たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2013年07月26日

夏の夜の怪談・・・ 

 
 暑い夏にはこれにかぎります。とってもこわーいお話なんです。
その話とは・・・。それは何年か前の夜のことでした。丁度いまごろの季節だったと思います。
空車で甲州街道を新宿に向かって走っていたのです。小雨が降り前がとても見にくい夜でした。
笹塚の歩道橋の下で30ぐらいの女性が傘もささずに手をあげたので、お乗せしたのです。
    
「どうぞ、どちらまで参りましょうか」
 
    「外苑墓地までお願いします」

とても、よわよわしい声で云いました。
しばらくして女性はシクシクと泣き出したのです。
なにか車内には陰気な雰囲気になりました。
新宿の雑踏をすぎタクシーはやがて墓地下まで来たので
     
「お客さん、どのあたりで止めましょう」

しかし返事がありませんでした。
不気味に思って車を止め後部座席をひょいと見ると乗っているはずの女性が居ないのです。
そしてよく見ると座席がビッショリ濡れていてなぜか長い髪の毛が数本落ちていたのでした。
 
 実はこの話はタクシー業界で昔から伝わっている創作怪談なのです。
古い運転手の方ならほとんど知っているんです。私は、たまにお客様から
   
   「運転手さん、何か怖いおもいした事なあーい」

と云われますと、この話を声を一段おとして話すのです。若い女性のお客様には、
こんなセリフを付け加えてサービスいたします。
 
「あの晩は、お客様のようなキレイな方をお乗せしましてねぇ・・・」

                 




                  

              ※この記事は2008・6
                 アップしたものを一部修正したものです。


参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
  


  • Posted by takachan  at 15:48Comments(6)

    2013年07月18日

    私の仕事は旅すること

    真っ青に澄みきった青空の下。四キロにもおよぶj真っ直ぐな
    道路の両端には桜花、そして菜の花が美しい。
    ここ秋田県の大潟村はひろぴろとした田園風景が大きく広がって
    います。東北の大規模農業発祥の地です。
               

     この県の中央をゆったりとそして広々と流れ日本海に注ぐ
    雄物川を眺めているととても心が落ち着いてくる。この川
    の近くの新緑の神が村には洒落たコテージがあり、ここを
    いつも利用している。このコテージは我が家同然の自炊
    生活が気に入っています。たまの休日には、わらびや山菜採りにも
    行った。
    秋田の人は人がいい。お酒に始まり秋にはとても貴重な天然の舞茸も
    いただきご飯に入れて炊くとそれは香ばしい匂いと舞茸独特
    の味がひろがりこれはもうめちゃくちゃ旨い。天然松茸と同格だ。

    この時期の日本海は優しくおとなしく浜辺は小さな波が
    打ち寄せていた。しかしこの日本海、冬には一変して荒々しい海へと変化する。

     旅回りの仕事をしながら東北各地の温泉に入り温かい人情にも出合う。
    このとても素晴らしい日々にはなんと幸せなことだろう。

     ところがである。冬の東北は一変する。
    車で移動する私は雪に難儀する。雪もしとしと雪から吹雪に
    道路は凍結してしまう。
    本州最北端の大間に行くには雪との闘いでもあった。しかしそんな弱音
    をはいてはいられない。たくさんのお客様が待っていてくれるのだから。
    また、ここ大間の人も温かい。酒屋の若旦那にはたびたび
    陸奥湾のカニを採ってきてごちそうしてくれるし温泉のフロント
    の女性には朝取りイカの一夜干しをもらう。
    ここ大間の温泉は塩分が強く茶褐色した成分の強い温泉で
    いつも二日目で湯あたりして体調を崩すが、その後はとても
    調子がよい。



    吹雪の夜の凍結路を命がけではしる。
    そして北をめざす。
    しかし東北の小さい山村のお店では客数が少なくとも
    ひとつひとつ心を込めて焼き上げる。
    旅することと大判焼きを焼くことが私の仕事の基本なのです。


    時にはお客様から嬉しい言葉や励ましの声を聞く。
    これこそが旅をつづけられる原点だと思う。
    「旅することが私の仕事だから・・・」
    そして私たちを待っててくれている各地の多くの人々が
    いるからそれを楽しみに今日も走る。
    だから旅回りはやめられない。



    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ



    **********                    
    巡回ブログ
    **********
    ☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

    ☆ タクシー運転手の日記
       (関西郊外のドライバーさん) 
                  http://cooldriver-in-kansai.blogspot.jp/


      


  • Posted by takachan  at 10:33Comments(6)

    2013年07月08日

    それでも憲法変えますか

     いきなりドギツイ話になりますが・・・・。 
    もし憲法が改定されますと国防軍が制定されます。
    これは正に軍隊を持つことです。そして他国との戦争も
    想定されこれはまさに命と命の闘いでつまり殺し合いなのです。
    かっての日本はこの道を歩み、さまざまの尊い犠牲者
    をだしたのです。
    こんなことはまことに原始的国家のやることと思うのです。

                   
                          日本国憲法



     私たちの国は敗戦というとても大変な困難の中から反省と平和
    を願う中から立ち上がり現在の憲法が出来上がったものと解釈しています。
    現憲法は人間が生きて行く上でとても崇高な理念ある平和と民主的な
    ものと信じているところです。

     近代国家の優れた国では政治力で極力、戦争を避けて
    いると考えます。
    一方で独裁国家や外交能力の低い国ほど軍事力に
    力をいれたえず紛争が絶えません。

    武器を持たないことは平和を尊重している証拠です。

     我が日本は憲法を変えて軍隊を持ち、過去の歴史が
    証明しているように、やがて戦禍の中で殺し合いが
    行われます。そんな愚かな国になってほしくないのです。
    徴兵制の復活も考えられ若い命が戦場に強制的にもっていかれ
    戦わされるのです。死ぬかもしれません。
    その人たちが今の子どもや孫たちなのです。

    それでも憲法を変えますか。

    そういった意味からも今回の参院選はとっても重要な選挙です。




    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

      


  • Posted by takachan  at 12:26Comments(6)