たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2013年05月29日

ある生還した患者さんからの告白

一本の点滴より一口のスプーン
 病気というものはほんとうに突然おそってくる。身にこたえた。
それまでは注射さえしたことのない私が、旅先の岩手県の盛岡
で倒れたのは数年前のことだった。
動脈と心臓の急性疾患であった。救急車で岩手医大病院に運ばれ
循環器医療センターで十三時間にわたる緊急手術、意識不明が
半月も続き危険な状態でICUに二ヶ月もいたことを思うと今、ケロッと
酒を飲んでいる自分が信じられない。

 生き返った理由は有能な心臓外科の執刀医。旅先でめぐり合えた
名医でした。人と人との縁とはほんとうに不思議なものだ。
そしてもう一つの理由は「口から食べたこと」だった。
私は危ない状態の中、水も制限され栄養源は点滴だった。
やがて少し回復してくると離乳食のようなすりつぶした食事になった。
ところがこれを食べるのが大変なのだ。
二ヶ月もの永い間ベットでの点滴で全身の筋肉が落ちてスプーン
さえ持てない。
看護師が介助してくれるが飲み込む力がなくがんばっても一口の
おもゆを持て余す。あまりに苦痛なことと、ほとんど食べられない
状態では力がつかないと思い担当医に

  「点滴に戻してほしい」
                 

と頼むと彼は

     「一本の点滴より、一口のスプーンですよ」

 これには目が覚めた。口から食べられる状態にある人は口から
食べることによって身体に元気がもたらされるのだ。
担当医のこの言葉は私が口から食べられる状態にあることを暗示
している。困難でも口から食べることが命をつなぐ。本当にそう思った。
以来、私が苦しかろうが辛かろうが二時間近くかけて懸命に口から食べた。
みるみる力がついてきた。ほどなく普通食になり、それも毎回きれいに
平らげた。筋力が少しずつ戻り、血液の数値もよくなった。

人は突然病気になるけれど突然治る。

「一本の点滴より一口のスプーン」という言葉の力を感じながら私は
命をつなげてくれた盛岡の医療チームの方々に感謝している。

                                 朝日beより抜粋


参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
  


  • Posted by takachan  at 15:36Comments(6)

    2013年05月14日

    大日本帝国

    大日本帝国という名前は、もうとっくに過去のものになっておりますね。
    そこで今回はタクシーの「大日本帝国」のお話です。

     東京のタクシー会社の大手の中で業界では「東京四社」とか「大手四社」と呼ばれているグループがございます。
    大和自動車、日本交通、帝都自動車、国際自動車の四社です。
    この社名の頭文字を繋げますとどうでしょう大日本帝国になっちゃいます。
    これには、ちょつとした伝説めいた話がございます。
    それは終戦後GHQが日本を統制していた時代にタクシー事業免許を取得する際、
    社名をかっての帝国の名を残そうと考えた四社の経営者がそれぞれの社名に
    一文字づつ入れたというのですが真偽のほどは定かではありません。
    現在ではこの「東京四社」は東京のタクシーのリーダーシップ的な存在で四社共通チケットや
    統一ボテーィーカラーで良質なサービスの提供を実施して個人利用者をはじめ大企業、官庁、
    各種法人などから厚い信頼を得ているのです。
                         
    かって私が勤務しておりました日本交通の福利厚生の例を申しますと                  営業所には食堂が完備されて
    とかく栄養バランスを考えた手造りメニューで安くたべられました。 
                                   (四社統一カラー)

    また大浴場もあり乗務終了時の疲れた体を癒してくれたのです。
    独身者には社宅も提供されていて大手の福利厚生の充実を実感いたしました。
    そう感じるのは現在、勤務しているタクシー会社には、これらの設備がないからでしょうか。


                        
                   (この記事は2007.12月にアップしたものです)
                          

    参加しています
    face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ



    **********                    
    巡回ブログ
    **********
    ☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

    ☆ タクシー運転手の日記 - Japanese Taxi Driver's Log -
       (関西郊外のドライバーさん) 
                  http://cooldriver-in-kansai.blogspot.com  


  • Posted by takachan  at 11:44Comments(11)

    2013年05月05日

    深夜の出来ごと・まさかあのお方が!

     タクシー時代に一番印象に残っていることをお話いたしましょう。
    それは秋も深まった深夜2時ごろのことでした。
    この夜は幸運にも立川で終電客を東小金井まで送り、その
    帰路でした。会社に帰るには五日市街道が便利で走って
    おりました。小金井公園あたりだったでしょうか左側の歩道を
    時々後ろを振り返りながら歩いているスーツ姿の男性が目に入ったのです。

      「直感的にタクシーを探してるな」

    そう感じ徐行したら案の定、手を上げタクシーを止めたのです。
    帰り道だし今日はツイてるなと思いました。
    ドァーをあけ乗りますと

       「八王子までお願いいたしますがあの~一万円でまいりますか」

    八王子と申してもとても広いので

            「お客様、八王子のどの辺ですか」

    すると声が一段低くなり

        「多摩御陵までなのですが・・・なにしろ終電車が途中で終わりましたので」

            「そうでしたか、ハイ分かりました。中央線の高尾の手前です。
              料金はここからですと八千円程度だとおもいますよ」

    「わたくし、よく存知ないのですが・・どの位の時間で着きますか。
            明朝7時前には千代田区まで帰らなければなりませんので」

    どうも乗った時からどこかでお見受けしたお顔と思っておりましたが、
    まさか高貴な方がこの時間歩いたりタクシーに乗るはずがないし
    たぶん似た人だろうと思っていましたが、ふと頭の中に

    「上品な言葉づかい」 「多摩御陵」 「タクシーなれしていない」
    「千代田区」 「明朝7時」

    これらのキーワードでルームミラーでお客様を確認すると

      「えっー、まさか!!・・・・・・・」

     きっとこの方、何かとっても大きな悩みを抱え多摩御陵の天皇、皇后の
    の墓参に人目を避けこんな深夜にきたのだろうか・・・・。
    私は心の中で今の状況をなぜか否定したかった。

    やがて甲州街道から右に入り御陵参道に入っていくと

    「こちらですね。御陵は・・ここでけっこうです。
                    ありがとうございました。」

    御陵の周りは深い霧に包まれその方の姿は霧の中へと消えたのでした。

                   

                        




                                多摩御陵

    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ





       


  • Posted by takachan  at 15:28Comments(4)