たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2013年08月27日

就活 / もっと、笑顔をつたえたい

 タクシー乗務員は誰でもどんなお客様にでも出来る限りの
サービスを提供したいと思っているはずです。
接客の際の会話から運転技術にしてもいつもお客様の側に
たっての気持ちなのです。しかし現実となるとそうは云っても
深夜になりますと身も心もヘトヘトになってまいります。人間
の堕落でしょうか・・・・。
今朝、心に思ったことが相手に伝えられない苦しさ。
特に夜間、短距離客が続きますと心がなよってきます。
これが現実の姿なのです。しかしこれを超越して出来る
人だけはプロフェッショナルなのです。
しかしこんな時、長距離客がつきますと気持ちが一転して

「よぅ~し張り切るぞ!」

さっきまでの気持ちも消え気分もガラリと変り声の質まで
変化いたします。
おおかたの人はたぶんそうだと思います。

 
 かって私が都内でタクシーをしていた時でした。昼食後に
大手町周辺のビジネス街を流しておりましたがなんと
三時間もお客様を乗せることができず気持ちはイライラ、
あせりも伴いまして相当落ち込んだ状態でした。

 そんな時でした忘れもいたしません。
内堀道りのビルの前で一人の女性が手を挙げたのです。
NHKの放送センターまでてした。
乗って会話して分かったのですが当時NHKニュースを担当
していた久能木アナ(現わたなべ あゆみ)て゛した。
彼女はとても優しそうな感じの良い人で
教養に長けた人だととても今でも印象に残っています。MHK放送センターまでの約15分の間、わたなべアナと楽しい会話がつづきました。
降りるとき私は自然に笑顔で挨拶しますと彼女も綺麗な発音で「ありがとう」と笑顔で応えてくれたのでした。

          

                        
           わたなべあゆみアナウンサー




参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

☆読者の皆さんいつもご協力ありがとうございます。励みになります!


  


  • Posted by takachan  at 15:13Comments(6)

    2013年08月17日

    首相公邸に幽霊が・・・・・

     朝日新聞によりますと先月30日阿倍首相が自民党幹部を
    公邸に招き食事会の時

    「私が公邸に住まないのは怖いからです。
     幽霊が出るから嫌なんで自宅から通っているのです」

     この公邸は1929年に建てられた洋館で薄暗くて不気味という。
    一方、首相の仕事場て゜ある官邸のほうは元小泉首相時代に
    近代的なビルに立替られました。
    しかし公邸のほうは犬養首相が暗殺された5・15事件や2・26
    事件の現場となり当時の官邸だったところを青年将校らが襲撃
    した血生臭い事件が起きたところでした。

     かっての森元首相が幽霊を見た話や実際に公邸に住んだ
    羽田功元首相の奥さんが

    「深夜になると庭に軍服を着た人たちがたくさんいるのを見ました」

    と暴露し、また野田前首相も

       「公邸には幽霊がてるらしいよ」

    と周辺に漏らしたようです。血生臭い事件で何人かの人が殺された
    場所というのは亡くなった人の怨念とかが存在しているのかもしれませんね。


       






                          首相公邸


    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ






      


  • Posted by takachan  at 11:35Comments(2)

    2013年08月12日

    JAL123便御巣鷹山墜落事故を想う

     この時期になりますと29年前の日航ジャンボ機墜落事故関連のニュ
    ースが毎年報道され航空機事故の恐ろしさを思い起こします。
     この事故の原因はジャンボ機後部にある圧力隔壁の破損して操縦の
    ための油圧系統が破損して操縦不能となり30分も迷走して御巣鷹山間
    部に激突したものと公表されております。
    墜落したこのジャンボ機は1978年6月2日大阪空港で着陸の際
    機首上げ角度が大きかったため、しりもち事故を起こしたJA8119機
    だったのです。

    ところがです、私が数年前、ある国防関係に携わる筋の人から
    とんでもない話を聞いたのです。
    あまりの衝撃で今日まで口をふさいでおりました。

     その内容とは、JAL123便は事故当日、大阪に向けて羽田を離陸し
    高度を上げながら順調に飛行し相模湾上空にに来た時でした。
          「ボーン」
    という大きな音がしました。国籍は申し上げられませんが飛行訓練
    中のジェット戦闘機がJAL機の垂直尾翼に激突して上部が破損したの
    です。
     
     このJAL機とジェット戦闘機の状況を「横田ラプコン」と云う
    米軍横田基地の空域レータ゛ーが監視していたのです。衝突した
    ジェット戦闘機の
    パイロットはパラシュートで緊急脱出し米軍の救難艇が
    救出したのです。
     一方のJAL機は操縦不能に陥りパイロットは必死で機体を立て直
    そうとしたのですが迷走を続けたのでした。

    この飛行状況を「横田ラプコン」のレーダーは追い続け
    関東北部でJAL機の機影が消えたので米軍厚木基地から海軍の
    夜間偵察ヘリが現場へ向かい山間部で炎が確認されたというのです。
     
    なぜ、この米軍救援ヘリが救出しなかったのかは今だに謎につつまれています。

    二度とこのような悲惨な航空事故を風化させないためにも今年も書きました。

                        
              




     

     墜落したJA1819号機


     



    事故で犠牲になられた方のお御霊に心から冥福をお祈り申し上げます。


    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ


    **********                    
    巡回ブログ
    **********
    ☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

    ☆ タクシー運転手の日記
       (関西郊外のドライバーさん) 
                  http://cooldriver-in-kansai.blogspot.jp/






      


  • Posted by takachan  at 18:51Comments(8)

    2013年08月03日

    泥酔魔女の宅配便

     
    立川駅のハナ番(先頭車)になりました。
    すると数人の男女の一見して酔客と分かるグループの一人
    の男性が

    「運転手さん、この人この住所まで届けてよ」

    そう云って住所を書いた紙と千円を渡されました。何人かで
    めろめろに酔って意識もない若い女性を客席に押し込む
    ように乗せました。私はまいったなぁー、ゲロでもはかなければよいが
    と心配しながら住所の紙を見るとなんと宅配便の送り状で

       「国分寺市西町○丁目×番地キリンハイツ○○号室
                       酒野酔美 (仮名)

     タクシーの運転手って住所で言われるのはとても苦手で大半の
    お客様は目標物などで指示いたします。
    乗った女性は酔って寝ていていますので聞くことも出来ず地図を出し
    該当する場所を確認して出発いたしました。十分ちょつとでその番地
    のところまで着いたのですがキリンハイツがなかなか見つかりません。
    タクシーを降りてこの付近を捜しましたがダメでした。
    丁度そのとき運よくパトロールのおまわりさんがきたので聞いたところ
    道路の奥まったところにハイツがあるとのことてした。


     おまわりさんに女性客が酔って寝ているので降ろすのに協力を求め
    ましたら心快く承諾してくれたので助かったのです。
    私たち運転手は酔客でも異性の体に触ってはいけません。
    しかしおまわりさんと一緒の時はその限りではありません。
    一番の心配はハイツの部屋の鍵の所在でしたがおまわりさんが酔客
    のハンドバックの中をいろいろと見てくれて鍵のホルダーが出てきました。
    部屋を確認したら二階でした。ここからが大変でした。
    おまわりさんが女性の頭部と肩を両手で抱え私は両足を持って
    運び出しましたが女性とはいえとても重いのです。

    この女性、見た目は多少美人系でしたがこの酔った姿には色気
    も何もありません。まことにみだらな姿をさらけ出した魔女風でした。
    鉄製の階段を二人して引きずるように運び何とか部屋の前まで
    たどり着きました。おまわりさんがキーホルダーでいろいろな鍵で
    試してやっとドアを開けることが出来入り口の入ったところのリビング
    に女性を横たわせてドアーロックして終わったのです。

    おまわりさんにお礼をいいますと

     「まったく今の女性は酒の飲み方も知りませんねぇー。
       永年警察官をやってますがこんなケースは始めてですよ。
                  運転手さんもとんだ災難でしたね。」




    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ






      


  • Posted by takachan  at 10:15Comments(4)