たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2010年06月21日

初体験!PART2

 昨日は私の住む立川市の市議会議員選挙の投票日でした。
今回の選挙は議員定数が2減って36名の候補者で28議席の激戦でした。
選挙運動期間中、知り合いの候補者の選挙カーの運転手をしたので
すが、これはタクシーとは又違った難しさを体験したのです。

 軽ワゴン車に候補者とウグイス嬢さん(若干中年)2名を乗せて路地から
路地へとまさにドブ板を歩くようなスピードで走るのです。
その速度が大変なのです。時に早く、そしてスローテンポと・・・・。

 ベテランのウグイス嬢さんは場所によってマイクボりウムをすばやく調
整したり私に速度の指示をしたりしながらのアナウンスでした。

    「子育てするなら立川で
          老後の安心は立川から・・・・・・」

 アドリブで次々と名調子が出てきて運転している私まで感動
しちゃつたのです。

                

 私もへたながらも運転席から手を振りますと、たま~に
どこかのおばさんが手を振ってくれるとなぜか凄く胸がジーン
ときちゃうんです。
 なれないことで疲れたけれど候補者は当選したので疲れが一気に
吹っ飛んでしまいました。
  


  • Posted by takachan  at 17:23Comments(4)

    2010年06月15日

    チョツとだけ燃えて・・・

     先日のお笑いトークZに出演されました茨城県出身の超美人のお笑い
    芸人の「赤いプルト二ウム」さんが私のブログを紹介してくれたのです。

                           
                            赤いプルトニウムさん

      赤プルさんのブログ
          http://ameblo.jp/akai-plutonium/entry-10537285601.html

    こんな感じで・・・・

    「タクシー運転手さん、“運転手の内緒話”っつうブログやってて、
    そっから主催者が依頼したらしい('∀'●)
    読んでみたーい
    トークとは違って、ちょっとエッチな内容ですって」

    そこで赤プルさんのご要望に応えて今回はH系で・・・・・。


     夜も十時をすぎた頃でした。無線配車で駅の近くのスナックへお迎えにいったのです。
    ご乗車になったのは70才ぐらいの金ぶちメガネの老紳士と50前後の上品な感じの貴婦人でした。
    お二人ともお酒を召し上がったようで上機嫌でタクシーに乗ってきました。
    出発して間もなくのこと貴婦人が

    「会長さん、ダメですよ。あっ」

    後ろの様子では会長さんが、なにやらごそごそやっている気配です。

      「会長さん、そんなとこダメですよ・・・」

    やけに会長さんを連発していました。すると会長さんが

    「なあー○○子いいから・・・・」

     そのうち貴婦人の燃えるようなあま~い声が聞こえてまいりました。
    私は、ちらっと、ちらっとですよミラーで拝見しますと
    会長さんの手が貴婦人の腰のあたりをまさぐっているようでハスキーな声
    が一段と大きくなったのです。
    そうこうしていると会長さんの家に着いたのです。

       「あとは奥様のを・・・運転手さんドアーお願いします。」

     会長さんは寂しそうにおりたのでした。そして中途半端に燃えた貴婦人を
    日野のお宅まで無事お送りしたのでございます。

        余りの一席で売上は忘れました。icon07

                            



    参加しています
    face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ



      


  • Posted by takachan  at 10:37Comments(7)

    2010年06月04日

    三つの目

     今から110年前、立川駅のそばで小さな魚屋を営み店舗販売のほか
    店主みずから大八車で引き売りをしていた商人がおりました。
     
        「お客様に喜ばれるお顔がなにより嬉しい」

    そんな気持ちでの商いだったのです。

     この小さな魚屋さんが首都圏を中心に193店舗のスーパー
    マーケットを展開する(株)いなげやの原点だったのです。
    創業から110年たった今、時代はかわってもお客様の心はいつの
    時代でも一緒です。いなげやでは創業の理念を今に伝えるさまざま
    な工夫や努力をいたしております。
    今回はその一つでもあります私たち催事取引業者が年二回参加
    する
         「お取引先さま会議」

    そのハイライトの一部をご紹介いたしましょう。
    営業企画本部長青柳 力取締役のお話です。氏のモットーは

      「潔く、正しく、美しく」

     永年のスーパー勤務のさまざまな経験の中から生まれた簡潔に集約
    された三つの言葉。時の変化を敏感に対応する中、同氏は客単価の
    向上よりも、お客様への満足度(品質とか美味さ)へと熱っぽく語ります。

    そして、こんなユニークな表現もしてくれたのです。

       ・とりの目   売り場に多数の商品の中からお客様の目に留まる
                商品(存在感)
      ・うしの目   パック包装された商品がおいしそうに見える
                (美意識)
       ・しおの目  食べた時の味加減と旨さ (満足感)

     などなど私たちの商売に役立つ実務をとても丁寧に解説してくれる
    のです。
                    
                          講義する青柳取締役

     そしてこの会議では食品販売で一番重要な衛生管理について毎回
    品質管理室長が繰り返し講義いたします。
    時にはもう何回も聞いたと思うこともあるのですが、これが一番
    大切なことなのです。なぜなら同社での食品事故ゼロがそのことに
    繋がっていることを物語っていると思うのです。

     いづれにいたしましても結局は企業というものは経営者の意志なり
    方針をどういう手段で各部門に伝えるかだと思うのです。


                                       
    ☆参加しています
    立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
      


  • Posted by takachan  at 08:39Comments(6)