たまりば

  日記/一般 日記/一般  立川市 立川市


2008年12月01日

ゆとり教育

 私の一人孫が今年、小学校に入学いたしました。
ちょつと驚いたことに私の小学生時代と違いまして毎日、宿題があります。

 昔から学問の基本は読み、書き、そろばんと云われております。
今の日本の現状はどうでしようか。
大人から子供に至るまで心のゆとりが少なく競争社会の中で暮らして
いるように思えてなりません。そして、さまざまな事件が報道されており
ます。
そこで私なりに教育について考えてみました。
特に孫の小学校教育のあるべき姿です。
小学校においては学問の基礎を六年間という長い年月をかけて、
ゆとりを持って指導することが最適と考えるのです。そして低学年教育
では学問と同時に大切なのは子供たちが将来に向けて一人の人間と
して生きていく上で必要な基本的なルールやマナー教育も重点課題で
あります。
それは現代の若者の一部に欠除感をもつからです。

 これらの道徳的教育は教師、家族そして社会の人たちが教導してしていく
ことがなによりと思うのです。
 まちがっても競争教育では連帯感や協調性などはうまれてこないのです。
したがいまして、これからの課題は「競争教育」から「ゆとり教育」と考える
のです。このことは学力中心から個性中心の教育なのです。
 
 どんなに教育レベル高くとも、人間は一人だけでは生きていけないからなのです。
子供たちに「優しい心」「思いやりの心」「助け合う心」その芽を育てることが
今の教育に求められているような気がいたします。

 まちがっても児童のテストなどの点数によって教師の評価に繋がるようなことは
絶対に避けるべきであります。

 
参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
  


  • Posted by takachan  at 17:24Comments(10)