たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2012年03月25日

大往生したけりゃ・・・

        現役の医師の中村仁一さんの著作

  大往生したけりゃ医療とかかわるな

 私は以前に大腸ホリープに癌があって手術したこともあってこのタイトルに惹かれて
読み終わったら妙に納得したのです。
それは高齢者に対する自然死のすすめでした。

 最初に皆様に誤解してほしくないのはこのテーマは
あくまでも老人などの高齢者を対象として書かれているということで若い
世代には当てはまらないことを申しておきます。

 年を取って高齢になれば、いずれ必ず死を迎えます。
そういった終末期のときに医療を選んで少しでも延命をはかるか
、それとも昔のような自然死=老弱死をとるか・・・・・。
終末医療現場の体験から中村医師は、苦しみもなく、痛みや
恐怖、不安、寂しさも感じない自然なる終焉を強調しています。

 医療や介護にどっぷりとつかった終末医療の胃ろうを始め
点滴、酸素吸入、鼻チュウブ栄養などは患者に苦痛を与えて
の若干の延命処置に過ぎないといっています。
死ぬなら「がん」が一番楽な病だそうです。
ただし抗がん剤や放射線治療をさけることにより痛みはなく
眠るがごとくだそうですが、この部分は私は体験がないので
なんとも申しあげられないのですが、私の父がすい臓がんで
亡くなるときは痛みも苦しみもなく安らかに旅立ったのが
印象に残っているのです。

この本の見出し
   
   ☆ 医療が``穏やかな死、、を邪魔している

   ☆ 「出来るだけの手を尽くす」は
                「できるだけ苦しめる」

   ☆ 癌は完全放置すれば痛まない

                          (他)

                幻冬舎発行  798円


face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ




**********                   
巡回ブログ
**********
☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

☆ タクシー運転手の日記 - Japanese Taxi Driver's Log -
   (関西郊外のドライバーさん)
 
     http://cooldriver-in-kansai.blogspot.com

☆ 心身一如

  神戸市西区で鍼灸治療院 和み堂を営む院長さんのブログです。
  http://come-together.sblo.jp/   


  • Posted by takachan  at 14:53Comments(2)

    2012年03月19日

    就活・タクシー東京ローカル編

     東京のタクシーの営業区域は二つに分かれていて都内23区・
    武蔵野・三鷹と三多摩地区とになっています。
     先回は東京都区内を中心としたテーマでしたが今回は東京ローカル
    三多摩(北多摩、西多摩、南多摩の各営業区域) のタクシーの仕事と
    会社選びです。
    都内との大きな違いはローカルの場合は流し営業がほとんどなく、もっぱら
    待機営業になります。例えば駅や病院、官公庁のタクシー乗り場そして
    会社が決めた無線配車のための待機場所などの待ちの営業が主体になります。
    そのたの流し営業ではないので経験的には都内勤務と違い走行距離が
    少なく比較的に体力は負担が少なく楽だと思います。
    年配の人が多いのもこのことが理由の一つかもしれません。

             
     
     次に東京ローカル地区では大手会社は大和、日本交通、京王、西武などで
    他はほとんどは中小タクシー会社となります。
                      
                              (JR駅の待機中のタクシー群)
        
                   
     また、都内と違ってタクシーセンターによる地理試験がありませんので
    わりあい容易にタクシー勤務が出来ると思います。
    東京ローカルでの会社の選び方で大切なことは多摩地区の
    どの地域で乗務が出来るかがのちの給料に大きく影響いたします。

     繁華街のある町、鉄道の交差する町、駅の乗降客の多いところ、
    ビジネスゾーンや商業施設の多いところなどはタクシーの利用頻度が多く
    従いまして給料も多くなるという訳です。
    一方、JRの駅でタクシーの待機車両が少なくバスの運行も少ないような
    ところで結構な給料を得ている人もおります。逆の発想ですね。

     次に勤務時間ですが基本的には午前7時ころから深夜2時ころであとは
    任意の残業になります。会社によってローティショ ン制で出勤時間を
    決めているところも多くあります。
    いずれにいたしましても長時間の勤務なので
    健康面の自己管理が必要になってまいります。

     そして最後に気になる東京ローカルの給料なのですが手取り収入で
    おおむね20万~25万円といったところですが中には努力して
    30万円以上の給料を得ている人もおります。
    タクシーの場合、年功序列の賃金体系ではなく歩合給
    のためベテラン新人に関係なくコツコツと真面目に努力していれば
    平均以上の収入になるのもこの業界の特徴です。


    icon31読者登録のご案内
    ****************
    読者登録をいたしますと、このブログの最新版をメールで
    お届けする便利なものです。
    登録はメールアドレスを入れるだけで簡単にできますので
    どうぞご利用ください。
    登録ボタンはこのページ左側の下方にございます。


    ☆参加しています
    立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ



     
     
      


  • Posted by takachan  at 15:54Comments(4)

    2012年03月14日

    立川市アメリカ村

     タクシーをやってますと時にはチョツト変ったところに行くこともあります。

    立川駅北口から乗った人が

      「アメリカ村まで」

     このアメリカ村とは昭和記念公園のすぐ北側にあるかっての米軍ハウスです。ここは広い敷地に数十棟のハウスが
    建っていてこのゾーンに入りますと周囲の景色が一変してアメリカ映画に出てきそうな住宅地が広がってます。

    ゆったりとした道幅の広い道路、各庭先には青々とした芝生がありバーベーキュウも出来るようです。そして白いペンキ塗りの洒落たハウス。

    今でも横田基地の米軍家族や日本人のアーチストや芸術家なども住んでいます。

    このアメリカ的な風景のためかテレビドラマや映画などのロケにも使われています。


     かっての基地の町、立川の残像を今に残すアメリカ村なのであります。







    **********                   
    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ




       


  • Posted by takachan  at 12:27Comments(4)

    2012年03月07日

    危ない関係/熟女編

     終電車の時間帯でした。立川駅から若い女性のお客様を15分ほどかかる
    郊外の村山団地までお送りして空車になりその帰り道でした。
    この団地の入り口のそばにあります「赤ちょうちん」の前で女性が大きく手を
    振ったのでお乗せしたのです。中年の熟れた感じの女性でした。

     「どちらまで参りますか」

         「運転手さん今、何時」

     「えーと2時少し前ですが」

         「あそー、じゃー幸町のスナックPまで行って」

     このスナックは車庫に近いのでラッキーと思いこれで今日は終わりにしょうと
    決めたのです。途中、このご婦人お酒を召し上がったようで他愛ないことを
    話かけてくるのです。

        「まったくねぇー、一人は寂しいよねぇー」

     「そうですよね、生きていますと色々ありますから・・・・」

        「私なんか主人が長いこと単身赴任でね・・運転手さんなんか寂しいときってある?」

    「そりゃーありますよ、誰でもそうだと思いますよ」

        「じゃー、そんな時どうするの」

    「そうですね、酒とかカラオケとか、あと友達とワイワイでしょうか・・・」

        「カラオケするんだ」

    こんな会話をしていますと、今日はこれで終わりだし、カラオケをしたい
    気持ちに急になったのです。

    「スナックPのカラオケの音響はすごくいいですよね」

        「あら運転手さん、P行くんだ、だったら一緒にカラオケしようよ」

    結局、私は仕事を終えてこのスナックに行くことにしたのです。

                    


    ご婦人からタクシー料金を頂いてメーターを空車に戻したときでした。

         「ピーンポーン」

     

     

     無線配車のチャイムが鳴ったのです。私は習慣でしょうか無意識のうちに
    配車了解ボタンを押したのでした。

    ご婦人はその音を聞いて

        「あら、この音なあ~に」

    「あっ!しまった!押しちゃいました。いゃーゴメンナサイ仕事が続きます。こんど是非に・・・・・」

    いやはやモニター画面には次の配車先が表示されていたのでした。


                face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ


                


  • Posted by takachan  at 09:56Comments(7)