たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2013年09月20日

エンディング・私がタクシーを退職した本当の理由は・・

 数年前の冬から春へと夜明けがほんとに早くなる頃でした。
私はある理由からタクシー会社を退職することにいたしました。
そんな中で多くの良き仲間との別れが心を重くさせました。
タクシー会社の所長から

「辞めるのはいつでも出来るから体の調子が良くなるまで籍をおいておくから・・」

と退職届を受理してもらえないのです。
そのときはとっても迷いました。車の運転は好きだし他人を乗せるのも
好きだ。だけどタクシーは体力的にも精神的にももう限界でした。
一方、本業の大判焼きの仕事もこなしていました。
自分の心が二つに分かれた。本業一筋でいこうか、いや自分は
運転手も好きだ。だからタクシーとは違う業種の運転手がいい。
そんな悩みの最中に友人から病院の患者さんの送迎運転手の話が
飛び込んできたのです。勤務条件といい私の理想とピッタリでした。
お金ではなく運転の仕事がつづけられればと・・・・・。
 紅色に染まった夕日を受けて三度目の退職届けを持ってタクシー会社に向かいました。
                   
 そしてこの日、懇願の末やっとの事で受理されました。
私の気持ちは新しい仕事につく前に進退をキチットしてスタートしたかったのです。
表向きでは体調が悪いことが理由でしたが実はもう一つの大きな訳がございました。
そしてこの事は退職が認められてから書くつもりだったのです。
先日の夜お世話になっていますタクシーの仲間の「38」さんから電話があったのです。

  「とにかく長い事この勤務形態でよく頑張ったよ大変だったよな。よくやった。ご苦労さん」
                    
 辞めるもう一つの理由がこの勤務形態だったのです。
この事に付きましてはブログ創刊のプロフィールに少し書きましたが改めてお話いたします。
私の職種は「定時制乗務員」と申しまして社員が欠勤した時の代替要員なのです。
したがいまして出勤ローテーションは全くなく乗務の前夜、当日朝そして日中でもタクシーが空くと
乗務依頼の電話で出勤するのです。
入社当時の定時制の人はほんの数名でしたが退職時には40名と増えてまいりました。
運転手の高齢化から嘱託から定時制に移行していました。
特に私の場合、会社の近くに住んでいますのでその頻度が多くなります。
ある日の夕方少し早めの晩酌をしていましたらタクシー会社から

「今、車が空いたのでこれから夜勤を頼みます」

当然に酒を飲んでいるので丁重にお断りいたしました。
そして、この依頼を断りますとしばらくは会社から電話がありません。

「あぁ~、やっぱり断ったので干されたんだな」

 そんなことがあってから四六時中いつでも出勤できるよう心がけておりました。
例えば床屋に行っている最中とか会合の時とかでも。
そこでこういう時には若干の時間をもらってから出勤するのです。
そして、いつ依頼の電話が来るのか、たえず気を張っておりました。
このような形態で数年やりましたが心身ともにとても疲れてしまったのです。
深夜勤務も歳をとると体力的にきつくなってまいりました。
そんな中で体調を崩していったのです。

ですからやっと退職届を受理してもらった時には心の中にあった重荷がとれ
爽やかな気持ちになりました。

 
 そして友人から話のあった病院の患者さんの送迎バスの運転手になったのです。
ここは週三回の出勤で一日午前二時間、午後二時間計四時間の仕事です。
決められた3コースを患者さんを各所で乗せながらの運転でとても楽でした。
ただ初めての医療現場でしたので多少の戸惑いもありました。
給料は時給がとてもよかったのでタクシーより少々下がった程度でしたし
そしてアルバイト運転手にもボーナスが支給されたのには驚きました。
     
                   
 
 


                           送迎バス時代の私

 この仕事を始めるときに、いよいよこれが私の仕事のラストステージだと
思いました。そのような気持ちがあってか患者さんに対応するにも心温かく
接したのでしょう。
仕事でも人生でもそしてこのブログもラストステージにたどり着きます。

そして今回このブログはラストステージになりました。

今日まで約7年間ものながい間325テーマ、多くの読者の皆様に支えて頂けたからこそ今日まで更新できました。

 そして私も精いっぱいブログづくりができたのです。
ついにエンディングを迎えとても複雑な気持ちでございます。
皆さん!本日までほんとうにありがとうございました。
心の底から熱い感謝をもうしあげ幕を閉じさせていただきます。

最後に皆様のご健康とお幸せを心からお祈りもうしあげます。

さようなら・・・・・・・

                     発行者 takachan

このブログは「たまりば」がある限りいつでも見てくださいませ。



発行からの各テーマのご案内→http://tachikawa.tamaliver.jp/sitemap.html


                 


**********                    
巡回ブログ
**********
☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

☆ タクシー運転手の日記
   (関西郊外のドライバーさん) 
              http://cooldriver-in-kansai.blogspot.jp/

参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
  


  • Posted by takachan  at 15:12Comments(18)

    2013年09月06日

    夢物語

     
     タクシー勤務は二日間が一出番になりますので月日の進み具合が
    とても早く感じられます。定年になったら憧れの場所を考えてます。
    都会の喧騒と狭苦しいところに住んでいますと 
    憧れの場所が出てまいります。

    それは、 かって旅回りで小さな漁港がある、とても小さな町なのです。
    漁業、林業を営んでいる人が多く行った先で私のお気に入りベスト1は
    新潟県の府屋というところで海沿いの国道7号線沿いの
    この町は山形県の県境が近いのです。
    ここには笹川の流れなどの美しい景勝や海水浴場も多くあります。

     
     なぜここなのか・・・・そこには東京にはないものがたくさんあるのです。
    日本海に沈む雄大な夕日、旨い新鮮な魚介類そして人情の厚い
    土地の人々などなど大きな自然の中にいる実感を体験できました。
    なぜかそれ以外にもどこのラーメン屋にいっても個性的な美味しさ
    があります。
    そして林業も盛んなので良い木材が多く、この地の建物は
    すべてどっしりとした昔風の家がならんでいます。

     しかしこの地も多聞にもれず過疎化の町になってしまいました。
    大きな屋敷の空き家もあり、月2万円もだせば借りれます。
    庭も広く家庭菜園も可能でとても魅力的な賃貸物件です。

     それに温泉もこんこんと湧き出ています。廃校になった中学校の敷地
    から湧き出て今では改装して宿泊施設となり「八幡の湯」として
    営業しております。
    そして近くの川では鮭も捕れるのです。海、山、川、そして温泉とさまざまな自然に
    囲まれた小さな町がとても気に入っています。

     夢のような話なのですが東京を脱出して再びこの素晴らしい
    町で暮らしてみたいなーなとど回想しているところです。



                    笹川の流れ




    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ



    **********                    
    巡回ブログ
    **********
    ☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

    ☆ タクシー運転手の日記
       (関西郊外のドライバーさん) 
                  http://cooldriver-in-kansai.blogspot.jp/
      


  • Posted by takachan  at 15:29Comments(4)