たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2012年07月27日

危ない関係 / マネキン編

 その昔、博多名産の辛子明太子のテーパートで催事販売をしていました。
月に一度ほど地方のデパートに行っていたのです。
そして今、そのときの静岡の夜を思い出したのでお話いたしましょう。

 静岡○坂屋のデパ地下での初日の売上げは37000円ほどでした。
繁盛店の10分の1しかありません。
二日目、三日目も同様でパァ−つとしないんです。
 この売上げを女性マネキンさんと私の二人でやったのですがのです。
お客が少なくて暇をもてあます始末でマネキンの彼女との私語雑談で
時間をつぶすありさまです。
そして、彼女は売上げの少ないことをとても心配して同情をして
くれたのです。30才代のポチャ系の可愛い女性でした。
 訳あって離婚したことも売り場で話してくれたのです。
4日目の閉店近くでした。

   「社長はどこに泊まっているの・・・」
 
 この業界では販売に来た私たちを彼女たちは皆、社長と呼んでいる
ようなのです。まぁー、たしかにマネキン代は私が支払うのですから・・・。


  「いつも旅まわりなんですか?」

 どことなしに上目使いで聞きました。私は今回が始めてと云うと

  「そぉー、それじゃ一人じゃ淋しいでしょ、今晩飲にいきましょう ょ〃。私、案内するわよ」


                    

 閉店後、二人並んで静岡のネオン街を歩いたのです。
そして知らない始めての土地でとても開放感も感じたのでした。
案内されたのは余り大きくないスナックのような店でした。
駿河湾で採れたという旨い魚を食べながら
飲むほどに彼女との会話が盛り上がってきたのです。
二人でカラオケのデュエットもしたりして・・・。
 もう売上げのことなどすっかり忘れて静岡の夜が更けていったのです。
そして私たちは互いに男女の何かを感じ

「私、久しぶりだわ~こんな夜は・・・・・・ねぇー社長」

その言葉で私たちは肩を寄せ合って目的の場所に向かったのです。


参加しています
face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ


  


  • Posted by takachan  at 12:45Comments(2)

    2012年07月22日

    首相補佐官からの返事

     先月このブログで夢よもう一度!で民主党にたいして疑問点や問題点を
    提起いたしましたら衆議院議員、長島昭久首相補佐官より次のようなお返事がまいりました。

    村松様、ブログ拝読いたしました。
    たしかに2009年の夏の熱狂を思い起こす時、現在私たちが直面している現実の課題は本当に困難なものばかりです。
    弱音を吐くつもりはありません。政権交代以来、理想と現実の狭間でもがき苦しんでまいりました。
    しかし、これ以上将来世代に借金のツケを回すことはできません。
    増税の前にやることがある。確かにその通りです。私たちも批判にさらされ
    ながら歳出の無駄削減をこれまでに17兆円実現してまいりました。
    長きにわたり利権の温床となっていた社会資本整備特会はじめ特別会計の廃止や一般会計化を断行してまいりました。
    天下りも政権交代前に比べ6割減を達成しました。
    もちろん、まだまだです。しかし、こういう地道な努力の積み重ねでしか、現実の課題を解決することはできません。
    マスコミも、決して「政権よくやった!」とは報じません。弱音を吐いているのではありません。
    村松様には、ぜひご理解いただきたいのです。どうぞよろしくお願いします。

                                 長島昭久拝
       
                           

                               





                                 
                                 長島昭久首相補佐官
                                  (東京21区選出)

    参加しています
    face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
      


  • Posted by takachan  at 16:10Comments(6)

    2012年07月15日

    ある現役乗務員からの告白 PART 2

    先回のKMタクシーの現職乗務員さんから新たな投稿がございました。
    今回は「告白シリーズ」第二弾です。

     一番暴露したい話は昨年12月に起きたソフトバンク社員によるタクシー運転手殺人事件。
    実はこの事件は殆どのマスコミが報道しなかったのです。
    私の在籍しているKMの三鷹営業所の乗務員でした。
    私はG営業所です。
    ひどいのは乗務員が病死もしくは事故死の場合、組合掲示板もしくは会社掲示板に
    顔写真つきで訃報の発表があるのですが、会社も加害者側のソフトバンクと協力?
    訃報すら発表しませんでした。
    人の命をなんと思っているのか(怒)
    亡くなった乗務員の無念さを思うと悔しくなります。

    他にも私の営業所の屋上で乗務員が首つり自殺をしました。
    遺体下には遺書があったそうです。
    会社内で自殺・・・ということは会社に対しての抗議と思ってます。
    当時。社長含め上司は顔真っ青でオロオロしてました。
    そのあと私は乗務で出発。
    数日間は仲間同士で「誰が?」と話し合いました。
    噂で乗務員の名前はわかりました。
    会社からは一切公開無し。
    またもや訃報すうら発表してません。

    「人は城・城は石垣」という言葉があります。
    新聞広告欄を見るとタクシー乗務員募集欄が毎日のようにあります。
    いかに定着率の悪い業界というのがわかります。
    いつまで経ってもいい人材は育ちませんね。




    参加しています
    face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ





    **********                    
    巡回ブログ
    **********
    ☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

    ☆ タクシー運転手の日記 - Japanese Taxi Driver's Log -
       (関西郊外のドライバーさん) 
                  http://cooldriver-in-kansai.blogspot.com

      


  • Posted by takachan  at 11:04Comments(6)

    2012年07月10日

    炎上

     今日は梅雨の中休みで晴天の炎天下になりました。 
    そして地球温暖化がつづいています。いろいろな専門家などによりますと
    なんと60年後には今の気温より2.0℃~2.8℃も高くなるとシュミレーション
    しています。また気象学や海洋学の先生がたも同様な意見なのです。

     しかし私の意見はもう少し現実的かつ身近なものです。
    温暖化の考え方はかって政治家が言った

      「コンクリートから人へ」

    なのです。皆さん全国どこえ行っても道路のほとんどがアスファルト
    舗装です。特に都市部ではその面積が大きく、なおかつ建物は
    コンクリート製が乱立しております。
    これでは太陽熱を吸収できません。反射熱を外気に放出しています。さらにそれに加え
    自動車からの放射熱とエアコンからの放射熱で外気は異常高温となって
    しまいます。これが私たちの住む都会の現実なのです。
    さらに近年では東京湾沿いに高層ビルが出来て涼しい浜風を遮断させ
    積乱雲の異常発生に繋がっております。

    結局人々は住居やオヒスなど限られた空間のみをエアコンで冷やして
    いるといったマクロ的なものといえましょう。

    芝生の土地や森の木陰では3℃~4℃炎天下よりも気温が下がります。
    この原理をもっと活用してより自然に近い環境で温暖化の防止を
    考えたらと思うのです。
    私たちの住む地球の内部は超高温の火の玉です。あまり自然を
    破壊しますと地球炎上となるかもしれません。

                 


    参加しています
    face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
      


  • Posted by takachan  at 11:20Comments(6)

    2012年07月04日

    恐怖の六時間 (復刻版)

     連休最後の日の朝でした。立川駅からタクシーに乗ってきたのはYシャツにボサボサ頭と不精ヒゲの若い男の人でした。
    持っているものは小さなコンビニ袋とペットボトルだけ。

       「センダイに行ってください」
      
          「えっ、センダイって東北の仙台ですか」

     なんとはなしに雰囲気から不安を感じたので近くにいた同僚に相談した。彼が男の様子をうかがうと
     
    「ちょつと変だよねー。本社に無線いれたら」

     すると本社からすぐに無線で指示が入った。遠距離なので料金の確認と二人乗務でとのこと。
    お客に了解をとり乗務員を迎えに車庫へと向かった。
      
        「女性の運転手はいませんか」

     この言葉にさらに妙な不安を感じたのです。車庫近くの公園の前で 

       「止めてください。ヒゲをそりますから」

     そういって袋からカミソリとカッターナイフを取り出し降りていったのです。
    この刃物をみて気味が悪くなりました。まもなく戻った顔を見ると口のまわりに血がにじんでいるのです。
    なにか異様です。車庫に着くと操車主任が駆け寄ってきたので

     「なにか変です。お客を見て下さい」

    主任はドァーを開けて客席をのぞき

         「相当長距離なので料金のご用意ありますか」 

      「あります」

    低い声で言った。車庫待機の運転手が心配そうにみていて
     
       「金、大丈夫かなー」 
              
              「おかしいよ覚せい剤でも・・・」

     主任が

    「万が一なにかあったら警察に飛び込んで下さい。充分きおつけて〃」

    この判断で山川乗務員とのツーマンで不安を抱きながらも仙台へ向けてスタートしたのです。

           
      ツーマン乗務で幾分緊張がすくなったのですが車内は無言で張り詰めた雰囲気だった。
    ときおり客席からカチャ、カチャと刃物の音が無気味に聞こえた。
    こんな状態を少しでも変えようと山川乗務員と意識的に会話を交わしたのです。
    突然男が云った。

    「石巻まで云ってください」  

     石巻といえば仙台からさらに北上します。すかさず山川さんが相当な金額になるので内金お願いしますと云った。  
    大泉IC近くになった。コンビニに寄りたいとのことでそこで止め、ここまでの料金、約一万円を支払ったので少し安心した。
    高速に入り東北道を進む。

                

    途中PAで運転交代を言うと、そのまま走れという。そして刃物のカチャ、カチャガ聞こえた。
    しかし郡山を過ぎたあたりで車両点検を理由に強引に安達太良PAに入る。
    その後、宮城県に入り管生SAで交代、料金は九万円ほどになつた。
    車はさらに北上し仙台南から三陸道に入る。ここから五十Kほどで石巻だ。
    この東北地方はかって旅回りの仕事でよく走っていたので地理には詳しい。
    やがて「石巻IC」「石巻港IC」の標識がみえた。

      「どちらのICでおりますか」

    返事がない。車内が凍りつく雰囲気だ。しばらくすると

      「港に行ってください」

    石巻港ICを出ると東埠頭、中央埠頭の看板が目にはいった。

       「どちらの港へ」

     しかし返事がない。そのうち郊外へ行け、マンガ館だ、食堂だとくるくるとかわる。
    いよいよ最悪のケースかと心臓が高ぶる。知らない町をぐるぐる走る.
    食堂を探し石巻の町中を走りつづけるしかし男は無言。
    なかなか食べ物屋が見つからない。すると、そば屋があつた。


       「お客さん、そば屋ですよ」  

          「ここで降ります」

    男はコンビニ袋から、シワシワの封筒を出し料金128130円を払いだまって降りたのです。
    なんともあっけない幕切れでした。
    午後4時を少し過ぎたころでした。しかし帰りの東北道ではドット疲れを感じたのでした。

                                       -終わりー

          ※この記事は2009年アップしたものを修正したものです。

        




    参加しています
    face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ



    **********                    
    巡回ブログ
    **********
    ☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

    ☆ タクシー運転手の日記 - Japanese Taxi Driver's Log -
       (関西郊外のドライバーさん) 
                  http://cooldriver-in-kansai.blogspot.com

      


  • Posted by takachan  at 15:08Comments(4)