たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2014年12月20日

事故を起こさない雪道運転の走り方

いよいよ雪の便りが聞かれる頃なりました。
年末年始で故郷やレジャーに出かける方も多いと思います。
なれない雪道での事故を防止するためのアドバイスです。
今回は雪国へドライブなさる方への雪道の走り方です。

 まずは私の雪道ので恐怖体験です。
旅回りのときでした。11月中旬、青森港からフェリーで北海道の
苫小牧に着き、ここから道央自動車道で旭川に向かったのです。
札幌を過ぎるまではとても良い天気だったのですが岩見沢を過ぎる
となんと雪が積もっていたのです。
しかもタイヤは夏タイヤ。やがて長い下り坂に来たときです。
私は無意識にギァーをシフトダーンしたそのときです。
車は大きく左に一回転しセンターのガードレール寸前で運よく
止まったのです。

 雪国の方はご存知でしょうが雪になれない方の参考にとおもいます。
私もかって本業で冬の東北地方を巡回してこのような怖さを何度も
体験いたしました。
そして、この地の雪国ドライバーの方から、いろいろと教えていただ
いたのでそれをご披露いたします。
雪道と云いましても圧雪路、シャーベット路、ミラーバーン、アイス
バーン、ブラックアイスバーンの路面の状態があります。
特に注意したいのがブラックアイスバーンなのです。
ブラックアイスは、1mm未満の厚さの氷膜が、舗装表面上にある
状態でドライバーから見て透明または黒く見えます。とても滑りや
すいのです。

また、橋の上やトンネルの出入り口も凍っている時もあるので注意が
必要です。


圧雪路やシャーベット路はタイヤチェーン(鉄・ゴム)でも雪にくいこ
むので走行出来ますがアイスバーンやミラーバーン等はチェーン
ではとても危険なのです。
それは鉄やゴムチェーンの鉄ピンが氷の上で滑るからです。
凍結路ではスタットレスタイヤが一番です。
それでも充分に速度を落として走行しませんと危険なのです。
雪国ではスタットレスタイヤが一番適していますが過信は禁物です。
雪路や凍結路とも急ブレーキや急ハンドルなど「急」のつく運転は
絶対禁物なのです。
それに急な下り坂の凍結路のミラーバーンはくれぐれも慎重な運転が
がとても大切なのです。
ギァーは2速ぐらいでエンジンブレーキを併用します。


又、雪国ではバッテリー、ワイパーゴム、ワイパー液の濃度
などの点検も行ってください。

①積雪

  ②アイスバーン(凍結路)   





            

   ③ミラーバーン









※この記事は2011年12月に発行したものを一部修正したものです

雪道情報の詳細は
※北の道ナビ  
  http://northern-road.jp/navi/index_guide.htm

まぐまぐメルマガ
  「タクシー運転手からの内緒話/番外編」
     まぐまぐ大賞受賞記念/いつも隣にNHK
http://archive.mag2.com/0000167798/index.html


※読者の皆様へ
  今年一年間のご愛読ありがとうございました。
  来年も皆様にとりまして良い年でありますように

           発行者/takachan  



参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
  


  • Posted by takachan  at 10:59Comments(8)