たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2011年11月28日

可憐な看護師さんに

 今回は病院の送迎バスの運転手の時がテーマです。
この病院では院内感染なども考えてでしょうか年に4回、職員
の健康診断が行われます。
そして検診の採血はいつも新人の看護師さんが担当して、なぜか送迎係り
の運転手(全員男性)がいつも一番目なのです。
私の血管は見づらくて刺す場所を見つけるのに苦労いたします。
まして新人さんは難儀して可愛そうにも思うのです。

腕をまくって待ってますがなかなか針が入りません。

「ブスー」

 「あれ!間違えちゃつた。ゴメンネ」

 腕には激痛が走ったのですが私はなぜか心にもないことを

  「大丈夫ですよ。誰でも最初はこういんもんですから・・・」

そんなことをいっても、また痛いかと思うと無意識のうちに
腕には力が入り不安な気持ちになったのです。
今度は注射針がブルブルと震えながら腕に刺さり

  「痛ーい!」
            

飛び上がるほどの痛さです。血管を針が突き破ったような感じです。
きっと新人看護師さんが緊張のあまり力が入りすぎたのでしょう。

ま、実験台になる人がいてだんだん上手になっていくんだと
そう心に言い聞かせたのです。
それにしても乙女の新人さんの採血はすごく痛かった。

次回の検診が恐ろしく感じたのでしたがこの人もいろいろと失敗して
一人前の看護師になるのかとおもうとちょつと可愛く思いました。

参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
  


  • Posted by takachan  at 12:28Comments(6)

    2011年11月18日

    お金が上から降ってきた

     この話はかって都内でタクシーをしていた時のことです。
    秋も深まり枯葉が落ちているころの午前4時ごろでした。
    新宿から三鷹の営業所へ帰庫しようと青梅街道を下り中野坂上の
    交差点に入ろうとしたらタクシーが横転しているのです。
    よく見ると当社のツートンカラーの車ではありませんか。
    驚いた私は車を路肩に止め側にかけ寄って再び驚いたのです。
    フェンダーに「三鷹」の文字が目に入ったからです。同じ仲間の車なのです。
    屋根が下になり車輪が上のあお向け状態でした。
    ドアーが半分ほどつぶれてその中に乗員の姿があったのです。
    後部席には乗客がいなかったのが救いでした。
    当時はまだ携帯がなかった時代で急いで
    近くの公衆電話から119番と営業所に連絡をいれたのです。

    「えっー!Nさんまたやったんですか」

     間もなく救急車が来たのですがドアーが、つぶれて開きません。
    救急隊員と一緒になって車を起こしバールでドアーをこじ開け救出したのが
    後輩のNさんの痛いたしい姿でした。
    このNさん、この月に2回も事故を起こし営業所で話題になっていたのです。
    しかし彼は常に「ベスト5」に入る稼ぎ頭なのです。
    救急車に担架で運ばれるときNさんは私に   

    「車がひっくり返った時、お金が上から降ってきたので拾っておいて下さい」

                                          
     この言葉にあっけにとられました。
    たいした怪我でなければいいが・・・

    そう思いながら警察の検証を見守りながら会社の事故係の到着を待っていたのです。


    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ



      


  • Posted by takachan  at 13:35Comments(4)

    2011年11月11日

    ラブラブタクシーでは・・・

     先日の深夜、ホステスさんと若い男性をお乗せしました。
    たいがいこう云うパターンは客席で愛の行為が行われる事がよくあるんです。
    しかし相性の良くないカップルになりますと  

      「モーテルに行こう」             
                「行かない」

    でもめる事もあります。このお二人さんも、とてももめておりました。
    それを聞いてた時、頭の中にひらめいたのです。
    いっそのことモーテルタクシーを登場させたらどうでしょうか。
    大きめなワゴン車を改造してキャンピングカーの様にして客室にベットやソファー、
    テーブルを置き、そして冷蔵庫には飲み物をご用意して、そうそう、それにDVDもつけ
    てゆっくりと寛いでいただくのです。
    そしてお客様のご希望のコースを走ります。例えば
                            

     「レインボーブリッチコース」とか

           「港の見えるコース」

    とか美しい夜景を眺めながら愛を盛り上げるんです。
    窓はマジックガラスで外からは車内がみえません。そして運転席と客席は仕切られて
    いてお互いに顔が見えません。料金は自動支払機、会話はインターホーン。
    そして最後にカップルのそれぞれのご自宅にお送りいたします。

    皆様こんなタクシーあったらご利用なさいますか。


    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
      


  • Posted by takachan  at 11:14Comments(8)

    2011年11月04日

    懲役20年と書類送検

     先日、最高裁判所で福岡3児死亡交通事故で、飲酒運転
    による加害者に懲役20年の刑が確定しました。
    云うまでもなく飲酒運転は故意による最も悪質な犯罪で
    ご遺族の心情を考えても妥当な判断だと思います。

    一方、先月愛知県で交通事故で重症を負った人を
    救急車で病院へ運ぶ途中、その人が意識が低下
    したので、救命士が車内に設備してある輸液を静脈
    に点滴したそうです。
    そして病院で治療を受けて快方に向かっている
    との事です。
    しかし、愛知県警はこの救命士を

    「救急救命士法違反」  

           



    で書類送検するようです。それは救命士は心肺停止
    以外の点滴は禁止されているからとの事・・・・・・。


    ※書類送検とは・・・・

      比較的軽い刑法犯や特別法犯(道交法違反など)の
      容疑者で証拠隠滅や逃亡の恐れがない場合に逮捕
      など身柄を拘束しないで調書だけを警察から検察庁
      へ送ること。
      その後、検事が起訴(裁判にかける)か不起訴(裁判
      にかけない)かを決めます。



     参加しています
    face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

      


  • Posted by takachan  at 14:02Comments(2)