクシーを住宅地の坂を上り池の傍の道路に出て、林を
探したのです。進んでいくと住宅が終わり両側に林が見え
たのです。

「もうちょつと先の林のところ」


云われた場所に着きました。その包帯姿の人はそこで
降りたのです。しかし、そこには人家などありません。
そして包帯姿の人もどこにいったのか姿が見えないのです。
急に恐怖感が出てきて早く町の明かりのあるところまで行か
なければとタクシーを急いで走らせたのです。
そしてやっと青梅街道へ出たのでホッといたしました。
相変わらずしとしと雨が降っています。



しばらく走っているとコンビニが見えました。よく見ると
そこに傘をさした小柄な女性が手をあげたので乗せました。
これは往復のお客様でありがたいと内心そう思いドァー
を開け乗せたのです。

「どちらまででしょう」

女性は
   
 「立川の災害医療センター」

とても弱々しい声で云いました。
発車して私は不思議なこともあるものだ。乗せたのもこの
病院そして今の女性の行き先も同じ場所。偶然でしょう。そう思い
ながらタクシーを走らせたのです。この女性は終始無言
でいましたがしばらくすると

「運転手さん今日はもうこれでお仕事終わりですか」

時計を見るとまだ午前1時すぎだったので

  「いえ、まだこれからもです」

「遅くまで大変ですね」
  
 「明日は明けで休みですから・・。ところでこう
    いうこともあるんですね」

「どうかしましたか」
  
 「いえ、お客様の前の方が災害医療センターから
    乗って、そして今度もお客様が同じ病院に行かれる
    のも不思議なことですね」

そして、またしばらく無言がつづいたのです。
やがて女性が

「運転手さん、その病院から乗った人、こういう姿でしたか」

その言葉でルームミラーで客席を見ると、さっきの包帯ぐるぐる
巻きの不気味な頭が見えたのです」
私は急に怖くなりタクシーを道端に止めハンドルに顔を伏せて
しまいました。 

翌日の新聞に東大和湖畔の外周道路で男女ペアーのバイクが
カーブを曲がりきれず横転し二人とも死亡したとの記事が出て
いました。



☆参加しています
立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

  


  • Posted by takachan  at 10:27Comments(2)

    2015年08月13日

    東京でタクシーやるならPARTⅡ


    ②東京都内のタクシー
    私が都内でタクシー乗務をしていたのは40歳代のころでした。
    入社したのは大手N交通でそのとき体験したことを基にお話
    をすすめてまいります。
    東京都内でタクシー乗務員を志す方がまず直面するのが数多く
    あるタクシー会社を選ぶことから始まります。
    そしてタクシーセンターによる「地理試験」に合格する必要が
    あります。この地理試験はタクシー会社が教育してくれて過去
    の問題集などで勉強することができますが近年では試験が難しく
    なっていて2~4回の受験で合格するようで、なかなか難関の
    ようです。

    東京都内では法人タクシー34930台、個人タクシー15564台
    計50494台(平成25年度)が走っています。
    タクシー会社は2~30台の小規模のところから何千台も保有
    する大手までさまざまでそれぞれに特徴がございます。
    そのような中から安定、安心を望むならば私は大手をお勧め
    いたします。しかし大手に入るには入社競争が厳しいのですが
    入社後にはタクシーの一から親切丁寧な教育制度をはじめ、一流
    企業などの固定得意先もあり無線営業によるバックアップ体勢
    も整っていて日々の売り上げに寄与されるからなのです。
    給料面でもオール歩合ではなく固定給と併用している会社もあります。
    更には福利厚生面でもとても充実しており安くておいしい社員食堂や
    快適な浴場や仮眠室などゆったりと寛げることもできます。

     ただ大手の会社ではタクシー経験者は敬遠しています。
    それは各社がそれぞれ独自の教育カリキュラムがあり未経験者
    の方が無地から自社流に育成できるとある指導教官が話して
    おりました。



     

     具体的には東京でしたら東京四社(大和、日本交通、国際、帝都)
    をお勧めしますが前述のように採用率はとても厳しく面接からの合格
    率は35%前後といわれていますがまずはトライしてみることです。
    面接はその人の人柄が大きく左右いたします。
    また、採用前にはとても細かな健康診断がなされ厳しい乗務に
    絶えられる体力かをチェックされます。
    入社以後には安心、安定と整った職場環境の中で勤務できるのも
    大手会社の特徴だと体験的に感じているところです。

    しかし大手の中には悲しいことに問題がある会社があるのも事実
    なのです。
    その詳細はこれをご覧ください。
    「キツーいお咎め」 http://tachikawa.tamaliver.jp/e70255.html


     東京都内の乗務は流し営業が主体となります。23区と武蔵野・三鷹
    を加えたとても広いエリアが営業区域となります。
    首都である東京には官公庁から一流企業、様々な施設などが集約されて
    います。これらを有効に活用することによって収入を増やすことも
    可能なのも東京エリアなのです。
    基本的に流し営業を中心に回転率のよい駅付け、病院付けや大手の
    場合には専用乗り場、さらにはマスコミ関係のタクシー待機所など
    営業手段は多くあるのでこれらを時間帯によって上手に組み合わせる
    ことによって売り上げの増加が見込まれます。


    私がよくやっていたのがNHKの地下職員用タクシー乗り場ですが
    ここに入るのがちょつと大変なのです。チケット専用です。
    NHKは比較的長距離の職員さんが多いのでタクシーが集まりすぎ
    入り口でガードマンが地下に16台入っていると拒否されます。
    なかなかの激戦区なのです。ですから私はNHKの周辺をぐるぐる回り
    チャンスをうかがい運がいいと入ることができます。
    NHKの職員乗り場からはよくテレビでおなじみの人がよく乗ります。
    特に好感をもったのは今は退職しましたがアナウンサーの加賀美
    幸子さんでした。けっして偉ぶらず優しい気持ちで接してくれました。

    また夜間の銀座地区の専用タクシー乗り場も時に長距離のお客様が
    見込まれます。夜間の銀座地区では乗り場以外では乗せることが
    出来ないシステムになっています。

    営業エリアが広い分、各地区の特徴もありこれらを活用するのも手です。
    そして広い営業エリアで慣れてきますと自分が得意とするエリアが 
    出てきます。それを時間帯によって上手に組み合わせ流し営業を
    するのも一つの方法です。
    たとえば下町が得意な人、山の手が得意な人など曜日や時間帯を考えて
    流すのです。とくにこの方法は休日勤務のときなど平日とお客様の
    流れが違いますので効果があります。
    私が都内でやっていた当時の日祭日の乗務のときには目黒通り、駒沢
    通り、世田谷通り、そして場所を変えて方南通りや早稲田通りなどを流し

    けっこうお客様に乗っていただき時には羽田空港などの中距離もあったのです。 

    最後に給料なのですがはっきり申し上げてかなり個人差が大きいのです。
    月収20万円~50万円の範囲が現在の状況と思います。
    したがいまして収入を第一に考える人には東京都内でタクシー運転手
    をしたらいいと思います。


    就活/何度も面接に落ちる人のために
    http://tachikawa.tamaliver.jp/e314263.html



    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

      


  • Posted by takachan  at 11:37Comments(6)

    2015年08月07日

    東京でタクシーやるなら PART1

    連日、猛暑日がつづいていますね。
    皆様お元気ですか。
     
     先日、ある読者さんからタクシーをやりたいけど東京都内と
    多摩地区とどちらが良いでしょうかとの質問をいただきました。
    そこで今回は多摩地区と東京都内のそれぞれの違いや特徴を2回に
    分けて詳しくお話をしてまいります。

    ①多摩地区のタクシー
     東京のタクシーの営業区域は二つに分かれていて都内23区・
    武蔵野・三鷹と三多摩地区(東京ローカル)とになっています。
     この二つの地域では営業形態や給料、乗務員証登録の流れ、
    そして会社の規模など大きな違いがございます。
    今回は東京ローカル三多摩(北多摩、西多摩、南多摩の各営業区域) 
    のタクシーの仕事の内容と会社選びなどを中心にご説明いたします。

    都内との大きな違いはローカルの場合は流し営業がほとんどなく、
    もっぱら待機営業になります。
    例えば駅や病院、官公庁のタクシー乗り場そして
    会社が決めた無線配車のための待機場所などの待ちの営業が主体になります。
    そのたの流し営業ではないので経験的には都内勤務と違い走行距離が
    少なく比較的に体力は負担が少なく楽だと思います。
    年配の人が多いのもこのことが理由の一つかもしれません。

             
     
     次に東京ローカル地区では大手会社は大和、日本交通、京王、西武などで
    他はほとんどは中小タクシー会社となります。
                      
                      (JR駅の待機中のタクシー群)
                
                   
     また、都内と違ってタクシーセンターによる地理試験がありません
    ので、わりあい容易にタクシー勤務が出来ると思います。
    乗務員に採用されますと、まず東旅協による新任教育を3日間うけて
    乗務員証が発行され、その後タクシー会社で指導乗務員と同乗して
    差本的なことや地理や駅などの客待ちに対するルールを学びます。
    東京ローカルでの会社の選び方で大切なことは多摩地区の
    どの地域で勤務するかによってのちの給料に大きく影響いたします。

     繁華街のある町、鉄道の交差する町、駅の乗降客の多いところ、
    ビジネスゾーンや商業施設の多いところなどはタクシーの利用頻度が
    多く従いまして給料も多くなるという訳です。
    一方、JRの駅でタクシーの待機車両が少なくバスの運行も少ないよう
    なところで結構な給料を得ている人もおります。逆の発想ですね。


     
     次に勤務時間ですが基本的には午前7時ころから深夜2時ころであと
    は任意の残業になります。会社によってローティショ ン制で出勤時間
    を決めているところも多くあります。
    いずれにいたしましても長時間の勤務なので
    健康面の自己管理が必要になってまいります。

     そして最後に気になる東京ローカルの給料なのですが手取り収入で
    おおむね20万~25万円といったところですが中には努力して
    30万円以上の給料を得ている人もおります。
    タクシーの場合、年功序列の賃金体系ではなく歩合給
    のためベテラン新人に関係なくコツコツと真面目に努力していれば
    平均以上の収入になるのもこの業界の特徴です。
    次回は東京都内がテーマです。


    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
      


  • Posted by takachan  at 16:00Comments(8)