たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2014年09月23日

バス暴走・運転手を襲う突然の異変


最近、路線バスや高速バスの運転手が突然意識がなくなり
事故を起こす事例が増えています。
住宅街を走る路線バス、運転手が突然意識を失い車に
衝突し電柱にぶつかったり、高速バスの運転手が同様に
意識を消失して追突する事故も発生しています。
その原因は心臓疾患や高血圧による脳障害によるものが
多いということが主たる原因のようです。
今、バス運転手の体調急変による事故が増加していて
事故件数は210件、乗客や運転手などの死傷者はこの4年間
で196人になりました。大勢の乗客の命を預かるバス。
いったいバス業界の何が原因でこのような事故が多発している
のでしょうか。その背景を探ってみました。




路線バスの場合、出勤ローテーションが出番によって毎回
違います。ある日は早朝ダイヤだったり、また深夜ダイヤ
だったりで生活リズムが崩れ健康状態に影響いたします。
タクシー運転手の場合には早番、中番、遅番と分かれていて
毎出番、自分専門のシフトを常時繰り返して乗務しますので
比較的、生活リズムがとれるのです。そしてまた疲れが溜まった
時には定時で勤務を終わらすことも出来、自分の体調にあった
勤務が出来る自由な面もあるのです。

 路線バスの運転手の平均年齢46歳で中高年に属し体調
不良の出る確率が高くなり、事故原因になる場合も出てきます。
バス会社の定期健康診断で異常が見つかった場合、早い段階での
適切な治療を行うことが事故減少に繋がります。
そしてまた多数の乗客を乗せるストレスも一因と考えます。
これは車内人身事故を防ぐため常に安全運転に気を使います。




東京の場合バスの運行時間帯は深夜バスを含め朝5時ごろから
深夜1時すぎまでとなり、これを法定労働時間内に乗務させるには
一台当たり3人程度の運転手が必要となります。(大手バスの
場合)バス業界全体では待遇面からも人手不足が起きていて若手が
不足しているのが現状なのです。
ある大手会社では苦肉の策として高校卒業したての人を入社させ
一種免許を取らせ社内勤務をさせ3年後に会社負担で大型1種仮免
をとらせ(路上試験のため)その後大型2種免をとらせる
養成乗務員制度をつくり若手確保につとめています。

事故を減少させるには無理のない勤務体系や適切な健康診断、そして
給料面の改善も必要とおもいます。
誰でも乗る路線バス、安心して乗車できるようにしてほしいものです。


☆参加しています
立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

  


  • Posted by takachan  at 11:07Comments(4)

    2014年09月03日

    涙のハンカチ

     かって月に何度かアルバイトに行ってる病院の裏側がテーマです。
    うしろが小高い丘陵が連なっているその麓に6階建ての病院がひと
    きわ存在感を示しています。

     私はここで患者さんたちの送迎車の運転手をしておりました。

    患者さんが大勢いますので16台の送迎車で運行しているのです。

     この車のオペレーションを担当しているのが外来医事科の由美さんです。
    由美さんは他にも医療事務も兼任して毎日多忙な仕事をしているんです。

    ほとんどの日、夜8時ごろまで一人残ってサービス残業でこなしています。
    こんな彼女の働く姿を見ていると、いつも「一生懸命」を感じてなりません。

    この外来医事科には科長以下14名のスタッフがいて各科の看護師さん
    と連携をとりながら仕事を進めているのです。
    ところが、どう云う訳かこの科ではスタッフの入れ替わりがとっても
    激しいのです。
    採用され3日で辞めてった人を筆頭に半年もいたしますと相当数の人
    が辞めちゃうんです。
    そんな中、由美さんは三年目のベテランといった存在になっていました。
    医事科はどうして、こんなに人が辞めてしまうのか・・・。いつも疑問に思って
    いたのです。


    そして、ある日その謎が解けたのです。
    次々と短期間で辞めていく女子スタッフ。
     その謎とは・・・・・・。

    よく晴れた冬の日でした。遠くに富士山を望む病院の6階の職員喫茶
    室で偶然由美さんと同席したときでした。彼女は

      「親切な看護師さんもたくさんいますけど、なかには古株のオツボネさんのような
       凄くイヤな人もいるんです。いじわるしたり、高圧的だったり何かにつけ私を
       見下げた態度なんです。でも看護師さんとは連携の仕事だから・・大変です」

                            

    確かに私も由美さんの云う変な看護師と何度か接したことがありました。

       「私は看護師よ!貴方たちとは違うわよ」

     このいじわるそうな看護師に朝、挨拶をしてもけっして返ってはきませんでした。ですから由美さんのこの
    言葉には納得したのです。一種の職場のイジメ行為です。でも由美さんは今日まで
    じっと耐えて耐えてやってきたのです。多くの人はこれに耐えられず去っていったのです。
    そして上司である科長はこれ等のことを知っていても、いつも知らん顔で相談出来る
    雰囲気はまったく持ち合わせていないのです。
    私がこのブログでいつも申しています「管理職とは・・・」なのです。


     二ヶ月ほど前のことでした。
    外来医事科のコンピューターの調子が悪くてデータが出なくなった時でした。
    いつものイジワル看護師が医事科に入ってくるなり大きな声で由美さんを怒鳴りつける
    一件が起きて、大騒ぎとなったのです。


     それから暫く日が過ぎて先日、私は会議室で由美さんと話しました。

         「私、もう限界です・・・・・・」

               「もう少し耐える経験してみたら・・・・」

    由美さんは私をジィーと見つめ、目には涙が浮かんでいたのです。
    もう私は彼女に、これ以上の言葉を云うことができませんでした。

    退職の日、由美さんに送別の気持ちを込めてささやかなプレゼントを渡しました。

        

    その夜、由美さんからメールが届いたのでした。

                 -可愛いハンカチありがとうー









    ☆参加しています
    立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ


    誰にも言えない秘密のブログトーナメント - 恋愛ブログ村
    誰にも言えない秘密のブログトーナメント


      


  • Posted by takachan  at 16:22Comments(4)