たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2011年08月30日

投票しましょう!

 私が住む立川市では9月4日投票の市長選挙があります。

友人、知人の中には

  「俺は選挙には関心がないから・・・・・・」とか

「僕が一票いれても世の中なんて変らない」

などと云う人もおります。しかし、そういう人に限って何か
あると政治が悪いとか言いますが私に云わせれば、そう
云うんだったらちゃんと投票という行動をしてから云うべき
と思うのです。
それは投票率に表れています。
前回の市長選では42.86%、前々回45.14%となっています。
投票率を上げるには電子投票の導入も検討したらと思います。
税金の確定申告の電子申告や金融機関のインターネット
バンキングなど時代の流れに適応したものが実行されています。

 今回の市長を選ぶ選挙は私たちの日常の暮らしに大きく
関係するもっとも身近なものです。
これからの立川市のマネージメントを誰に託すかを
決める選挙なのです。
この選挙には清水庄平さん(66) 村田光男さん(60)
吉岡正史さん(37)の三人が立候補しています。


私も投票に行きます。
     立川の皆さ~ん、投票に行きましょう!



※立候補の皆様


   

  清水庄平さん          村田光男さん
                   
  






  吉岡正史さん


           ☆立川青年会議所が主催した

         市長選挙 公開討論会の動画

             http://www.tachikawajc.or.jp/             
  


  • Posted by takachan  at 10:26Comments(4)

    2011年08月21日

    華の女子大生との思い出

     四月は年度替りなのでしょうか街にはフレッシュマンの姿が見うけられます。
    そんな中で、先日はこんな事があったのです。
    立川駅の乗り場に大きな荷物を両手に持った「ウイウイしい」お嬢さんが乗りました。
    行き先は隣接する国立市です。
    この日は近くの昭和記念公園の桜が満開で駅前がかなり混雑しておりました。  

    「駅前抜けるのに少し時間がかかりますので」

        「東京は人も車も多いんですね」

    その後の会話から彼女は地方から上京して国立市の著名な大学に入学したそうです。そんな話しをしていますと
         
    「運転手さん、いま料金幾らぐらいですか」

    この言葉で彼女は手持ちのお金の心配だなぁーと察したので
       
    「クレジットカードでもいいんですよ」
          
    「いえ、持ってません」

    とても心配そうな返答でした。きっと始めての地で距離感が分からなかったのでしょう。
    そこで色々考えてみたのです。もし不足が出た場合サービスするのは簡単です。
    でも、それがはたして若い彼女に本当の親切はなんだろうか・・・。そこで
       
    「不足のお金が出ましたら都合がついた時でいいですよ」

    結局、到着時に千円ほど足りなかったのです。そこで私の預金通帳の番号を教えたのです。

    次の明け番の日に郵便局にいったのです。
    通帳にはちゃんと入金になっていたのでした。

                                  

                  

             

    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
      


  • Posted by takachan  at 10:05Comments(4)

    2011年08月13日

    予言者

     漫画家でもありましたし、エッセイストでもありそして江戸風俗
    研究家としても名高かかった杉浦日向子さんが旅立って数年の
    時が流れました。
    旅立つ直前までNHKテレビ「お江戸でござる」に出演されていた
    のをご存知の方も多いと思います。

     私はある偶然から彼女と会う期会がございました。
    杉浦さんはどことなしに、ちょつと寂しげな感じと一歩控え目な
    とても奥深い女性との印象が残っております。

     あるとき、彼女は        
     
         「核に生かされている現実と
          
            核に殺される未来を知ってます」

    この言葉を解釈いたしますと今は「核末」ということでしょうか・・。
    そして原子力発電の終焉を物語っているような気がしてなりません。

    杉浦日向子さんは、とっても感性の鋭い人だったのでこういう
    未来を予言して逝ったのかもしれませんね。











    杉浦日向子さん






       

    参加しています
    face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
      


  • Posted by takachan  at 15:35Comments(6)

    2011年08月05日

    愛・抱きしめて・・・

     先日の深夜ご夫婦らしきカップルをお乗せしたのです。
      
    お二人ともお酒をお飲みになってのご乗車でした。ドア-を閉めたとたんです。
     
      「あなた!さっきの店であの女の人じぃーつと
    見つめていたわよねー。なんなの」

    乗ったとたん、いきなりですよ。
    その言葉で私が怒られているような気がしたのです。
    ですがその口調はどこか女優の中村メイ子さん的だったのです。
    そして、ご主人が穏やかな感じで
         
    「そんなことありませんよ」

       
     「でも、あなたあの目つきはきっと色目ですよ。あなた、ああいうタイプ好みなんですか」

    そしてお二人で延々と色目の議論がつづいたのです。
    そして一段落してご主人が
          
    「すみませんね。運転手さん。騒がしくて家内少し酔ってまして・・・」
        
    「いえいえ、そんなことありませんからどうぞおつづけ下さい」

    この言葉で再び奥様のご発言
     
    「わたしはね、あなたの愛を確かめたいの。
       二十年共働きして一生懸命やってきたわ。
       家のローンも終わりました。子供も育てあげました。
             でもねあなた、お母さんの前でどおして私を優しくしてくれないの。
         それがとっても悲しいのよ、この年になって辛いのよ」
                            
         
    「・・・・・・・」                                  

        「私を守ってほしいのよ。あなたに」

    涙声でご主人に問いかけておりましたが、軽い寝息が響いてまいりました。
       
    「あら寝ちゃちたわ。運転手さんお話してもいいですか?」
         
    「どうぞお聞かせください」
        
    「運転手さん、愛ってなんだと思います」
          
    「うーん愛ですかー。とってもむずかしいですねー」

    「私が思う愛はね、主人がわたしのことを想って゜くれる気持ちとかね、優しさとかそれと・・・」

    そしてしばらく沈黙がつづいたのです。私は場をとりつくるように
     
     「そうですよね。お互い思いやる気持ち大事ですよね。そして奥様がおっしゃりかけた
    「それ」も大切だと思いますよ。きっと・・・・・・・」


    私たち夫婦の危機を救った「それ」とは・・・・・・・
         http://archive.mag2.com/0000167798/20110805155544000.html

     
      参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
                              








    **********                   
    巡回ブログ
    **********
    ☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

    ☆ タクシー運転手の日記 - Japanese Taxi Driver's Log -
       (関西郊外のドライバーさん)
     
         http://cooldriver-in-kansai.blogspot.com/

      


  • Posted by takachan  at 16:04Comments(4)