たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2011年01月26日

生きやすい生き方

゛人様に何かあげよう`という
        精神が自分のパワーになるんです
 人間というものは死ぬときに地面が恋しくなるんですよ。
どんどん年を取ると頭も腰もみんな下へ曲がっていくでしょ?
草木も枯れてくると、みんな地面に向かっておじぎして仲良くなる。

だから私がいつも真っ直ぐ姿勢を正しているのは
とにかく地面とは仲良くならないため・・・・。

  「常ならむ」

 なるべく自分を忙しくすることですね。
忙しくしていると病とははなれていきます。ノイローゼとかに
なったりする暇なんかないですからね。

 生きていてよかった!と思うためには人ばかり頼ろうとせずに
自分自身で歩いてゆくこと・・・・・。
そうすれば自分が頼もしくなり人生楽しいですよ。

                       
                       池上本門寺で開催された
                       美輪明宏特別講演会
              「生きやすい生き方」より抜粋







   美輪明宏さん
 




参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
  


  • Posted by takachan  at 16:30Comments(6)

    2011年01月18日

    タクシーの稼働率と給料

     多摩地区の、あるタクシー会社では保有車の稼働率を上げることを
    主体にして約98パーセントという数字をだしていました。
    この稼働率をあげますと一見、経営収益が増加するので
    は・・・と思います。
    タクシーの稼働率は保有車に対するその日の出庫車の割合です。

     しかし、そうとも云えないマイナス要因も出てくるのが
    現実なのです。特に私たち東京ローカルの地区は都内
    と違って「流し営業」がほとんと゛ありません。
    駅付けや無線待機場所での「待ちの営業」です。

     そこで高い稼働率のマイナスの一例を申しましょう。
    その一つに日曜や祝日です。これらの日は平日に
    比べ利用客が減少いたします。この時に高い稼働率
    であれば一車当たりの回転率が下がります。従って
    お客様を待つ時間が長くなるのです。

     東京ローカルの特徴として営業エリアのパイには
    限界があるということです。
    極端な例ですと100と云うパイを30台で分けるか60台
    で分けるかの割り算です。
                      
                                 (JR立川駅のタクシープール)

               
           
     
     







     この会社は今では経営者が替わり、この稼働率の
    最大効率を考え、あえてこれを下げたのです。
    この事により不況の最中でもタクシー運転手の給料は
    以前に比べ増えてまいりました。
    この事は稼働率の効果的運用をよく物語っていると
    思います。                            
     また、タクシー減車を促している国土交通省の方向性
    とも共通した部分もあるのではないのでしょうか。
    ちなみに国交省・旅客課の話では
    東京では4136台が減車申請をしているそうです。

    ※タクシー減車は「タクシー適正化・活性化特別処置法」
    に基づき行われさきざまな意見が出ています。


                               
    **********                         
    巡回ブログ
    **********
    ☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

    ☆ タクシー運転手の日記 - Japanese Taxi Driver's Log -
       (関西郊外のドライバーさん)
    http://cooldriver.blog.eonet.jp/taxi/  

     
      


  • Posted by takachan  at 11:24Comments(11)

    2011年01月12日

    満天の星空の下で

     人間って人が誰もいない所では
        とっても大胆な行動がとれるものですね。  

    真夏の暑い夜                
      人っ子一人いない日本海の浜辺で・・・。
     

    この話は旅回りの時のことでした。
    新潟県の府屋でちょつとした恥ずかしい出来事を思い出しました。

     それは、とっても蒸し暑い夜のことでした。宿屋で日本酒の好きな
    私は冷酒を飲んでいい心持の酔いでした。でもこの当時
    の冷房は扇風機だけだったのです。
    蚊は来るは蒸すはでたまらなくなって歩いて2分ほどの
    府屋の海辺へと向かったのでした。
    夜の海には誰もいません。
    そこで私、すっ裸で海へと入っていったのです。
    波打ち際で仰向けで体に波をうけると凄く気持ちが
    いいのです。
    そして満天の夜空を見つめていたのです。

    そんな私の姿を見ていたのはたくさんのお星さんたちでした。

              

    民宿・長平さん  http://cyoubei.yu-yake.com/index.htm

                


    参加しています
    face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
      


  • Posted by takachan  at 16:01Comments(6)

    2011年01月04日

    初笑い・大チョンボ!


     さぁ~て初笑いをお届けいたしましょう。

    昨年の暮れ12月19日のことでした。以前出演いたしました
    「お笑いトークZ」に懲りもなく再挑戦いたしました。
    場所は下北沢という若い人たちの街でした。事前に作家の
    方からタクシーの笑いをと依頼されましたので、今回はバッチリ
    と三つのネタを用意してのぞんだのでした。

     この「トークZ」はお笑い芸人さんたちが、それぞれ相手が誰に
    なるのか直前まで分からないブッツケ本番がお客にうけて
    いるようです。スクーリンに〇〇 Х takachanと出てステージに
    あがったのですが・・・・。
    お相手はトップリードの新妻悠太さんでした。

                 

    と、ところがです。トークを始めたら私たちの会話が
    どういう訳かタクシーの話からドンドンと離れちゃいまして
    あせった私は無理に笑いをとろうと考えるのですが
    いいネタが出ないんてす。お客の表情は
    強い舞台照明でみえません。不安を感じながらすっかりと
    ズッコケてしまいライトダウンでおしまい・・・


                                              
                                         新妻悠太さん
         

    更にはエンディングタイトルがスクーりーンに                   

      「SPECIAL GEST   takachan」                       

     これを見たわたくし恥ずかしさと妙な気持ちになっちゃいました。
    そして重も~い足取りで下北沢を後にしたのです。

    ※当日予定していたネタはこれでしたが・・・
              
       icon06 チョツトH系は→        http://tachikawa.tamaliver.jp/e35945.html

          present ほのぼのタイプは→     http://tachikawa.tamaliver.jp/e39393.html






    参加しています
    face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ



      


  • Posted by takachan  at 10:29Comments(14)