たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2009年11月30日

ギロチン水門

 八ツ場ダム建設の是非が問われている今
13年前、国の公共事業によって長崎県・諫早干潟のために水門を作り
そこで起こった漁業や自然破壊などさまざまな問題。

昨日、知人から誘われてアミューたちかわで

   LIVE〃憲法ミュウジカル2009
     ムツゴロウ ラプソディ


を鑑賞してまいりました。会場は1500席満席でした。
このミュージカルのテーマは有明の海が干潟により死の海に変わり果てた姿を
ミュージカル化したものでした。これに出演された人々は公募で集まった多摩地区
の素人の方々だったことを後に知りあまりの見事な演技だったので、プロの人と
の共演かと錯覚したぼどだったのです。

                         


この出演者は6月にオーディションを受け、7月から総勢100名ほど
幼児から高齢者までのまったくの素人集団がつくられたのです。
そして7月から猛稽古が始まり合宿までしてチームワークづくりをして
公演に向けての凄く厳しいレッスンだったようです。

 観客の多くは華麗で見事な舞台に大きな拍手や声援を送っている
うちに舞台、観客両者が一体感になって行くような気持ちになったのです。
商業演劇では味わえない凄い感動だったのです。
それは普通の市民の人達が共通したテーマをもってそれを表現しよ
うと練習を重ねて一生懸命演じたことと、そしてこの舞台をバックアップしたのが演出、音楽、照明、衣装、振付、合唱指導、大小道具、舞台監督などのプロ集団だったのです。
このミュージカルを見て、例え素人でもプロのレッスンでひたすら
に努力を重ねれば、こんなに人々に感動を与えることが出来るんだ〃
           そんなことを教えてくれたミュージカルだったのです。

そして最後に未だ昨日の感動の余韻が残っている今
出演された皆様そしてスタッフの皆様にこのブログを通して
改めて
                「とても素晴らしいミュージカル
                        ありがとう〃 ごくろうさま」


☆参加しています
立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ


*********
巡回ブログ
**********
☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

☆ タクシー運転手の日記 - Japanese Taxi Driver's Log -
   (関西郊外のドライバーさん)
http://cooldriver.blog.eonet.jp/taxi/

☆ 心身一如  http://come-together.sblo.jp/article/17661595.html?reload=            







  


  • Posted by takachan  at 10:21Comments(4)

    2009年11月25日

    沈まぬ太陽

     山崎豊子さんの小説「沈まぬ太陽」全五巻を読みまして
    とにかく凄い作品と思っておりました。
    そして、この小説を映画化されると知って、はたしてこれだけの
    スケールの大きな原作をどれだけ映像化出来るだろうかと
    思いながら先日、映画「沈まぬ太陽」を観てまいりました。

                        

     国民航空という巨大組織の労組委員長、恩地 元を中心に
    労組問題、社員の出世欲や経営陣それを取り巻く政治の世界や監督官庁など
    など表には表れない凄いドロドロとした人間関係を原作同様に
    表現していたのは見事でした。
     そして御巣鷹山の墜落事故のシーンにはとても心が痛みました。
    航空会社の利益優先より安全最優先であったならばと残念な
    気持ちでいっぱいだったのです。

     その後、年月が経過し現在、国民航空じゃなくって日本航空は
    経営危機に陥っております。先月には社長自らが有楽町の街頭に
    ハッピ姿で営業パンフレットを配布している姿には哀れみと同情を感じたのです。


                       
                           (営業活動中の日本航空社長さん)

    政府は日本航空に対して再建のための資金の提供を
    いたします。

    やっぱり、この航空会社は「沈まぬ太陽」なのでしょうか・・・

    この映画のランディングに

      この映画があらゆる交通機関の
        「安全・安心」促進の一助になることを願います。
                           
                            沈まぬ太陽・製作委員会  


  • Posted by takachan  at 16:32Comments(4)

    2009年11月20日

    愛するよりも・・・・

     日曜日の朝一番目のお客様はピチピチとした若さ溢れる、
    酔っ払った二人組みの女性でした。
    お乗りになるなり年上のほうの女性がいきなり

      「ねぇーあんたさー、一方的に愛するだけじゃダメだよ」

          「どうしてよー」

      「あんたが愛するよりも彼氏に愛してもらうことよ。
                   そうじゃないと長くは続かないよ」

    お二人で延々と愛をテーマの熱論だったのです。     

                                       

    文字では「愛」は一文字なのですが、これは相当に間口と奥行きが深い
    ものだと思うのです。そこで今回はこの「異性に対する愛」に
    付いて男性の私の経験も織り交ぜて考えてまいりましょう。

    男性が女性に愛を感じる要素は女性の人柄に好感がもてる、容姿
    が素敵だ、話方に魅力がある、性格が好き、そして性的魅力がある
    さらには、その女性に対して思いやりを心から感じるなどなとだと思う
    のです。このような条件が整えば、人生の伴侶として申し分ないと考え
    るのです。
     でも、中には相手に資産があるとか一流会社勤務で給料がいいなど
    の条件などに比重を強くおきますと長い人生ではうまくいかない場合もございます。
    また、性的魅力だけの交際はけっして長続きしないのは申すまでも
    ございません。

    しかし「愛」というものは今ここに申すような理屈どうりにいかないのもまた
    事実なのです。
    人生において、たとえ挫折した時でも互いに支え会い、そしてどんな
    小さな愛でもしっかりと心に受け入れていけば
                            きっと素晴らしい幸が訪れることでしょう。



    **********
    巡回ブログ
    **********
    ☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

    ☆ タクシー運転手の日記 - Japanese Taxi Driver's Log -
       (関西郊外のドライバーさん)
    http://cooldriver.blog.eonet.jp/taxi/

    ☆ 心身一如  http://come-together.sblo.jp/article/17661595.html?reload=            


      


  • Posted by takachan  at 05:48Comments(4)

    2009年11月13日

    タクシー業界へのアメ玉

     最近は、さまざまな分野での省エネが実施されております。
    タクシーも空車が無駄に走りまわることは省エネに反するとして
    経済産業省がタクシー会社にGPSを利用した配車システムの導入
    を呼びかけたのです。その結果、現在では大半の会社が、この
    システムを活用いたしております。
                         
                               GPSのオペレーター      

     そして、このシステムを導入したタクシー会社に補助金として
    8億6000万円を投入したのです。
    この補助金を申請して認められた会社は54社で1社当たりに
    いたしますと約1600万円になります。
     この補助金を交付する機関として経済産業省は

    独立行政法人「新エネルギー産業技術綜合開発機構」

    と云う凄い名称の組織がありまして、ここを通して補助金を交付して
    いたのですが会計検査院は

     「空車率と省エネ効果の因果関係は極めてあいまい」

    と批判しています。
    いずれに致しましても8億6000万円の税金が使われた事
    は確かななことなのです。

                              

                                  新エネルギー産業技術綜合開発機構  
                                      ミューザ川崎セントラルタワー   


    ※省エネに関心のある方は新エネルギー産業技術綜合開発機構
          http://www.nedo.go.jp/


    **********************************

    まぐまぐ大賞三年連続・部門受賞
       「タクシー運転手からの内緒話・実録番外編」
    好評更新中〃

    危ない関係・熟女編

       http://archive.mag2.com/0000167798/index.html



      
    参加しています
    face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ







    **********
    巡回ブログ
    **********
    ☆ 整体屋の癒し日記  http://blog.livedoor.jp/seitaisikoyuri/

    ☆ タクシー運転手の日記 - Japanese Taxi Driver's Log -
       (関西郊外のドライバーさん)
    http://cooldriver.blog.eonet.jp/taxi/

    ☆ 心身一如  http://come-together.sblo.jp/article/17661595.html?reload=            2008-08-13T16:45:43




      


  • Posted by takachan  at 06:02Comments(4)

    2009年11月09日

    惜別

     数年前、私が新立川交通に就職面接にまいりました。
    この時に応対してくださったのが当時の所長でした。この所長は
    のちに社長に昇進されて、ご活躍しておりましたが一年ほど前から
    体調を崩され闘病生活を送っておられましたが、とても残念なこと
    に11月7日、その生涯を閉じられました。

     8日の夜、通夜が青梅のそうしんホール青梅でしめやかに営まれました。
    私も生前にはお世話になりましたご恩がございましたので参列したのです。

    葬祭場はゆったりとした落ちついた雰囲気の中、係りの方の誘導で
    受け付けへ向かいました。そこには会社の管理職の人が慄然とたち並び
    参列者への心使いの挨拶を丁重になさっておりました。
    私も心からお悔やみを申し上げ、記帳台へと進みそこにいた管理職に
    ご挨拶をいたしたのです。
    すると、その管理職は冷たい目線で私を睨んだのです。

                       

     やがて僧侶の読経の中で前社長の生前のお姿が頭の中に浮かんで
    まいりました。一運転手から社長まで昇りあげた人でした。
    きっと充実感ある人生だったことでしょう。しかし、68年の人生では早過ぎ
    ます、残念です。心からご冥福をお祈りしているところでございます。

                                            合掌
     
     それにしても記帳台にいた管理職の冷たい目線は、いったいなんだ
    ったのでしょうか・・・・・。


      ☆参加しています
    立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
                 
            


  • Posted by takachan  at 09:00Comments(8)

    2009年11月02日

    110番

     今夜はハナ金の乗務です。
    以前とは違いまして不景気な今ではタクシーは暇なのですが
    平日よりはいいので、この日は張り切り気分でやっていました。

     夜の10時まえのことでした。中神の昭和郷からの帰りに記念
    公園のところで無線配車になったのです。立川駅北口の第一
    デパートそばの飲み屋さんでした。店に到着したことを告げ待つ
    こと20分。やっと店から出て来たのが酔っ払った中年の男女でした。
    二人ともタバコを吸いながら乗り込んできたので

      「すみません、お客さんタクシー禁煙なんですが・・・・」

    男が不満そうに

         「どうしてだ〃」

    とても高圧的に云うので訳を説明いたしました。すると

         「窓開けろよ〃」

    そう云うと男は女のタバコもひったくるようにして取り道路に
    投げ捨てたのです。凄く嫌な雰囲気です。

     「どちらまで参りますか」

    すると女が

        「富士見町6丁目で一人降りて、あと昭島の南口」

    そこで山中坂を下り富士見町団地を通り、郵便局のところに
    来たので

      「6丁目はどの辺に止めますか?」

    男が

          「勝手に行け〃」

      「それじゃーお客さん分かりませんよ。どこですか」

          「なんで細い道を通るだよ」

     どうも、このお客さんは山中坂を通ったのが不満なようで
    最短コースであることを説明したのです。すると男が客席から身
    を乗りだし

           「このヤロウ〃」

    と云いながら私の胸ぐらを掴み引っ張るので怖くなり車外に飛び出し
    110番をしたのです。男がタクシーから出てきて、よろよろとしながら
    こっちに向かってきたのです。
    私は歩道を逃げるようにしていた時パトカーが来たのです。とりあえずホッと
    したのです。 

                         
            
                                  
    すると男はパトカーのおまわりさんに食ってかかってわめいたのです。
    私はここまでの事情をおまわりさんに説明いたしました。
    あぁだ、こうだの話で30分もたったのです。この先二人を乗せても何が
    起きるか不安でしたので

      「もう、料金いらないですから・・・・・」

                    と、おまわりさんに告げ立ち去ったのです。



    **********************************

    まぐまぐ大賞三年連続・部門受賞
       「タクシー運転手からの内緒話・実録番外編」
    好評更新中〃

    旅先でお金がスツカラピンの大ピンチ〃

       「帰りたい、帰れない」

      http://archive.mag2.com/0000167798/index.html



    参加しています
    face02こちらをクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
      


  • Posted by takachan  at 06:37Comments(8)