2016年08月19日

運転手の給料をアップさせる方法(都内編)


タクシー業界は春夏秋冬季節を問わず入社する人が大勢
いる独特の世界といえましょう。
それだけにこの業界の人材の入れ替わりの多いことを物語っています。
一見、タクシー運転手の仕事を外から見ていますと割合楽なように見える人もいます。また求人広告で給料の高い部分を表示して募集している会社もあります。
大手会社に入社いたしますとけっして甘い説明はいたしません。体力と気力と知恵の勝負がこの世界の稼ぎ頭になることを教育されます。
しかし求人広告のような訳にはいかず、この業界に入っても給料は歩合制のため個人差にとても大きな開きがございます。


今回は東京都区内を例に申し上げますと下は20万円前後から上位クラスでは50万円位と倍以上になるのです。
これは一体何がそうさせるのでしょうか・・・・・。

タクシードライバーはその日の運に左右されることもありますがけっしてそれだけではないのです。要はその人の仕事の仕方
によって給料に大きな違いが出てきます。
そこでタクシーを目指す人に効率よい仕事の仕方をお話いたし
ま しょう。以前にも申し上げましたがこの業界はベテラン、新人に関係なく稼ぐ人は稼ぎます。
それは具体的にどうしてでしょうか。
東京都区内を例に説明いたします。




 ある大手タクシー会社の新人ドライバーは、まず自ら売り上げ目標を高くして日中は都内の中心部を徹底的に流し営業いたします。この中心地区には企業や官庁、ホテル、商業施設など多数存在していて お客の需要も多いのです。
そして中心部から放射状にお客を乗せ中遠距離の割合も高いのです。
夜間も都内の繁華街をベースにいたします。無線も積極的にとるのです。これを実行するには都区内の地理に詳しくないと出来ませんし体力と気力を相当使います。
このパターンで仕事をしている人たちが35万円以上の給料を
得ているのです。
一方、年配ドライバーや都区内の地理に不安のある人は駅付けや乗り場付けの待ちの営業が多いようです。待ちの仕事の駅などは比較的近距離が多いので狭いエリアの地理だけ知っていれば勤まりますし体も楽なのですが多額な給料は望めません。
とはいっても待ちの営業でも企業など(特にマスコミ会社)の待機場所では時としてチケットでのお客様のロングコースもあります。私の経験では特にNHKの地下職員タクシー乗り場はよかったのです。
このへんがとても難しいところなのです。
また、平日と土日・祭日ではお客様の流れがまったく違います。稼ぐ人は平日用の流し方と休日の流し方を研究してこれを上手に使って仕事をいたします。
以上のように大きく分けて二つのパターンに分類されます。
意欲的なドライバーはこの二つを時間帯などによって使い分けているのです。つまり営業の戦略をよく考え仕事をしています。
どの方法をとるかは、その人それぞれの考え方になるのです。


yotsuba想い出のブログ
 「就活/何度も面接に落ちる人のために」
http://tachikawa.tamaliver.jp/e314263.html


参加しています
face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                   にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

☆いつもご協力ありがとうございます
  


  • Posted by takachan  at 10:09Comments(4)

    2016年08月12日

    妙なお誘い

    今回はタクシー時代のちょつと変わったお話をお届けいたしましょう。

    ある深夜のことです。無線配車で参りましたのが「外国人パブ」でした。お客様は中年のソフトで気さくな感じの紳士と外国人ホステスさん二人の三人連れで 「ホワイトキャッスル」と云うモーテルまでとのことて゛スタートしたのです。


    そしてこの紳士お酒の勢いも手伝ってかユーモアたっぷりに
       
    「今夜はガンバラナクッチャ」



    すると南国情緒豊かなホステスさんが片言の日本語で      

    「ヨルハ、ナガイ。イッショウケンメイネ」

    続いてもう一人のポチャ顔のホステスさんも         

    「ワタシ、キタイシテル、ソーダヨルハナガイ」

    とても楽しそうな会話で車内が盛り上がってきたのです。すると紳士が声を落とし
       

    「運転手さん、仕事何時までやるの」       
         
     「もう、もうそろそろ終わりにしょうと思ってます」    

    「そりゃー丁度いい。それだったら手伝ってくれないかなぁ~」

    どうも、この気さくな紳士、今宵の参加を私に求めている様子なのです。むげな返答でこの場の雰囲気を壊すのもと考え
         
      「いーぃですね」      
       
    「おー助かった。僕の体力じゃ若い二人の相手は自信がないんだよねー」

    するとポチャ顔の彼女が      

    「ソーダ、ミンナデタノシクシヨウ。ヨルハナガイ」

    すっかりと三人組みに定めつけられた様子でした。そして車内がさらに盛り上がってきたのです。そうしていると突然、無線が入りました。      
      「××22行き先どちらまてでですか」         
         
             「○○町のホワイトキャッスルまでですが」      
      
     「そのあと配車がありますから宜しく」

    私は紳士に  

    「大変残念ですが、お聞きのようにもう一仕事入りました。どうぞ今夜は日本の男性を代表して国際親善に頑張ってください」



    ※今日8月12日は日航ジャンボ機墜落事故から31年目になります。多くの犠牲になった方々のご冥福を心からお祈りいたします。合掌
                      
    (参考過去ログ)
    JAL123便御巣鷹山墜落事故を想う
    http://tachikawa.tamaliver.jp/e356341.html



    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ

    ☆いつもご協力ありがとうございます



      


  • Posted by takachan  at 09:55Comments(2)

    2016年08月05日

    日曜日はダメよ・真夜中の女神


    夏本番を迎えて暑い日がつづいていますが皆様お元気ですか。
    今回はタクシーの思い出話がテーマです。

    その日の日曜日は仏滅でした。タクシーは日曜は暇なのです。
    この日は結婚式やお葬式そしてスポーツ大会もありませんでした。
    一人のお客様をお乗せするのに一時間以上も待つのです。従って売上もあがりません。
    こんな時、ふっと頭に浮かぶのがタクシーは運に左右されると云う事なのです。  
    今回はこの「運」がテーマのお話です。
    「まあーヒマだねー。今日は3万円は無理かもね」
    こんな弱気な会話を皆でしておりました。
     
    時だけがすぎやがて中央線の終電の時間、午前1時20分になりました。
    前のタクシーは終電のお客様をお乗せして次々と発車していき、
    それが終わると人影がなくなり再び静まりかえった雰囲気になりました。
    昼間の大勢の人々の賑わいはウソのような時間帯です。
    冷たい風が吹いていて心まで冷え切りそうです。
    私の順番は9番目のところでした。もうお客様の姿はありません。
    したがいましてタクシーの動きはまったくなり、時々タクシープールのタクシーが待機をやめ一台一台と帰っていきプールは歯の抜けた状態になっちゃいました。
    そして前の車が同僚のY さんでしたが  


    「今日は諦めて帰りますから・・・・・」

    そう云って待機の列から抜けて帰っていったのです。
    午前2時頃になりますと飲食関係の人がチラホラと乗って行き、やっと私が先頭になったのです。
    しかし待つこと30分ほど、静まりかぇつた中で突然駅の階段からドヤドヤと4人の女性の酔客が乗り込んでまいりました。
    お乗りいただくと国立~東村山~東大和そして箱根ヶ崎の巡回で送りする大変ありがたいコースでした。


    そして酔客の女性たちで車内がにぎやかになって私の眠気もすっ飛んでしまいました。この女性たちの話はけっこうHな話で盛り上がり私も一緒に楽しんじゃいました。若い女性の明るいH話は嫌味がなくてカラットしていいものですね。
    結局このグループさんの料金は1万円ちょつとになったのです。最後にヤッターと云う気分でした。
    この日は、〆て42000円でした。もしYさんが抜けていなければYさんがお乗せしたいた訳ですよね。

    久しぶりに真夜中の女神の登場でした。


    参加しています
    face02立川情報をクリックして頂けると嬉しいです!
                       にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 立川情報へ
      


  • Posted by takachan  at 18:13Comments(6)